« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »

2011年8月16日 (火)

キーボード更新記念

   「点滴石を穿つ話」でキーボードがすり切れてきた話はしたと思ったのですが、さらに事態は進行して、この前Hのキーが動かなくなって、「ふ」とかはFキーに振り替えたり「ちゃ」「とか「しゃ」も、ヘボン式じゃなく訓令式でtya とか sya とか打ってごまかしていたのですが、とうとう昨日BとNが死んでしまって、叩いても叩いても出なくなってしまって、もう、違う熟語を打ってそこから必要なところだけ切り抜いたり、昔打った文から必要な所を切り抜いてきたりという涙ぐましい努力をしましたが、もう諦めて。

   「旦那様、キーボードが死にました

   訴えてみたんですが。

   「お金払って」って言われて切れました。よく考えると、これはほぼわたししか使ってないパソコンですけどね。周辺機器もわたしが負担すべきですかね? もう働いてるんだし?

   既に手配してあったキーボードを書斎から出してこられて(鶴か!?)、もの言いたげな旦那様でしたが、お仕事に出る時間が迫っていたのでなにも言わずに無視して出てしまいました。
   パソコンの周囲は空けて、線を繋ぎやすいようにはしていったのですが。

   ……帰ってきたら繋いでなかったので心証はやっぱり悪いままでした。まあ、できるけどね。こないだマウスが死んだときも、その辺に出してあったスペアのマウスを発掘して自分で繋いだし。と、勝手に線を外して入れ替えましたよ。
   まあ、いいんじゃないですか、キーの大きさも適当で。キーに書かれた文字もシンプルで。枠部分が赤い透明感あるメタリック調で、苦節18年やっと色の好みを解っていただけたかと少しいい気分になりました。そうそう、やや暗い感じのピンクやオレンジ気のない赤。もっとマットな感じで明るいスカッとさわやかなコカコーラ・レッドが一番ですが。

   色が気に入っただけでご機嫌になるのか。我ながら単純。いえ、キーの出っぱりかげんとか、タッチの軽さかげんもちょうど良いですよ。どうもありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月7日 - 2011年8月13日 | トップページ | 2011年8月21日 - 2011年8月27日 »