« Wa**** man | トップページ | ちょっとした記録 »

2011年10月 3日 (月)

中だるみ禁止

   

赤紙の夢をはじめて見ました。

   赤紙ってえのはね、れいの召集令状のことではありません。わたしが昔お勤めしていた某銀行系システム会社において、プログラムの異例取扱書のことでした。薄ピンクの複写用紙になっていて、自分の部署に保存しとく紙と、関係部署に送って保存して貰う紙が組になっていたのです。これにボールペンで必要事項を書き込んで、重要度に応じていろんな権限のある上司のオジサンたちに判子を貰ってコンピュータセンターに送ってプログラムを止めて貰ったり、本番用のお客様のデータの入ったデータ・ベースの中を見せて貰ったり、書き換えちゃったりするのです。別に白紙ってのもありました。これは、プログラムの登録依頼書。新しいプログラムを作ったとき、それをコンピュータ・センターに名前や使用開始日を連絡するための書類です。これは白い3枚綴りでした。肝腎のプログラム開発より、こういうのばっかり書いてたから、すっかり筆圧が高くなりましたねえ(複写紙って力を込めないと最後の一枚にまで字が写らない)。

   わたしはその赤紙係をやってました。

   ほら、まいちゃん使えないプログラマでしたから。急にトラブルが起きても、トラブル対応なんか恐ろしいことさせられない。ヘタにバグ取りさせたら逆に2つ3つバグ埋めたりするし(実話!)。でも、遊ばせておくとまた空気読まずに休憩室で隣の部署のコと1時間お茶してたりとかろくなコトしないし(小人閑居して不全を成すの図)。

   べつに字がきれいとかそう言うことはなかったのですが、とくに調査役(係長さん的な主任の上の役職)さんに声を掛けられて、担当業務に関わらず、トラブルの時にはそういう異例扱いを書く役をもらってました。その他の下っ端くんたちは、状況の板書係とか、いろいろ仕事があったみたいです。Yくんとか、同期でも有能なコはもちろん主にそのトラブルに対処する仕事貰ってました。適材適所で。ほっといて。あ、わたし電話掛けるのは好きだったかも。電話は顔が出ませんからね。電話口ならどれだけでもお育ちのイイ美人になれますよ。

   定型文で、「本番機立ち上げの許可願います」とか書くだけでしたので簡単でしたよ。そして、みそっかすでも小さな仕事を任されたというのでうれしくなって、このトラブルの時にはこのタイミングでこういう定型文の異例扱いが必要、この処理の時にはこういう言い回しになる、とパターンを掴んで、やめる頃にはマニュアルを作って残していけるくらいにはなってました。

   と、その懐かしい赤紙の夢を、今更。
   「○○さん! 赤紙これでいいですか?」って、いきなり呼びかけられて、懐かしいピンクの紙を渡されて。書式はおぼろな視界の中でさだかに見えてませんでしたが。
   「採番! なんでここに番号ないの?」
   赤紙の右肩には、発行する部署の名前とそこでの通し番号を入れる約束になってました。分類のためですね。赤紙を綴じ込むファイルの開いたところには、何番:何月何日、誰が書いたとその番号と異例扱い内容を書いた「採番簿」が付いていたと思います。それくらい大切……。
   「え?」
   狼狽えるのはなんと今の職場で新しく入ったアルバイト嬢でした。色白で、なかなかの美人さんです。なんでまた。
   「なんでこんな採番がぐっちゃぐちゃなの!? 課長はどうして確認しないで判をついたわけ? 信じられない!」と、思わず食ってかかっていて。
   何を偉そうに、使えないコのくせに自分の持ち場だけムキになって……と思ったら目が覚めました。

   なんでまた今更。
   そういえば、そのアルバイト嬢と前の日ちょっと私語して先輩ぶって少し教えてあげることがあったのでした。それで懐かしくなって大昔の夢を見たのかも知れません。
   それにしても、もう、今の職場を自分の大切な職場と思うようになったんですね。そして、少しでも先輩面できて嬉しかったんだ。

   こういうときが危ないんだよなあ。気を引き締めていこう。 

|

« Wa**** man | トップページ | ちょっとした記録 »

コメント

 理不尽と夢にも呟きたると聞く
  我が身はいかなる過去に迷ひぬ 舞音

 仕事やめて当時はこんな夢だったみたいです。どんな夢だったかは当時思い出せませんでしたが。やっぱ過去って美化されるのね。

投稿: まいね | 2011年10月 3日 (月) 00時44分

 そして元気いっぱい出て行ったお仕事で、
「本日リリーカード会員様ポイント5倍デーですッ!」とやってしまって、
「違う、2倍!」と全員から突っ込まれてしまったのでした。 
 もっと精進します。

投稿: まいね | 2011年10月 4日 (火) 18時05分

 やってしまいましたよ。
 お客様にちょっとしたお節介をして、それが余計なお世話で、でもいいよって笑って許していただいて、リュックに入れたお荷物を背に負うところまでお手伝いして、どうぞまたお越しくださいと笑って見送って、振り返ったらお会計が済んでなかったです。
 1760円の損金。
 店長にみっちり怒られました。
 もう死んじゃいたい。

投稿: まいね | 2011年10月 9日 (日) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/52894705

この記事へのトラックバック一覧です: 中だるみ禁止:

« Wa**** man | トップページ | ちょっとした記録 »