« 女子中学生受験事情 | トップページ | 続・くるりんとしてみました »

2011年11月19日 (土)

どっこい生きてる

   毎日お金を取り扱っておりますと、懐かしいものに出会えます。もう2千円札には2度も逢いました。
   「主任さん! 2000円札いただいちゃいました!」
   「抽出(ドロワ)の下にいれといてください。お客様にはお出ししないで」
   レジのお札を入れる方の抽出、二重底になってまして、汚損が激しくてお客様にお出しできないお札はそこに避難して貰うんです。まあ、あんまりお釣りが足りないときには緊急に使ったりもしますけどね。

   またある時は、なんだかお札の色が変、肖像も髪の量が足りないぞ、とつくづく見たら、お久し振りの夏目さん!
   「夏目さんはぴったり撫でつけだけど、野口さんは盛り上げてたんですねえ、今更気がつきました」なんてお客様とお話したりして。

   そして、一昨日コインのドロワ(同様に、お釣り予備として50枚ずつパックされた棒と、余りにも汚損した硬貨が待機中)で見たのは、100と書いた白銅貨、でも対角線で区切ったバックがボーダー模様になっていて、なんとも……ええと幾何学的、見たことない、日本のコインじゃないぞ、どこのそそっかしい人が使ったんだろうと思って良く見ると、

   「昭和四十年」 「日本国」って!?

   今慌ててググってみましたら、昭和34年から採用の2代目100円銀貨だったんですね。なんでも、昭和32年登場の初代100円玉は50円玉とあまりにも似ていて紛らわしいとかで急遽2代目が登場したらしいです。仮面ライダーか。いやー見たことなかったですよわたし。あの100円玉は新円になってからずっとアレなんだと思ってた。50円玉はたしか磁石にくっつくニッケル気の多い大きいの(穴なし)があったらしいですよね、見たことあります。

   こういうの、新しいのが出てもまだまだ現役みたいで、当然使えるそうで。そういえばお札は夏目さんも伊藤さんもまだまだ使えますもんね。ビックリはされるかもだけどね。とくに回収とかはせず、日銀に返ってきた分から市中に戻らないで退役していくだけで、日本人は新しいものが好きだから(?)、自然と入れ替わって行くだけのことみたいです。

   それにしても。いろんなものをまだ持ってるひとがいるんだなあ。

|

« 女子中学生受験事情 | トップページ | 続・くるりんとしてみました »

コメント

 そんなこと言ってたら。今日は。この5000円札えらい黄色いなとじっくり見たら、それは新渡戸さんでした。ふんわり3つ折りになっていて、ほぼ新札。どこかに生きてるんだなあ。

投稿: まいね | 2011年11月25日 (金) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/53283662

この記事へのトラックバック一覧です: どっこい生きてる:

« 女子中学生受験事情 | トップページ | 続・くるりんとしてみました »