« つぶやいてみたいの | トップページ | 持ち直してきました ~ 超立体マスクを正しく利用するために ~ »

2011年12月26日 (月)

実際に行ってみた ― とみやま耳鼻咽喉科医院篇 ―

   それで胡蝶蘭が出しっぱの新装開業のとみやま医院に行ってきました。もう声が出なくなって、昨日お買い物のついでに主任さんにお尋ねしたところ、
   「明日はいいですから絶対医者に行って薬貰ってきて治してください」って言われちゃったので。
   温かくしてシチューでも食べて治そうかと思ったんですが、
   「年賀状書いてない!」
   書きながらうとうとしちゃって、エアコンつけっぱで一晩中……。
   「それって喉に良くないんじゃないのか」
   明け方起きてきた旦那様に叱られてしまいました。

   連休明けでも11時過ぎならもう空いてきてるかなと覗いてみたら、

   

……8畳ほどの待合室に患者さんは2人。

   まだ様子見みたいですね。花粉の季節には早いしな。金曜に行った丸十内科医院は1時間待ちだったのに。そこら辺はやっぱり科目により混み合う時期が違うのか。

   とりあえず、猫の額ではなかったです。明るい感じのモダンな待合室と受付カウンター。青みのグレイが基調かな、ああ、新しい医院よねーって雰囲気でした。
   待合室のお椅子は背もたれのないフラットなクッションに足が付いただけというスツール……と言うには座面が広い、を組み合わせたような、簡素とまでは行かないけど もっともたれかかりたいかなーというものでした。まあ医院の待合室にはこの程度で上等かな、体格のそんなによくない年若い人やおじいちゃまおばあちゃま だと身体が泳いじゃう感ありましたけど。

   そういえばこの前丸十医院で聞いてきた衝撃の事実
   「うちは小児科はやってないんですけどね、おたくのお嬢さん小学生でもからだが大きいからいいかなーと思って診てました」って!
   そういえばあそこ、待合室は大人向けの雑誌(えっちと言う意味でなく、内容が高度、サライとか、家庭画報とかね)ばっかりで、小学生向けにジャンプとか、それ以下向けにアンパンマンの絵本とか置いてなかったなー上品な町は違うなーって思ってたのにそう言うことだったのか!(お兄ちゃんはここに引っ越してきた時点で中学生だったのでセーフだったらしい)
   そことは違って、でもちょっと独自路線で、とみやま耳鼻咽喉科医院の待合室の本棚は「大どろぼうホッフェンブロッツ」とかのハードカヴァー児童書が揃ってました。大人向けには奥に「おとなの週末」(これはややえっち系雑誌と認識していいんだろうか?)やら「ナンバー」やらがありました。……置いてる雑誌で医院の方向性も見えるのかなあ。えらいことに、「○○○○ブック(名前忘れた!)を貸し出しています」との掲示がありました。ええと、ipadみたいなやつでアニメや絵本が入っていて読み聞かせをしてくれるというような物らしいです。お子様連れが来て、それを利用したらしく突然ファンシーな音が鳴り響いたので目を剥いてしまいました。

   しばらくして呼ばれましたが、診察室も広くて明るくてきれい。8畳間程度で非常に片付いていて、先生が一人で回しているらしく、診療台は一基のみ。背中の所にお荷物を置く籠が準備されているのが今ふうでした。看護婦さんは2人体制と見ました。壁はこちらはオフホワイト系で、貼り紙もまだ少なくピカピカしてます。ああそうそう、先生はややワイルド系な30~40代と見えました。既婚(指輪してた)。気さくな感じで堂々としたものでしたが、
   「保温と保湿と安静ね」と言いつつ、
   「具体的には?」とこっちが突っ込んで聞くまでその内容を言わない。
   「マスクや加湿器を使うのはもちろん、今の季節ですと洗濯物をお部屋に干しても結構いいですね。あ、ストーヴの真上はやめてくださいね、危ないから」ぐらい言ってくれてもいいのに。その辺はやっぱり馴れかなあ。「動物のお医者さん」で、開業医の武者修業先でハムテルがフィラリアの説明に目から鱗が落ちたように。

   壁がきれいなのは、お子さんの患者さん向けにアンパンマンの切り抜きを貼ったり、細かい機械の使い方(吸入しました!)の案内を貼ったりとかがまだないからと見ました。これが、「せんせいありがとう」なんて小学生のお礼の手紙とか折り紙とか、子供さんが吸入の間飽きないようにキャラクターのポスターとか貼ったりするようになると、年季の入った、町になじんだ医院になるんでしょうね。

   ああ、当然、出身大学を偲ばせるような寄贈のものはありませんでした。
   虎美調査によると、お外に並んでる胡蝶蘭は、「○○クリニック院長 ××」というようなものばかりだったそうで。とりあえず先生、人脈はあるみたいよ。

   という感じ。先生、これからよろしくお願いします。

|

« つぶやいてみたいの | トップページ | 持ち直してきました ~ 超立体マスクを正しく利用するために ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/53574751

この記事へのトラックバック一覧です: 実際に行ってみた ― とみやま耳鼻咽喉科医院篇 ―:

« つぶやいてみたいの | トップページ | 持ち直してきました ~ 超立体マスクを正しく利用するために ~ »