« 2011年1月16日 - 2011年1月22日 | トップページ | 2011年1月30日 - 2011年2月5日 »

2011年1月27日 (木)

白髪のデビュタント

   ええと、そういうわけで先週末デビューしてきました。とある大河漫画の、2次創作を集めた同人誌の即売会です。以下、その世界にお詳しくない方を想定して語りますので遠回りでも我慢してね。

   その昔、あの宇宙戦艦ヤマトがTVでやってた頃から、ファンはやっていたようです。作品の内容を深く解析し、評論する。ソコまで行かなくても、登場人物達を自分で動かして、外伝を勝手に書いてしまう、そこは、それ、かなり色っぽいものを。
   それを、仲間内同士で見せあっこしたり、ファンの大会があったりしたら、そこで配ったりとかはしたんじゃないでしょうか。そして、ガンダムやら、キャプテン翼やら、どんどんアニメブームが盛り上がり、漫画が青少年にとって読むだけでなく描くことも身近になってくると、それはもうおおっぴらにブームになってくるのでした。って、たぶんね。

   わたくしは、大学の寮のルームメイトに連れられて、1度か2度行ったことはあります。
そんな高校生の趣味の大会に、大きなおねえさんが行っても恥ずかしいでしょうと若作りしていったら、なんだか、大学生以上の大きいおねえさんの方が多かったです。そうか、それなりの経済力いるから。

   描いた漫画や小説・評論エッセイのたぐいをA5とか、B4とかの冊子にまとめて、要はお店屋さんごっこをするわけですが、それを、町の印刷屋さんにお願いするんですね、どうだろう、ちょっと見に行ったところだと、100ページのものを30部で43580円だそうです。ちょっとした旅行行けますね。これは表紙をそこそこの紙で単色印刷して製本する基本パックです。カラーにしたり、ちょっと手触りの良い紙に変えたりすると別料金。

   なんだ、30部から作ってくれるのか、それなら捌けるかなあ、っておかあさん待ちなさい! 1部1500円取らないと元取れません! 100部なら47680円だから500円で売れますかね。でも半分は売れ残っちゃうよ。難しいところです。
   ……こないだ買ってきた本、だいたい500円内外でしたが、どれもこれも薄かったなあ。おっ、厚いぞ、読みでがある、ッて本でも80ページで、……費用対効果薄いんじゃと、あとで冷静になって落ち込みます。それで、しばらく買いに行くのはやめてたんですが。

   とまあ、そういうわけで、一昔前のOLのおねえさんが、ボーナスで海外旅行するような感覚で、冬と夏の即売会(これがいわゆるイヴェント)に向けてお金を貯めて原稿を描いて、本を作って売ったり買ったりきゃ~と盛り上がったりするわけですね。アニメ、漫画に限らない、TVドラマ(今だと「相棒」?)、映画(「ハリポタ」とか、芸能人、スポーツ選手、ゲーム、SFやら青少年向け小説など全てのジャンルのファンが本を持ち寄るのがあの有名な「コミケ」なんですが、ひとつの作品のファンだけが集まるのが「オンリー」イヴェントなわけです。わたしが先週参加したのはこちら。これは、各地で散発的に開かれます。だからその情報交換も必死。何月になんとかのイヴェントがどこである、なんてみんな鵜の目鷹の目でした。今はそういうのネットで一発ですから、ラクになったなあ。

   というような本を、買うならまだしも作って売る方に回ったのか今回なのです。
   もともと、そういう「2次小説」はひみつの小説サイトで公開しておったのですが、今回、「AくんとBくんで本を作りますが参加者はいらっしゃいませんか」という案内が出ておって、それにのってみたというわけ。こういうの、アンソロジー本といいます。営利企業が、見所のある作者に声を掛けて、傑作集として出すこともありますが(そういうのはアニメイトとか、大きな一般書店でも売ってることがある)、今回は有志によるオープン参加作品集です。まあ、それでもある程度主催者さんの知り合いという繋がりはあるでしょう。その方のHPでの案内が中心でしたから。わたしもその方とは、サイトを見に行ったり、ご本を分けて貰ったりという繋がりが多少あったことだし。

   参加させてくださいと手を挙げてメイル連絡をすると、体裁や分量、締め切りなどの参加要項が送られてきました。今はみんなPCで描いてちゃっちゃとメイルで納品するのでラクみたいです。原稿が集まらないと売値とかも決まらないのでしょうが、何部発行して売値はいくら、とかいうざっくりした計算も出てなかったので、おかあさんケチだからちょっとビックリしちゃった。売れればいいけど、売れ残ったら主催者の方が全部被るのかな? せめて参加した人間が頭割りで在庫引き取るとかしたらどうかなとか思っちゃった。あ、バカ売れして幹事ウハウハという可能性もあるのか。……さて、そこはどうよ?
   結局みんな頑張ってある程度描いて、カラー表紙に124ページ800円とかなり立派な本になったようです。 
   内容も立派なものでした。
   わたくしは結構自分の書いたものには愛着を持つ方なので、他の作者さんのように自分のページだけ破り取って捨てたい! ってなことは思いませんでした(少しは思え!)   
   うう~ん、何部ぐらい出たんだろ、収支決算書も付かないものとは思わなかった。まあ、ひとつのイヴェントで売り切ってしまうのではなくて、その後も関西のイヴェントに持っていったり、遠隔地の方相手に通信販売したり、有名どころだとその手の専門書店に委託販売したりといろいろ販売手段もあるようですが。あ、原稿料はなくて、アンリ・シャルパンティエの焼き菓子をひと箱現物支給で戴きました。前にちょっと寄稿したこともあったのですが、その時も出来上った本を現物支給されただけで、その方は結構在庫でひーこら言ってた方なので、参加費用とか出さなくていいのかしら、在庫をこちらで10部でも貰ってあげた方がと実は気をもみました。同人誌世界は結構アバウトでフランクなようです。その辺が趣味で手弁当の世界なのかしら。男性の人気作家さんだと、前金で予約を貰っておいて本を出さない、サギだ、なんてことも昔はあったように聞いてますけど。

   てなカンジのデビュー感想でした。やっぱりクリック一発で公開も閲覧もできるネットの方が気楽で良いわ。

   実は、作家さんたちでも実際に会って交流できるイヴェントは気合いのはいるものらしくて、自分も好きな作家さんの本を買いに回ったり、「差し入れ」と称してお菓子を貢いだり貢がれたり、今流行りのコスプレね、登場人物のあの格好を自分でお裁縫して髪なんかもウィッグ被ったり染めたり巻いたりしてなりきって歩いてたりして、非常に眼の保養をさせて貰いました。世間のイメージとは違って、みんなおしゃれしておきれいな方ばっかりで、おかあさんほんと気後れしちゃった。アフターと称して、仲の良い同士で打ち上げのお茶会、お食事会にいくようで、おかあさんも寄稿者としてお声がかかるかなとちょっと期待していきましたが、どうも、見るからに世代が違うと声が掛けられないみたい。まあ、ネットで時々コメントを応酬する程度でそこまで親しくさせて貰ってないというか。とっても孤独感を味わいました。だったら「オバサン」と自称しないでがんばって「これでもアラサーよ」と言い張ってれば良かったのに。大いに反省。

   てなわけよ。

   これから大いなる同人界にこぎ出していくのか、泣いて出戻って引きこもって書いてるか、それはまあ、反応次第かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

天地明察 ― 堂々の歴史小説 ―

   とむ影さんに貸していただきました。
   プロローグから、これは江戸初期に日本で日本用にアレンジした暦を採用するという出来事があったなあと日本史の知識を思い出して、ああ、その辺の事情か、と心づもりをすると。主人公は渋川春海ね、たしか。

   物語が始まると、ちょっとまごつきます。主人公は朝一番にお城に向かう途中、駕籠を拾ってとある神社へダッシュ! なんで? 何するひと? 大小の刀に慣れてない、厄介だと思ってる、武士じゃないの?

   そのハルミちゃんの目的は、算術の奉納絵馬だったのでした。算額ってのは聞いたことあります。和算でいい定理を考え出したとかすっごくむつかしい問題思いついちゃった、解いちゃった、という場合、これは神が自分になさしめたのであるという建前の元に、その定理や問題を美々しく額に書いて奉納するんですね。それはまた、公開の場でもあったのです。ひとはそれを見て奉納主を賛美し、自分もと燃え立つのですが、その簡易版で絵馬もあったんだ、これは初耳。あのちっちゃい絵馬に、こんな問題解けました! とか、これ解いてみてよ! と書いて奉納するのです。いやー江戸も初期から日本人はスゴイネ。化成期とか、もっと文化欄熟してからのことだと思ってた。思わずハルミちゃんは邪魔な刀放り出して(ここ重要)辺り構わず坐り込んで、計算用のツール出して解き始めちゃった。これは解るな。田舎育ちのオタク兄ちゃんが、噂に聞くまんだらけとかに初めて行ってみて、思わず同人誌を坐り読み始めたカンジだ(言うにことかいて何をたとえに出しますか!)
   そこでヒロイン出現。あんた邪魔! って。
   お武家をお武家とも思わぬ気の強いおえんちゃんに(だってお武家じゃないし)追い立てられ、シンデレラハルミちゃんはお城に遅刻しないように駕籠に乗りますが、しばらく行って気がついた! 靴じゃない刀置いて来ちゃったよ! 切腹もんですよ! 
   慌てて取りに帰ったハルミちゃんは、自分がツール使わないと解けなかった、時間切れで帰らなきゃならなかった問題が、ほんの数瞬のうちに全部解かれているのを見てしまったのです! 「」と署名入りで。ちょっと、速いって! 関って誰!? と、まだそこにいたおえんちゃんに聞くと、存じませんって。ヒロイン、ツンデレです。個人情報保護法を遵守。もっと親切に教えてやればこの話と貞享暦採用はもっと簡単だったのに。

  お城のシーンに来てやっと素性が判ります。ハルミちゃんはちょっと立場の微妙なひと。本名は安井算哲ジュニアって、棋士の息子でした。……あの時代、碁を打つひとって公務員なのかな? そこからして微 妙です。一応4つの家が幕府で認定されていて、ただ、武士ではない扱い、僧侶とか医者とかと同じカテゴリで、頭を丸めて十徳とかいうの着てるんじゃないかな。それなのにハルミちゃんはちょっとした筋から刀を持たされていて、頭も髷を結うには足りない微妙なオールバック。しかも、パパはハルミちゃんが生まれ る前に養子を貰っていて、優しくて優秀な義理の兄貴が家督は継いじゃってます。ほら、聞けば聞くほど微妙。これで才能がなければいいのに、あるんだ。算術もかなりだけど、本業の碁も相当強い。ライヴァル本因坊家の若いの(道策)、これも志のある天才が、ぜひガチで勝負をと挑んでくるんです。でも、ハルミちゃんはどうでもいい。どっちかというと算術の方が好き。それが、別名を持つ理由。あにきに遠慮もあり、囲碁の安井ジュニアじゃなくて自分の好きな道で生きていきたい、そういう理由で渋川春海を名乗ってるのでした。それでも、家業を嫌ってひごろは石も持たないとか、見捨てられるべく解りやすく遊び歩くとかどっかの若様みたいなことはせず、地味に碁も大切に打つところが彼の美しいところと見ました。
   そして、さらに微妙なのが、老中酒井君が妙にハルミちゃんを構うこと。別にそのケがあるわけでなし、特に彼の性格を見込んで世間話をするでなし。あのゲバ将軍酒井ウタノカミがなにを考えてハルミちゃんを構うのか……それには時代が泰平へと舵を切った転換点ならではの一大プロジェクトが控えていたのでした。
   謎のライヴァル探しも佳境を迎え、その関氏の出入りする塾を探し当てて名指しで公開問題を出してみたらば……なんと逸るあまりに痛恨の出題ミス! 
   「一年待って!」とぐなぐなになりつつおえんちゃんに意味不明のリターンマッチの約束。ハルミちゃん、某メジャーの茂野ゴローくんばりにスッキリに縁がありません

   「天文もやるんでしょ? 北極星の高さを測る旅、行ってみない?」ウタノカミに推挙され、嫌も応もなく参加した北極出地の旅で、彼は幕府の天文じいちゃんズから恐るべき事実を聞かされるのです。
   「おぬし、本日が実は明後日である、と聞いて、どう思う?」
   当時通用していた暦は宣明暦、なんと清和帝の御代に採用、その後修正なしで使われ続け、なんと800年後には誤差が生じ2日の大きさになっていたというのです!
   800年も修正なしってのはやっぱきつい? 最近閏秒を入れたとかなんだとか聞く度にそんなに厳密にやらなくてもと思ってたのですが、やっぱり気がついたときに修正しとくに越したことないんですかね、この辺。

   そして、日本全国天文観測の旅を終えたハルミちゃんは、自分が大いなるプロジェクトの旗頭として眼を付けられていたことを知るのでした。改暦とは天文、占星術、ひいては治世という大きな概念に関わる一大事業だったんですねえ。大きな波の中に投げ込まれたハルミちゃん、これぞ安井算哲ジュニアではなく渋川春海として生きる道として勇み立つのですが……。

   うまくいかん。

   帰ってきたらおえんちゃんあっさり嫁に行っておるし。いやそこんとこは話はそこまでうまくないとは思ってたけど。
   現在流通の宣明暦と、元代の授時暦(中国のもの・不採用)、明代の大統暦(中国のもの・不採用)の日蝕、月蝕の予報を付き合わせて公開バトル6番勝負を行い、宣明暦があからさまにずれてることを示すってのはいい考えだったんだけど(結果が一目瞭然だから)、なんと最後に授時暦は外してしまうのです。それまで5番は外しまくっていた宣明暦が、最後だけは辛うじて(時刻を外して)当てたので、改暦ムーヴメントは頓挫してしまうのでした。

   起死回生の一撃はライヴァルからもたらされます。もう、ここへ来て関孝和に会うか! こんな、「もうやめて! ハルミちゃんのHPはゼロよ!」って状態で会いに行った心のライヴァルは、いきなり面罵するんですよ。読んでる方も胃が痛くなりました。そして、様々な伏線がここへ来て収束、授時暦をさらに最新の観測・計算で修正し日本向けにアレンジした大和暦制定へとプロジェクトは再始動します。

   静かにハルミちゃんを支える会津っぽの安藤さんがいいです。保科正之公とともに知的で、温かく、ひととして正しい会津の方への静かな尊敬が生まれます(いや保科さんは会津生まれじゃなかろう)。
   数学という学問にしみじみ尊敬の念が生まれます。現実と計算が乖離したとき、間違っているのは現実っていう結論はもう眼からウロコ。
   そして、そういう真理を突き詰めてゆく学問、天をこの手に収めようという学問の結果を世に出そうというときに、結局は多数派工作とか、世論の操作とかが必要って所がちょっと苦いかなあ。それでも、それを嫌わずにちゃんと方々手を打ってきれいにプロジェクトを完遂したハルミちゃん、渋川春海師を尊敬せずにはおれないのでした。

   やや理数系で取っつきにくいところもありますが、時代の転換点を描いていて、世に知られぬ偉人を取り上げていて、堂々の歴史小説とお見受けしました。是非どうぞ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

大河 どうにかならないんでしょうか?

   いやもう去年から大河はやめてるんですが。歴女の端っこに名を連ね始めた虎美が、見てみるって言って日曜8時にTVの前に正座したものだから。

   ……開始20分でのそのそ奥の部屋へ移動してしまいましたが。

   ねえ、あれはどうなの、とても大名の姫君と思えない、いつ見ても取っ組み合いの姉妹喧嘩してるし口汚いし食べながら出歩いたりしてお行儀悪いし。言葉遣いが余りにも現代的なのは脚本家さんが現代劇しか書いたことないからなの? 見る方を初心者と想定してるからなの?

   「のだめ」のときは役作りでああいう舌足らずなしゃべりなのかと思ってたんですが、将来の天皇の祖母たる方が(ネタバレ)あんなおつむの足りないようなしゃべりというのはいかがなものかと。もともとなんですかアレは!? 大河でヒロインを張るなら滑舌を練習させてください!

   大河は川の流れのような大きな歴史のうねりの中の人間を描くドラマ枠なんでしょ? こっちは現代劇とは違った世界観を期待して見てるんだから、余りにも現代劇と変わりないところを見せられると興ざめなんですけど。上下関係に無頓着すぎるとか。それなのにお衣装だけ派手だし。

   でもまあ、一応つけておいて流し見程度にはしてますので。もしかして「篤姫」みたいに最後にはやられた! ここまで我慢してきて良かったと思うかも知れないし。初回ジジイ過ぎる! といってバッシング一色だった館ひろしの「あぶない信長」も、次第には「もう彼以外考えられない!」と毎度楽しみになっていたように。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

大丈夫か!?

   さっきふらふらとご近所パン屋さんに行ったらば、
   「今日は流石高校休みですよね?」って奥さんが。
   「え?」
   「だって受験だからってうちのケンが」
   「ああ~なんかそういうこと言ってたかしら、そういえばそろそろ公立は前期試験ねえ。
   うちの豹太は怪我しちゃったからその辺感覚狂っちゃって、部活だけにでもいったのかしら」
    豹太いきなり土曜にノックの球を歯に当てて、休日もやってる医者を捜して行ってきたところです。前歯は幸いにして抜けたり欠けたりしてなかったけど、ザックリ口の中切ってて、当分食事はゼリー状栄養食だって。烏天狗みたいな立体マスクをして血まみれの口元を隠してました。
   帰宅した豹太に、
   「あんた今日学校休みだったんじゃ?」と聞くと、
   「それは明日。今日はおかげで部活が早く終わった」って。
   「だってケンちゃんは今日試験休みって……」
   「ああ~だからあいつ今日来なかったのか」
   葛原さん(仮名)ちゃんと予定表を見ましょう(わたしも見てなかった)。
   実際はどうなんだろと流石高校のHPを見に行ったら、
   「平成21年度入学者選抜(参考)」って。
   ちょっと頭が混乱しましたね。
   すぐ上には、「平成22年度入学者選抜について」って。
   ええと、今年は何年だったかしら……?
   「21年度……?」
   「22年でしょ」と口々に言うおばかちゃん達を制して、おかあさん新聞を取り上げますと、欄外には「平成23年1月24日(月)」と……。
   年が改まって3週間も過ぎるとこんなもんか。

   先生、しっかりして。
   受験生の皆さんがそこを見てたらどうするのよ。
   そして、神奈川県の23年度入学者検定前期日程はいつ行われるのでしょうねえ?

   とりあえず、豹太は明日友達と遊びに出るそうです。怪我はいいのか!?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年1月16日 - 2011年1月22日 | トップページ | 2011年1月30日 - 2011年2月5日 »