« ばあたあ | トップページ | インターネットってスゴイナア »

2011年11月 7日 (月)

大きな声では言えない話

   ゆとりとか、それ以前に、わたしどもが子供の頃から言われてた、戦前の子供の心を大切にしない教育は間違っている、個性を大切に、子供は褒めて育てようっていうやつ、わたしも心がけて、自分が親に全然認められずに育ってきた(と思っている)辛さから、褒めて褒めて褒めちぎって、立てて立てて育ててきたんですが。女の子だから、お兄ちゃんだから、そんなことで制限をつけないで、我慢しなさいとは絶対言わないで。

   それって、間違ってたんじゃないでしょうか。

   そんな、民主的でよく考えられた教育を受けて、自由に伸び伸び育っているはずの今の若いひとたちが、より個性を輝かせて、幸せいっぱいかというと、そうでもない。

   学校に行っている年頃のお子さんは、昔より自由に意見を言うことができて、お互い個性を認められているかというと、どっこい、報道なんかで見聞きするに、少しでも人と違うことが怖くてできない、輪からはずれることが怖くて、コミュニケーション・ツールに生活を支配されてる。甚だしい例では、お弁当を一緒に食べる相手がいないことが怖い、そういう自分であると知られるのが怖い、だから隠れて食べる、なんじゃそりゃ。
   ごはんぐらい独りで食べりゃ良いじゃないですか。
   自分を曲げて、ストレスに耐えながら笑顔を繕って生きる方が身体に悪いんじゃないの?
   おひとりさまなんて言葉が出現する前から独りでお勤め中のお昼を細々と食べてたわたしが言いますが(同期と一緒に食べるときもあった。まあ、ちょっとふて腐れてたときがあったりとか、みんな寿退社したとか、いろいろで)。
   誰もがあんたみたいに苛められ馴れしてないとか言われちゃうかもだけど。

   教育が柔軟になって子供の個性を尊重しているのなら、社会に不適応になって引きこもってる人間がこんなにたくさんいるのは一体どういうことなのよ?

   個性を尊重するという教育は、子供を幸せにしていないの? 引きこもった本人はそれで幸せと百歩譲るにしても、それは社会を豊かにしているの?

   努力は結局報われない、だったらやるだけ無駄だから、とこの期(中三の11月!)に及んでふて腐れたことを娘が言って、もう怒髪天を突き、言葉も出なくなって、ほとほと疲れて結局人のせいにしようかと思って書いていますよ、ああ情けない(自分が)。

   身体が弱いのだからと休み放題に休ませ、宿題が未提出でも見逃し、自堕落な生活を見逃してやった挙げ句がこれだ。自分が鬼母、教育ママと言われることがイヤで、親としての責任を果たしてこなかったからなんでしょうかねえ。嗚呼。

   やっぱり家庭が荒れると子供に出るのかなあ。

   イヤだ、疲れた、もうラクしたい。あんだけ頑張ったんだから、子供が独り立ちしてきたんだから自分のこともしたいのに。わたしの幼い頃から比べたら双方の祖父母に宝物のようにされていて、こちらが嫉妬を覚えるほどなのに、おかあさんはわたしを全然構わないとか言い出すなんて! どれだけ子供って欲しがりなんだ。

   

|

« ばあたあ | トップページ | インターネットってスゴイナア »

コメント

 その「努力は無駄」発言のほんの数分前、わたくしの書いている秘密の小説サイトの小説が、あんまり大河シリーズになってきて、時系列はばらばらに相前後する話を思いつくまま書き連ねて、もうエピソードを入れる隙間がない、と各話の前後関係を年表にして一覧にしている作業を見せながらやや苦労じまん的に言ったところが、虎美ったら、「やめれば? もう」って、眼をキラキラさせて、得意げに言い放ちやがりました。
 ハイキックをテンプルにかましてやりたくなりました(心の中だけ!)。
 ひとが年来の夢を叶えて、少しでも人様に楽しんで貰えることをしていると心の楽しみにも支えにもしていることを、簡単に、心を挫くことを目的に、それをさも楽しそうに言い放つことができる、そんな血を分けた我が子に、絶望。
 ……もう裏山に埋めた方が世間のためなんじゃないだろうか。

投稿: まいね | 2011年11月 7日 (月) 00時16分

親に叱られるばかりで褒められたことのない私から見ると,子を褒めることもあった方がよいと思えるんですけど,我慢させることは必要でしょう.大人になって世に出てみれば我慢すべきことがいっぱいあるのだから,我慢も適度に身につけておいた方が生きやすいのでは?

投稿: 三ねんせい | 2011年11月 8日 (火) 17時41分

>大人になって世に出てみれば我慢すべきことがいっぱいあるのだから,我慢も適度に身につけておいた方が生きやすいのでは?

 ねえ、本当に。あと、とばっちりを嫌うというか、連座制で叱られるのを嫌う。
「それあたしじゃないもん」って。世の中は理不尽なものなんだって。と、首尾一貫しない先輩達の指導のせいで主任さんに怒られたおかあさんはここで八つ当たり。

投稿: まいね | 2011年11月 9日 (水) 02時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/53181910

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな声では言えない話:

« ばあたあ | トップページ | インターネットってスゴイナア »