« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »

2011年4月 8日 (金)

桜といったら俊成でしょおッ!

   東京では満開宣言が出たそうで、昨日の「歴史秘話ヒストリア」はタイミングバッチリだったわけで、虎美と喜んで見ました。
   中国文化の影響を強く受けていた平安初期において、花といったら梅だった雰囲気を一新した功労者として嵯峨天皇が取り上げられてました。
   これは知らなかったな。
   だってこのひとバリバリの中華文明信奉者じゃん。平安初期の明君で(イヤ明君ってほどじゃないか。明君は醍醐帝だよね)。和歌より漢詩のひとで、桃の花が盛りだよ~ここは日本の桃源郷♪ みたいな詩もつくってたんじゃなかったかしら。そういうひとだからこそ、桜もいいじゃんと転向したところが大きかったんでしょうか。
   そのあと桜を愛した歴史上の人物といえば、と秀吉の醍醐の花見に行ってました。まあ、妥当だな。
   でも、エピソード1の平安時代の花に狂う貴族のエピソードで藤原定家が桜折っちゃった話が取り上げられてましたが、かる~いノリで、そのパパたる俊成についてはスルーでした。

   

桜といったら俊成でしょおッ!?

   いや知らんから。
   なんでも、藤原俊成は桜の歌についてはすごい執着をもっていて、ひとの桜の歌にもムッチャ厳しかったそうですな。
   その彼が、自分のナンバーワン! に挙げていたのがこれ。

    面影に花のすがたを先だてて幾重越えきぬ峯の白雲

   当時流行りの幽玄調で。桜見たい桜見たいという執念、その妄想だけを胸に山を越えて来ちゃったよというエネルギーがもう怖いわ。そこまでする桜ってやっぱり吉野ですかね?

   それほどに執着を持つ彼だからこそ、薩摩守のエピソードが盛り上がるんですね。
   平忠度(清盛の弟)は俊成の弟子だったんだけど、源平争乱の頃、一門に従って京都を離れ、西国へ落ちるんですね。ところが、ひとりUターンして師匠の家を訪れる。お師匠は今、勅撰和歌集を編んでるでしょう? もし良かったら、わたしの歌を入れてくださいと忠度は自分の歌の書き付けを預けて行くんです。世が落ち着いて、千載和歌集が出るときに、俊成は忠度の歌を入れてやります。但し、朝敵となった身であるからと、詠み人知らずとして。

   それでも平家物語などで伝わっていて、作者バレバレなんですけど。
   たしか、その歌が、
   さざ波や 志賀の都は 荒れにしを 昔ながらの 山桜かな
   
桜の歌には厳しい俊成が認めた桜の歌ということで、お墨付きの秀歌ということですね。あれだ、国破れて山河あり。人の世の栄華は儚いが自然は永遠に営みを続けるってやつだ。源平争乱でぐちゃぐちゃになった京都の再生イメージも掛かってますかねえ?
 
   桜のエピソードで番組を作るならなんでこれを外すのようと切歯扼腕。

   日本史で桜の好きな有名人といったら1に太閤2に西行、34がなくて暴れん坊将軍。吉宗が飛鳥山や隅田川に桜を植えて庶民に花見をさせた話も入れて欲しかったなあ。

   西行が 願わくは花の下にて春死なむ その如月の望月の頃 と詠んだのは最後に取り上げられてました。

   文明開化で桜の木が切られまくった話は初耳で、これは見たかいがありました。文学界でも、やっぱり西洋文明に圧倒されて、花鳥風月的和歌は絶滅しかけますもんね。安吾ですか、「桜の森の満開の下」とか、桜に対するイメージを変える作品がイロイロ出たとか、近代日本文学史でやったなあ。怖いとか、気持ち悪いとか、そういうイメージを出してきて、江戸以来の美的感覚を否定する動きがあったよと。ほんとに桜も切られたのか、徹底しとるな日本人。そのときにちゃんと桜を守る人が出るところがもう胸が熱くなりました。

   そんでもって玉砕のイメージまで付けられて。また桜の印象が悪くなった戦後、なんで桜はまた復活したのか、その辺も考察してくれると良かったのに。さて、何でだろう?

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

11人いるッ!? ― イナズマイレブンは乙女心を救う ―

   ふとなにかで引っかけて、近頃話題の「イナズマイレブン」というものをユーチューブで見たのですが。

   何これカワイイ!

   ええと、もともとは任天堂の手でもって遊ぶアレ用のゲームだそうですが、例によってコロコロで漫画をやって、テレビ東京でアニメをやって小学生男子に大ブレイク、おねえさんも盛り上がってそっちでも萌えが爆発しているみたいです。メディアミックス様様よね。
   タイトルで判るとおり、サッカーのお話、主人公の中学生のぼくちゃんがいろんなチームと対戦して、ポケモンをゲットするかのようにライヴァルをスカウトして自チームを強くしていって日本一、さらには世界一を目指そうというもの。総勢1500人もスカウトできる選手がいるとかいう噂。うわー。
   ノリがポケモンなので、派手な個人技を持った選手が主体。仲間に入れて、経験を積むとその技がパワーアップしてもっとすごいのを覚えたりします。その技というのが、古き良きスポ根というより、イマドキのバトルもの。「なんとかファイヤー!」とか、「魔神どうたら!」とか叫びながら飛び上がって、あんたサイヤ人ですかってくらいに自在に空を飛び回って空からシュートしたりそれを止めたりするんですもの。そんで、その技も物理的説明はなんもなく、スタンド(「ジョジョの奇妙な冒険」において超能力が主に人間のかたちを取ったもの)かッ!? と一緒に見ていた娘がと異口同音に言ってしまったくらい、なんの説明もなく主人公の背後に輝く巨人が現れて見得を切った上で手を広げてシュートを止める! んですよ。そんで、両チームの選手ははその間息を呑んで見守っていて、「やった!」とか「何ぃ!?」とか結果を受け入れる。
   ……ええ、同じコロコロのほら、コマを売る作品、「ベイブレード」で慣れてますから。あれも普通のコマ(改造型ベイゴマ)からフェニックスとかドラゴンとかが出てきて闘う話だったし。おかあさんそういうの平気よ。
   なにせ「超次元サッカー」だそうですので。
   あとは、ポケモンより感情移入がしやすい1500人の仲間から好きなキャラクターをそれぞれ見つけて応援すればいいのよね。

   これがカワイイんだ。ポケモンの絵柄にちょっと似てるかな、だいたい丸顔で、中学生が多いのでまだ等身が低くて。それでもイケメンな設定の子は目がきりりとしてたり顎の線が細かったりと好ましいです。さらに「キャプテン翼」の頃より日本の文化はフリーダム化してるので、ヴィジュアル面も髪の色がとりどりだったり、髪を立たせたりドレッドにしたり長髪でポニーテイル(男の子!)にしてたりと、もう、ねえキミタチホントにそれでサッカーできるの状態。
   甚だしいのは、ありがちかも知れませんが、敵のサッカーで勝利するためには手段を選ばない悪い大物が理事をしている学校の、彼に見いだされた天才ってのが……後ろで束ねたドレッドはまあいい! 視野を狭くする分細かく動きを見定めることができるって、ゴーグル着用で。……まあ、視力が弱かったりで眼鏡が必要なら、動かないようにゴーグル型にするのもアリかも。しかし、百歩譲ってもその風呂敷マントはどうよ!? しかも、これは風呂敷ではなく、ちゃんと襟の所に鳩目を打ってあって紐をつけてある正真正銘なマントなんだ。主人公に負かされて、自分のサッカーが間違っていたことを認め、主人公の学校に転入してチームメイトになってもまだ付けてるんだ! しかも、主人公の学校のチームカラーに合わせてヴァージョン2で!!

   審判何も言わないのか。

   眉唾情報ですが、このアニメにはまった現実の少年が、サッカーの大会のマントを着けて出ようとして問題になったそうです……親も親だから、「イナズマイレブンでは許されてるじゃないか!」って言ったとか。お父さん、あれは超次元サッカーだから。

   キャラを立てる(登場人物の性格付けを明確にする)ためにはそれくらい許されるのです。
   話が進むと彼も孤児だとか、サッカーで見いだされて財閥の後継者として養子にしてもらったとか、生き別れの妹がとか、やっぱり恩のある悪の総帥には逆らえないとかいろいろ出てきて、むしろ明朗快活表裏なしな主人公より陰影があって面白いです(実は1のお気に入り)。

   そういうキャラクターの面白さとか、さらに、彼の必殺技は、まあ、いろいろあるようですが、有名なのは「皇帝ペンギン」といいます。ペンギン!? 主人公が魔神ナントカで、エースストライカーがファイアーなんとかなのに、ペンギン?
   これがまた、ピーッと指笛を吹くと、地面からペンギンがひょこひょこひょこッと5羽現れて、ブルーインパルスなみの曲芸飛行をしたあとで彼の足元に戻って、利き足に食いついて(彼は後ろ足を高々と上げてその間待ってる!)、蹴りをはなつとボールとともに飛んでって、さらにその球をチームメイトが待ちかまえていてさらに二人してタイミングを合わせて更にに蹴り出して、敵のキーパーをぶっ飛ばしてゴールに突き刺さるという恐ろしいしかしファンシーな技です。
   威力があるのは認めるけど、なんでペンギン!? と思っていたら、学校の名前が強そうってことで「帝国学園」で、だから、皇帝がつきもの、それで「皇帝ペンギン」ってつながりだそうで……ああ、皇帝がつけばなんでもよかったのか。皇帝円舞曲でも帝国ホテルでも帝王切開でも……。やっぱりお子ちゃま向けとしては皇帝ペンギンでマルかな……。

   ありえねえ! でもカワイイ! と、虎美と笑い転げながらユーチューブにかじりついて週末を過ごしました。

   オープニングやエンディングの曲も、元気が出て友情や努力を信じられるいい曲です。歌詞の内容に映像がぴったり合っていて、ほんとうに良い仕事をしてます。

   ってことで、イナズマイレブンは日本を救うかも知れない……でも、もうアニメも世界大会決勝だからこの改編で終わりなんだよね。寂しい。流行りには出遅れたけど、この時期だから元気をもらいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月27日 - 2011年4月2日 | トップページ | 2011年4月10日 - 2011年4月16日 »