« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »

2011年6月25日 (土)

立ち上がれニッポン……?

   昨日のTV番組で、早稲田摂陵高校とやらのマーチングバンドが凄いというのをやっていて、おかあさん猫科の人達を寝かしつけといてユーチューブで検索検索。
   これはすごい。
   TV中もやってたのですが、指導の先生がマーチングに命を賭けてる方で、中高マーチングに没頭して、就職は当時マーチングバンドを持っておって強かった阪急百貨店に就職したそうで。バブルの頃は企業の部活動(実業団って言うの!)も熱心だったもんなあ。大和銀行なんか体操部まであったもん。三和銀行は合唱部はもちろん、東京にも管弦楽団持ってました。まあ、阪急はとくにそういうとこだったんでしょう。タカラヅカも阪急だもん。
   ところがその阪急バンド(勝手に略すんじゃありません)、バブルの後で経営方針が変わって解散になり、先生困っちゃった。
   そこで音楽系の百貨店マンにならないで、「おれはマーチング指導者として生きたい」と一念発起して、先生になったって言うから凄い。先生高卒だったのに。大学はいるところから初めて、ホントに教員免許取ったって!
   それで、早稲田系列の摂陵高校のマーチングバンドの指導者に晴れて採用されたそうです。
   阪急時代の伝説の技、スリークォーター・ターンをさらに進化させたダブル・スリークォーターターン(270°回転を2回続けることに拠る方向転換)を高校生にさせるってところを取り上げられてました。これ、失敗するとぶつかって危ないんですが、そこを恐れずに突っ込んでいく、仲間を信頼する、ぶるって迷惑を掛けないことを身体で感じるためにあえてやらせているそうで。

   実際の演舞見ましたが、ステキでした。確かに動きにキレがあって。

   ユーチューブで調べましたら、イタリア遠征したとか、スペインでやったとかいろいろあって、それがまた、ご当地ソングをちゃんとやって拍手喝采な所が凄い。

   イタリアのサンレモに行ったときのは括弧書きで阪急って書いてあったので、旧阪急バンドで行ったのかも知れませんが、もう、「おおソレミオ」から「フニクリフニクラ」、「帰れソレント」へとおかあさん歓喜の涙の民謡メドレーにはじまって、アイーダの「凱旋」、マダム・バタフライの「ある晴れた日」にと、オペラも有名曲をやって、もう総立ちになってました。いや、お客もとから立ち見だったし。
   スペインに行けばフラメンコぽいやつやってたし、フランスに行けば「おおシャンゼリゼ」に「ファランドール」にええと、フランスのマーチの名曲の聞いたメロディもやってたよあれ。
   なかなかレパートリー広いみたいです。
   そんで、合間には楽器を持たない二軍(って言っちゃいかんか)選手達のチアリーディングのような部分もあって、鍵になり竿になり、持ち上げて山を作ったり並んで順々に坐ったり立ったり

   たいへん統率が取れています。
   これはたいした練習量と思われますって、そこの学校、ウィキペディアで見たら、吹奏楽の女子コースってのがあるんだって! 授業かい! でもここでみっちりやったらそりゃあどこの警察や消防行っても鼓笛隊でエースになれるなあ。

   関西ってのは、タカラヅカもそうですが、娘さんに芸術系のお稽古ごとをみっちりさせる文化があるんですかね? 尊敬します。

   さて、おかあさんはつくづくそれを見入って、ああ、こんな分野でも日本には世界的に評価されるものがあるんだなあと元気づけられていたんですが。

   翻って、震災支援かなんかで、よそのマーチングバンドなり、管弦楽団なりがきて、やってくれて、聴衆みんな勇み立ち、よくぞ我が国の心の歌をやってくれたと感動にうち震える曲って何よ?

   やっぱりドミンゴが歌ったとかいう「ふるさと」ですかね?

   そりゃ、しみじみみんな泣くけどさ、こう、気分高揚、スタンディング・オベイション系で。
   おお、この曲をやるとはツウだね、うん、元気出る! ってやつ。

   やっぱりこのバンドもやってた「宇宙戦艦ヤマト」かなあ。ある程度の年代はカヴァーしますよね?
   歌謡曲でいうと、「世界でひとつだけの花」かなあ。わたしは好きじゃないんですけどこの曲。
   クラッシック系で言うと……やっぱりマダム・バタフライですかね?「あーる晴れたー日にー♪」一応盛り上がりますか? これ、アメリカ人に捨てられる話だから、あんまり好きじゃないですが。
   マーチで言うと、「君が代行進曲」これ、正式なタイトルじゃないみたいで。軍艦マーチの2楽章なのかな? 「きーみーがーあーよーおーはー」とあのメロディをかろやかにぷっぷかぷっぷっとやるヴァージョンがあります。あれ結構好きなんだけど。でもこれはかえって気分害される方がいるみたいだから無理かな。

   もっと、今のクール・ジャパン系で、世界に通用するアニソン・メドレーはどうよ?
   「ドラゴンボール」とか、特撮ヒーローものとか、おれも好きなんだよ! と、やってる方が、聴衆へのサーヴィス、ご挨拶じゃなくて、自分も燃えながらやってくれるようなのがいい。「晴れハレユカイ」とか、やりませんかね? そんで数人コスプレしてあのダンスやってくれたら……盛り上がるのは一部若人だけか。

   虎ちゃんは、ちょっと懐かしい(90年代ぐらいまで)カラオケ番組のおかげで結構昔のヒットソングを「これなぜか歌えるんだよね」とか言ってくれますが、意外や日本人、世代によって好きな曲が分断されてたり……しませんよね?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

C.M.B. ― 結婚の意義 ―

   ダメ主婦のもとで猫科の兄妹はたくましく育っております。
   「翼のうちでは坐ってるとゴハンが出るんだよ」
   「へえ」
   「翼のおかあさんは唐揚げ自分で作るんだよ」
   「おまえ達が小さいころはうちだって自分でやったよ」

   母はラクさせていただいておりますが、しっぺ返しはちゃんと来るもので。
   「ねー! もー! おとうさんが可哀相! おれ学校の家庭科の時間の『結婚する意義』ってテストでなんも書けなかったよ!」
   今時は家庭科でそんなことやるんだ?
   「そこは、それ、大好きな人とずっと一緒にいられる……?」
   つめたい目で見られてしまいましたが。

   家庭科となるとそこは「産まれた子が非嫡出子としての差別を受けない」とか、「配偶者控除が受けられる」とか、主婦だと年金とかで3号? お得な対応をして貰えるとか、ああ、「扶養手当が貰える」。
   もっと嫌な方面で、
   「結婚していると言うことで社会人として責任感があると見なされる」、「ホモだと思われない」なんてべらぼうな話が昔はありましたね。
   とりあえず、豹太は男性にとって結婚するメリットは無いと思ったみたいよ。そんで
   「逆玉の輿に乗って専業主夫が夢」とか言うようになったんだ、嗚呼。

   「Q.E.D.」と「C.M.B.」の2つのシリーズでミステリ・コミックを地味に量産している加藤元浩氏も結婚しておられるようで、コミックスの作者近況欄で時々話題にされていますが。
   最近の氏の作品は、ミステリとしてのキレもさることながら、人間関係の描写、ひとの心の愛憎の複雑さの描写が際だってきていて、読み終わって深い感動を覚えます。とても少年を相手の雑誌で、ひとが死んだりという事件の謎を解いて終わりというジャンルにはもったいないというか、こういうジャンルだからこそ人間の本質に迫れるというか

   今回新刊がダブル発行されたのですが、古今東西の貴重な史料がマクガフィン……ええと、作劇上の用語で、登場人物達がそれを求めて行動を起こす小道具? であるところの「C.M.B.」の方では、「プリニウスの博物誌」を成功報酬として冷戦中、東ベルリンから西へと亡命を企て、失敗する家族の話がありました。ここで、べつに今回ブツは「プリニウスの博物誌」じゃなくてもいいんですけどね、それこそ「アドルフ・ヒトラーのかっぱらった美術品」とか、「空中浮遊する謎の城への入り口を示すペンダント」とか。とりあえず、今回は「嘘」の価値についての話だから世界史で有名な嘘八百本ということで出してきたみたいよ。
   「死んだ少年」はなぜ亡命の途中で謎の行動を起こしたのか、そのときの逃がし屋の言葉の意味は、と謎を解いていって、最後にホッとする結果にたどり着くわけです。
   「今の話は全部嘘だ!」という言葉。事件の象徴であったわけです。深かったですね。そして、偽悪的に振る舞っていた逃がし屋の表情が、最後に人生を深く知るものとして緩むのが趣深かったです。「Q.E.D.」の方も、仕事人間の教授の妻に寄せる想いが切なかったですよ。

   この話に限らず、男女間、親子間の想いの深さを濃やかに描くことが出来るようになったのなら、表現者として結婚は意義あることだったのではないかと思うわけです。
   いやほんと、絵がアレだけどさ、子供にだけ読ましとくのはもったいないよ。ドラマがこけたのがほんと……惜しまれる。作画が的場健とかだったらもっと出ると思う、失礼だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

パートは甘くない

   やばい、おかあさん心が折れそう……いやまだ大丈夫。

   一週間頑張りまして、普通にレジを通すのはナントカ覚えてきたのですが、そうなると結構口が……お留守って言うより、定型文が言えないんです。
   「キャッシャー7大用語言ってください」
   「はい、いらっしゃいませ……?」
   すいません、全然覚えてませんでした。いらっしゃいませ、畏まりました、少々お待ちくださいませとか言うアレでしょ、そんなん社会人だもん、必要に応じてナンボでも言えますよって、そう言うんじゃなかったんです。
   「いらっしゃいませ」
   「お待たせいたしました」
   「ポイントカードをお持ちですか?」
   「ポイントカードお返しします」
   「○○円で頂戴します」
   「○○円お預かりいたします」
   「お先に大きい方○○円のお返しでございます。
    次、小さい方○○円のお返しでございます、お確かめください」
   「ありがとうございます」
   「またお越しくださいませ」

   キャッシャーはこれ以外の言葉を言っちゃイカンのだそうです。
   微妙な語尾が違ってる「お持ちでしょうか」「お持ちじゃないですか」云々、研修の時も言われてたんですが、実際レジに立ったらもう、数をこなすので精一杯、内容があってりゃいいだろと飛ばしてたんですが、今日とうとう怒られてしまいました

   メッチャしぼられました。

   社員さん手書きの以上のキャッシャー用語をレジの目につくとこに貼らされて、
   「ゆっくりで良いですから間違えないで言ってください」って、それができないのよ!
   真心込めたサーヴィスが売りのリーリエマート、袋詰めも店員さんがやってくれるのが売りで、横にキャリアがばっちりついたおねえさんが立って、舌打ちなんか(しないけど、しそうな雰囲気)で待ってるんだって! とてもとろくさいことやってられない!
   「貼ってあるんだから読めるでしょ、読みながらで良いですからその通りしゃべってください!」
   字が汚くて読めませんとは言えませんでした。いや、負け惜しみちゃうよ。
   「お返しします」なのか「お返しいたします」なのか「お返しです」なのか、致命的なとこをぐちゃぐちゃに書かないでください。頼むって。

   「テンパラないで! ゆっくりで良いですから! テンパって失敗されるとそっちがお客様に迷惑ですから!」
   ああ、手が滑ってお金落っことしたり、ミスタッチとかしましたけど、いっぱい。スキャナーに通した後持ち換えるとそこでもう1回入って、2回入力されちゃうんだ。バーコード、読ませるまでは一苦労なのに、2回通るときはちょっとした手の返しだけで入って、もう! (ええと、こういうのもマーフィーの法則? 「起こって欲しくないことほどよく起きる」)おっかなびっくり打ってるとまたおねえさん不機嫌そうになるし!

   怖いよう!

   それで、自分を鼓舞するように読み上げながら入力していくと、
   「テンパラないで」って。

   「テンパル」って何語ですか?

    なんて言う意味なんですか?

    突っ込みたいのを全力で堪えたおかあさんを褒めて!

    そりゃ緊張はしてるし、声は大きくなってるけど、そんなに理性を失った狂騒状態にまでは陥ってません。失礼な。まあ、余計な言葉をどんどん足していッちゃってるかもだけど。古舘伊知郎のような言葉の自転車操業になっていってる、全てを口に出して言っちゃってるのは意味があってのことなのに、失礼しちゃうわ。

   まあ、言われた言葉以外を口に出してるのはおかあさんが悪い

   でも、一字一句間違えちゃダメって言われすぎるのもきついわあ。
   それで、お客様がまず目指すのはキャッシャーだから、全てに対応してって、無理です! お大根はどこだとか、カードを忘れたから後日入力してくれとかお米の配達とかアイスの商品券でこれは払うとか……うにゃー!

   5時に終わった後、うちに帰って着替えてお買い物に出直すのですが、今日はホントに怖くって出る勇気が湧いてきませんでした。結局行ったけど、また社員さんに呼ばれて別件で怒られました
   えーっ! タイムカード押したら事務所にいる人に声かけるだけじゃなくて、探してでも店長(か次長)に仁義切ってからじゃないと帰っちゃダメなの!? 言っとけよそういうのは初日に!  
   これでクビになったらどうしよう、永遠にお買い物行けなくなっちゃうよう!

   「サークルの人を好きになっちゃダメよ。振られた後顔を出しにくくなるでしょう?」
   大学に入ってすぐ、寮の先輩に言われた言葉ですが、パートもうちの近所で見つけちゃいけないものだったんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

カウンセリングに行こう……?

   2年生になって心を入れ替えて学校に行くようになった虎美に、おかあさんのカウンセリングは無罪放免、めっきりカウンセリング・ルームの先生とはご無沙汰になってしまったのですが。
   「それでお母様はふだんどういったご趣味でいらっしゃるの?」
   これはその無罪放免になる前、2月くらいに出たお話。
   「ええと……漫画が好きで、それが極まって、登場人物がふだんこんなコトしてたら面白いのになーってことを自分で考えてお話を書いたりしてます」
   「まあ、うちの娘もよ」
   ぱーどん?
   「自分で本を出したりしてるのよ」
   「とおおせられますと、あのコミケやなんかに行ったり?」
   「そうなの」
   ……それはまた意外な方向からカミングアウト。
   「でもお母様もそのようなご趣味があって発散できるのでしたら、なにも心配は要りませんね」
   はあどうも、いい年をしてそんなことをして子供から注意が逸れているから云々てお説教されると思いました。
   と、その話はそれで済んで虎美は2年生を心を入れ替えたような出席状況(でも欠席は二桁なんだけど)で終えたのですが。

   「カウンセリングの先生いるでしょう? 時々お話に行ってるんだけど」
   虎美はそれでもときどきお世話になっていたようです。
   「先生の娘さんも漫画の2次創作やってて、あたしそういうの好きって言ったら今度その本持ってきて読ませてくれるって」
   「……へえ」
   それは娘さんも微妙なんじゃないかなあ、すごくおおっぴらにしてるんだな。健全なジャンルなのかななどといろいろ思ったけどそのまま忘れてたんですが。

   「……相田先生のとこいって先生の娘さんの本見せてもらったんだけど」
   「おう?」
   「18禁だった」
   「ジャンルは?」
   「わかんない、なんか獣人系?」
   何かのゲームの世界なのかも知れませんね。
   「……今度先生に注意しとく」
   「……そうだな」

   先生、中身をご確認の上見せてやってください。あ、じゃあ先生はお嬢さんの活動内容については把握してないのね。
   「うちにある本を持ってきたの♪」だそうですので、蔵書であってお嬢さんの作品とは限らない訳ですが。表紙に18禁って明記してあった(今はどこもそのへんしっかりしてます)そうなのに、先生ちゃんとチェックしてえ!
   あ、お集まりの方、これをご覧になっても川崎市教育委員会にはナイショにしてね、お願い。虎美は1,2枚めくったとこで気がついてやめたそうなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りす型自立しゃもじ

りす型自立しゃもじ
でもこのフォルムはウナギイヌでしょう! りすさんはしっぽ巻いてないと!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »