« この腐登校娘がぁッ! | トップページ | 本日の手仕事ニッポン ― シニア篇 ― »

2011年12月 2日 (金)

本日の手仕事ニッポン

   やってきました冬将軍。
   「まったぁ?」って遅刻して、
   「うう~ん、もっとゆっくりしてくれても良かったのに」と心から言うことのできるお方はこの方以外にいますまい。特に今年は、被災地の仮設住宅なんかまだ準備が出来てないとか聞きますと、冬将軍空気読んだなと好ましく思ってましたのよ。

   「おかあさん軍手探して」
   自転車通学の豹太が泣きを入れたのは先週。ああ、うん、そろそろキツイよね。
   「一度使ったような奴は母のタンスの上にあったような気がする、今みてやろう」
   草むしりなんかで使ったようなの、洗ってとっといてあったような。
   「おう、これこれ……」と、広げてみましたら、それはお子ちゃまサイズ!
   芋掘り遠足とか、草むしりとかありますもんね、小学生時代も学校から軍手を持たせてくださいってことがありました、そう言えば。ただでさえ手の小さい両親から生まれておりますから、うちの子はなんにせよ手が小さい! 大人用を持たせて間に合わせるなんてことは出来なかったのです!

   「これは無理か?」と広げてみたらば、
   「無理!」
   ……おかあさん無駄に張り切って、それは手の甲の部分に当時流行っていたキティちゃんのアップリケが右左とも縫いつけてあったのでした。
   「おおそう言えば昔そんな悪戯をしたような……持ってく?」
   「絶対イヤ!」
   ネタとしても面白いじゃん。はいらないと思うって、それは。……入ってもまたやばいかそれは。
   「虎美に見せてやろう」
   「おかあさん、勘弁してやって」

   おかあさん昔は頑張ったよなあ。

   そして、自分のカーディガンを発掘してみたらば、去年もう鬱のどん底で、まともに生活を回していけなくなっていた状態だったらしく、適当に箱に突っ込んであったキャメル色のカーディガンは……見事に4,5箇所も虫に食われていたのでした。嗚呼、やっちゃったよ!

   泣きながらお裁縫箱を出して、らくだ色の糸がないからもう白い糸でいいやとばかりに一本どりで拙いながら穴を繕って……昔おにいちゃんのお下がりをくれてやっていた虎美のシャツの胸元にせめての彩りに付けてやってたおリボンの薔薇、処分する前に回収してたのが裁縫箱の底に残ってたのを縫い跡隠しに留めつけて。いや、そんなリボン3コも4コもついてたらおかしいって。でも気にしない。

   なんとか穴はふさげました。おリボンが足りないのと、あんまり変なところにおリボンが集中してるとヘンなので付けなかったところもありますが、まあ、うちからリーリエマートの更衣室まで着てくぶんにはいいでしょ。ちゃんとしたお出かけにはちゃんとタンスにゴンしといたカーディガンを着ればいいのよ。

   それにしても、あとの処理の大変さを思うと、やっぱり衣替えの時にきっちり防虫剤入れてしまうに越したことはないのねと深く反省しました。

   それにしても、おうちで着る用のセーターにもなんだか穴が空いていて。ここはまた手芸店に気の利いたアップリケでも調達しに行きたいな。週末はお歳暮出しのついでに町田で探してみましょうか。

|

« この腐登校娘がぁッ! | トップページ | 本日の手仕事ニッポン ― シニア篇 ― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/53387640

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の手仕事ニッポン:

« この腐登校娘がぁッ! | トップページ | 本日の手仕事ニッポン ― シニア篇 ― »