« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »

2011年7月28日 (木)

パイナップルといえば

   その昔、生物の授業を受けていたところ、たしか発生の単元で。
   最初はオタマジャクシ? 丸い卵にこうつーっと赤道に線が入って2つに分かれ、子午線がひとつ通って4分割、8分割、16……と行くんじゃなかったかな? 生物によってはそれが北極付近ばっかり先に分かれるとか、もう地球儀のように分かれ目が入ったのを桑実胚と呼ぶとか延々やってた気がします。そんで、北極地方に脊髄のもとのようなくだの集まりの山脈がうにょーんとできてきて……覚えてるもんですね。
   その時、ホヤという生き物が三陸海岸にいて、それは原索動物といってやや脊椎動物に近いつくりで、幼生の状態ではおおきなオタマジャクシのような状態である、大きくなると、動かないでイソギンチャクのように岩に張り付いて生きるようになる云々と教わったような……。そしてお年頃の乙女達を叫ばせるような一言が。
   「東北の方では海のパイナップルといってこれを食べるんです」
   ええーっ? 
   だってほぼイソギンチャクだよこの挿絵。まあ、なまこも食材ではありますが。
   わたしには一生縁がない食べ物であろうとその辺はかるく流して授業を終えたのですが。

   仙台にお嫁に来たら、普通の山の中の住宅地のスーパーで、お魚売り場にトレイを出して、お水を張って、売ってるじゃないですか海のパイナップル! ときどきあさりみたいにピューって水吐いてるし! 意外とヴィヴィットな色合いでした。……今となっては色的にメキシコマンゴー?
   「食べたいですか?」
   勇気を振り絞って旦那様にお尋ねしてみましたが、
   「べつにうちではいい」と仰せになるので触らないで仙台時代は終わりましたが。

   今多摩丘陵に越してきますと、もちろんほやなんて売ってませんが、
   「パイナップル特売!」って、ああ、パイナップルって生で食べるものなんだ!
   うちじゃあたまに父が風呂上がりにご機嫌で缶詰を開けて、みんなして山分けしてあとでシロップの取り合いになるようなものでしたが(下戸&甘党の家庭!)。
   そういえば、大学の学園祭で冷やしパインとかいって、芯を取って縦に切り分けたのを割り箸に挿して売ったような。……日本って豊かになったんだなあと思ったかも。大学の寮のあった板橋の商店街のスーパーでは、そういう皮付きカットパインが売っていたかなあ。
   今では大きな駅前のオサレスーパーでは時々実演が来ていて、大きなくりぬき器で目の前で芯を抜いて、皮を剥いてバウムクーヘン様にしたのをパッケージに入れて売ってました。それをさらに一口大に切ってきれいなプラスティック・カップに入れたのも、時々買っては見ましたが。

   パイナップル一個買って自分で切って食べるなんてどんなお大尽かと思ってて!

   ところが、リーリエマートこの火曜の特売の目玉は「パイナップル一個198円!」結構皆さん買ってゆかれます。どうなのかな、美味しいのかな。198円ならキウイより安いぞ、買ってみようかな、でも、まだ固かったらどうしよう……。チェッカーを通しながら悩む悩む。
とうとう、パイナップルをお求めになった大奥様につい声を掛けちゃって!
   「わたくし田舎ものなので存じないんですが、これはどうやって食べたらよろしいんですか?」
   青果の主任に聞こうよ。
   大奥様ちょっと面食らってたみたいですが、
   「あら、これはこうやってねじって葉っぱを取って、お尻を落として、縦に切るのよ。そうすると芯がありますから、それを取って、皮を取ったらよろしいの」
   「左様でございますか」
   幸い、私語をしてたのは見つからなかったみたいです。

   一度おうちに帰って、夜、うろうろ買いに出たら、残り2コになってました。清水ジャンプで籠に入れました!
   「早乙女さんお疲れさまー♪ 葉っぱ置いてかれます?」
   わたしの後に入るアルバイトちゃんは明るい子みたいです。
   リーリエマートでは大根の葉っぱやなんかは切って置いていくサーヴィスを選択することもできるんですよね。パイナップルの葉も。ねじるとぽろんととれます。最初教わったときビックリしちゃった。
   「あー、取って取って。でも、この根本にパイナップルの切り方を描いた紙があるからこれは残して、ちょうだい。あたしこれが人生初パイナップルなのよ」
   「ええ? まさか!」 
   「イヤホント缶詰ばっかりで。昭和生まれってこんなもんよ」
   「ガンバッテください!」
   「仙台じゃあ海のパイナップルの方がお店に売ってたよ」
   「海のパイナップル!? ナニソレ!」
   「ホヤだよ、原索動物の。生物でやったろ?」
   「ええーッ知りませんよ!」
   「ちゃんと生物選択しろよ!」
   ……今じゃあホヤは習わないのかしら。生物選択者が少ないの?

   おうちに帰って、御飯食べちゃうとやる気がなくなるのですぐやりました! まな板の上に置いて、がっつん!と頭とお尻を落として、脳天唐竹割り! 意外とあっさり切れます。それを縦に6~8分の1に割って、芯をそぎ落とします。その先悩んで、横にスライスしてから皮を取りましたが、逆に、林檎を切るように皮を取っちゃってからスライスして銀杏切り(というより地紙形)にした方がラクのようです。

   簡単じゃん!

   切りながらつまみ食いしましたが、完熟で、そう繊維もごわごわしていることもなく、美味しかったです。

   よし! また挑戦しよう!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

オンナの友情なんて

   受験生の虎美、今まではしんけんゼミの教材とオンライン受講で何とかすると言い張ってました。三者択一の問題が出て、ボタンを押したらすぐに答と解説が出て「やったあ!」って、ゲーム感覚で楽しいのかも知れませんが、身につくのかなと……思ってましたとも。

   「塾に行ったりはしないのか? つばさちゃんと一緒ならどうなんだ、模試ぐらいは受けないとやばいぞ、母からつばさちゃんのおかあさんに声を掛けてやろうか」
   「いい! つばさはそういうの好きじゃない子だから!」
   好きじゃないって、つばさちゃんはどちらかというと頭があったかい(マルシー野梨原花南)方の子じゃないか。それなのにできれば公立って、今から頑張っておかないとだめじゃん。大丈夫なのかな?
   ……ひとのうちにお節介しないで自分の子をナントカしよう。

   体力的なものから、今通っている中学の裏にある甘木高校をとりあえず上げていたのですが、甘木はお兄ちゃんも途中で諦めた中位校なんだなあ。
   「え? あたし本気出したらお兄ちゃんより成績いいし」
   その本気をコンスタントに出してくださいオネガイ。
   甘木は芸術系なので独特な部活もあって、女の子が強い学校なので校風も虎美には向いてるかもと思っていたら、
   「おかあさんあたし甘木やめる!
   おお虎美よ、やめてどうするというのだ。
   「だって誰も友達甘木いかないんだもん! それどころか嫌いな奴が甘木行くって言ってる!」
   その子とたった2人で3年間過ごす訳じゃないだろうに。嗚呼、女の子はこれだから。

   「つばさが流石なら行けそうって言って流石一緒に行こうって言われたんだけど……流石でいいよね?」
   「おまえ、流石だけは絶対イヤって言ったろうが! お兄ちゃんより上に行ってみせるって!」
   「いいじゃんもう」
   流石はええと特進以外はほんと今時の子です。女子マネのスカートがあんまり短いんで(そして制服の着くずしかたが凄いので)目を疑いました。先生が必死にたがを締め付けている感じ。
   「流石は女の子はダメだ! おまえに自転車であの山越えはできないだろう!? 電車にしたって駅から20分もあの遊歩道を歩くのは危険だ!」
   パン屋のケンちゃんは電車&バスで通ってるらしいですが、定期代が月一万円とも聞いたし。

   そしたらまた今度は2,3日して。
   「エリーにリリエンベルク誘われてるんだけど」
   おい! つばさちゃんはどうなった!?
   「リリエンベルクは遠いだろう」
   「バスでノイエ・リリエンベルクに出てそこからバス。バス&バスだから大丈夫」
   大丈夫ったっておまえはラッシュ時間のバスに耐えられるのか?
   「……リリエンベルクは体育会系だぞ?」
   なんかとてもええとその、……フリーダムだと伝わっています。文系の虎美では校風に合わないんじゃないかなあ。
   「だいたい行きたいつってすぐ入れるものなのか? ……偏差値!」といってランキング表をとりあえずの目安に出させますと、おおよそで言って、
   「リリエンベルク53、甘木51、流石43」
   ……お兄ちゃん頑張って甘木狙っておけばと言われたわけだな。もっと上かと思ってた。
   「甘木より上ではないか!? 甘木も努力圏内の人間が思いつきでいけると思うか!?」
   ネットでリリエンベルクのHPを調べても、進学状況の説明がなんともアバウト。22年度の卒業生が何人で既卒が何人で大学に何人その大学も国公立が何人私立が何人とちゃんとした数字が出てない! 流石はいま立て直し中だからそういうの(しょぼい実績だけど)解りやすく正確に出してるのに! ああ、フリーダムな学校なんだな……。そんで、公開されている合格実績のある大学もその、ええと、おかあさん田舎ものだから知らない大学(!!!)ばっかりで、どっちがよりいい大学に行けるのかわかんない!
   「生徒の写真がみんな金髪……」虎美も引いてました。

   ああ、仙台に残ってりゃイッコーとかニコーとか解りやすくて良かったのになあ(イヤそういう問題じゃない)。

   偏差値だけが学校を見る物差しじゃないって、だってうちのこそういう勉強以外の活動、輪を掛けてさっぱりなんだもん! おたくに寛容な校風がいちばんって、そんなのよりどり見て歩ける余裕ないんだって! まず公立! 体力、財力的に通えるところ! その中で、できれば後が楽なところ。
   ご近所で話をきくに、リリエンベルクの方が伝統があるので、指定校推薦とかはいい学校があるらしい。でも、校風は代々フリーダムなので、流されやすい子はどんどん流れていってしまうので注意! だとか。おかあさん頭が古いから、頭マッキンキンにしといて成績がいいってのがもう理解不能。うちの子も浮かないか心配。
   演劇部とか漫研とか文芸部とかの嗜好の虎美が、90%体育会系の学校に行って大丈夫なのか、お友達さえいれば生きていけるのか、だからって親が先回りして子供がせっかく行きたいと言った志望校を潰していいのか、とりあえず偏差値はいいみたいだしって、それじゃ教育ママゴンじゃん……ああっ、悩ましいッ!

   という日々を送っておりますと、昨日、
   「つばさに誘われたので塾の見学会に行って来ます」って、つばさちゃんもとうとう目覚めた!?
   「どうだった?」と聞きますと、
   「個別学習で横にいて先生が教えてくれて嬉しい。おかあさんもこういうふうに暴言と鉄拳がなければいいのに」って、ああそうですか。
   「つばさちゃんはどうだって? 通うのか?」
   「ああ、つばさはもう通ってるって。お友達を紹介すると図書カードが貰えるからって誘われたんだ
   ……つばさちゃん、行く前に相談してよ。嗚呼、オンナの友情なんてそんなもんか。
   「それでおまえは通いたいのか?」
   「絶対行きたいってほどじゃない」

   頼むから! 自分の将来がかかってるってこと理解して!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

ここは暴れるべきか……?

   夏休みに入って、猫科の人達も部活や補講で学校に出頭したりしなかったりの毎日でございます。10時になってからのっそり下りてきた虎美、ぶつぶつ言いながらジャージを身につけてゆきます。ええ、グレイと紺の実にシンプルで薄手で安っぽい中学指定のジャージを。

   吾子が着ればむさ苦しかるジャージスーツを
      清らに見せる乙女の細腰        舞音   再掲。

   「おまえ、正気か? この天気で長袖長ズボン!?」
   「だって指定だもん」
   「死ぬぞ! 制服でいけよ!」
   おかあさんは言葉を改めましょう。
   「だって後藤がネチネチ言うんだもん!」
   おおそれは部活の顧問の主任先生ですな。
   だいたい、まだ台本をいろいろあつめて秋の文化祭やバザーで披露する劇の演目を決めている段階でジャージ姿になる必要があるのか!?

   これが昔のわたくしのように亜熱帯仕様になっていて30度までは暖かくてすごしやすい、32度になるとちょっとハンカチがいるわと言い出す……(ネットではフィンランド人がいかに寒さに強いかを表す定型文があるようですが、その亜熱帯ヴァージョンを作ってみようかと思ったけどやめた)、とりあえずそれくらい無神経で暑さに強い子ならまだしも、虎美は寒冷地仕様で体が弱く、気圧が下がると心臓を押さえてのた打ち回るような子なのに! この猛暑の中長袖長ズボンなんかで学校にやったら熱中症で死んじゃう!

   ここはおかあさん蛮勇を奮って学校に電話をかけるべきでしたでしょうかねえ。

   夏の部活ということで、だらけた格好で登下校をすることを防ぐ意味もあるんでしょうけど、今年の気候を考慮に入れてないと思うわ。

   って、寝坊したおかあさんが優雅にシャワーを浴びている間に虎ちゃん学校に行っちゃいましたけど。

   無事に帰っておいでー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

カップの行方

   今場所は日馬富士だそうで。この前の技能審査場所でごひいきのくろうみたんこと黒海関が新聞発表の表に載ってなかったので、もしや国に帰ったのでは、それとも毎度あまりにも綱渡りな成績はやっぱり、温情相撲だっけなんだっけ、相手が本気で対戦してなかったんじゃといたく心を悩ませておったおかあさんですが、単に十両陥落しただけでした。出直せ。

   さて、ぎっくり腰をやってしまったこの週末、とりあえず土曜はサロンパスを固め張りしてやり過ごして、日曜は寝て過ごしましたが、夕方なんとなく目覚めると、つけっぱなしのTV(要反省) はもう千秋楽を迎えていたのでありました。

   で、優勝力士の表彰のあと、時間が余ったらしくNHKは延々土俵を映しながら、3賞受賞力士のインタヴューも続けていて、その合間に、大きなガラスのカップが土俵の上にしつらえられた台に乗せられ、それが授与される様を流しておりました。
   「おおっ!」
   そういえば、お嫁に来るときに実家の母が持たさせてくれた大振りのカットグラスの花瓶、旦那様が
   「おおこれは大相撲のチェコスロヴァキア友好杯のような」と仰せられたので、うちでは「チェコスロヴァキア友好杯」と呼んで、おとっときの花を活けるのに使っておりましたが(引っ越しの時にどこかに紛れ込んで行方不明)、常々、 
   (冷戦終了のどさくさでチェコとスロヴァキアが別れてしまった今は何というのだろうか?)と謎に思っておったのです。今が積年の謎の解けるとき、と耳をすませておりましたら、
   「チェコ共和国友好杯」とはっきりアナウンスされておりました。
   そうかあ。
   今調べたら、ボヘミアン・グラスとして有名なあの国の伝統工芸はその名の通りボヘミア地方の名産で、ボヘミアというのは現チェコの方に入るんだそうです。スロヴァキアはその名の通り、地方名もスロヴァキア。チェコの方はもともと工業国で、冷戦中も東ドイツより進んでたらしいですなあ。ハツミミ、いやそれはおかあさんが地理弱いでしょう。
   スロヴァキアの方は農業国って、……分離して大丈夫なのかなあ、喰って行けるんかと他人事ながら心配。

   しみじみ余計なことを考えていると、チェコ杯だけでなく、様々なやや小振りの杯が手渡されていました。総理大臣杯もあったのかな? 官房長官か誰かが代読してました。そりゃそうだ、そんな余裕なかろう。
   (パンナムはもうなく、嗚呼、昭和は遠くなりにけり……フランス大統領杯はサルコジになってから廃止されたんだよな、ホントあいつは好かんタコ)
   その後に大きな花瓶のようなものが渡されてましたが……有田焼の博物館とかに行くとありそうな、小学4年生の背丈ぐらいありそうな大物の。今、ウィキペディアで調べましたところ、該当しそうなのはこれ→ 中日友好景泰藍杯  「日中」でないところがイヤらしいですけど、かえって本物っぽいですね。中部日本じゃなくて、チャイナ & ジャパン の友好を示す杯(杯ちゃうわ!)のようです。あったんだなあ、こんなの。中国はお相撲に興味なんてないかと思ってた。
   その他、メキシコが盾と副賞コロナビール、ハンガリーがトロフィーとティーセット、モンゴルが総理大臣賞トロフィーをくれてるみたいです。
   おや、UAEはコーヒーポットとかくれちゃうんだ? 副賞のガソリン1年分もいいな。チェコも、副賞に名物のビール(ピルツナーウェルビール)1年分くれるそうです。いけるくちの関取なら1年かからず飲み干しちゃいそうですね。

   なんだか優勝力士はいろいろもらえていいなあ。素朴な疑問からまた余計な知識が付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »