« 「日本人なら知っておきたい日本文学」 ― 寄らば大樹 ― | トップページ | 日記の効能 »

2011年9月10日 (土)

A deep river 

   それは漫画読みの間では昔から繰り返されてきた論争かも知れませんが。

   つい最近見たのは「夏目友人帳」についてファンが語り合う場で。
   いろいろ登場する個性豊かな妖怪(作中では妖-あやかし-)たちですが、それぞれの強さはどのくらいで誰が一番強いのかをちょっと考えてみようと言い出すひとがいて。
   まあ、ある程度は作中の描写から、ニャンコ先生こと斑はとても強いらしいとか、強さで言うなら三篠だとか、ちょび(ちょびひげを生やしているとの記述から。でもあれはドジョウ髭だろうよとわたしは声を大にして言いたい)は常々斑より強いと自称しているとか。
   ある程度でたあたりで、誰かが言い出します。
   「また物語での『最強』にこだわる奴が出た。これはそういう少年漫画じゃあないんだよ」云々。
   まあ確かに原作はそういう妖とのふれあいを通じて成長してゆく少年を描く話で、掲載誌は少女誌ですが(間違ってないよね?)。

   少年漫画といえばバトル(格闘)ものという感覚があります。

   「聖闘士星矢」や「ドラゴンボール」までいかなくっても、「あしたのジョー」や、「男一匹ガキ大将」? 大昔から、殴り合って誰が一番強いのか、主人公が登りつめていく話が多いでしょうか。そして、ゲームを反映してか、最近はその登場人物の強さも、各方面での強さを細かく設定してランク付けし、(読者へのおまけ豆知識として巻末に記す程度ではなく)物語の中でもそれを参考にしたり戦いの中で活かしているような描写もあるような。

   お話というのはそれ一辺倒じゃなくて、他者との関係はどちらが強い、弱いだけではないのだということが解らななってしまうようでは困るのですけれど。そして、直接闘ってぶちのめすことだけが、味方ではない人間とのつきあい方、自分の行動を邪魔させない手だてではないんだけどなあ。

   その辺は、「影武者徳川家康」を隆慶一郎からもらっておきながら、ただの暗殺者とのバトルものに堕してしまった週刊少年ジャンプへの絶望がありますので、わたくしは少年漫画のバトルものに対して点が辛いです。あれは知力と体力を振り絞ったサヴァイヴァルであったのに、ただ局面における個人の戦闘能力を描くだけになってしまって、その震えるようなスリルを全く描き出せていなかったのはもう隆氏の墓前に出向いて土下座して謝れ!!! レヴェルだと思うんですけど。それを受け止めるだけの読解力がジャンプ読者になかったんだから、しょうがないよなあ。まあ、対象年齢を考えるとヤングジャンプぐらいでやるべきだったかもですけどね。

   別マや花とゆめを読んで育ったわたくしとしては、少女漫画の方がよっぽどいろんなジャンルの作品があって面白かったと思ってます。歴史物、スパイアクション、サスペンス、SF。絵もキレイだし、登場人物の内面の描写がとても深かったように覚えているし。哲学的内容のものもあったし。

   さりながら、少女漫画から少年誌、青年誌に河岸を変えた女性漫画家もかなりいらして、皆さん口を揃えて、「恋愛を絡めて描かなくてはならない縛りが辛かった」と仰る。その、「夏目友人帳」の緑川ゆきさんもそう仰っていたというので、ちょっと哀しくなります。いやそうかな、恋愛絡んでない名作もあると思うけど、ほら、「動物のお医者さん」とか。菱沼さんが出たときにはああ、とうとうヒロイン登場か、このひとがハムテルと恋に落ちるのかなと思ったものですが、全然! 違いましたしね。

   そう、最強論争が一段落すると、今度は「夏目とタキは恋に落ちるのだろうか」云々と言い出すひとがいて、「委員長だろう」とか、「それより第?回に出た妖の○○ちゃんが」などとまた場が荒れるんだなあ。

   そして、作者はそういう恋愛を絡めた話を描くのが苦痛だったと言っておられるのだからそういう見方をしてはいけないと言う人が出るんですよ。

   そういう、少年向けだから格闘要素をとか、少女向けだから恋愛要素をとか、そういうのから自由になって描きたい話を描きたいように描いてもらいたいもので、読者は乙女だろうがお兄さんだろうが、自由に楽しめばいいと思うんですけど。

   それにしても、男と女の間にはやっぱり深くて暗い川があるのね。

|

« 「日本人なら知っておきたい日本文学」 ― 寄らば大樹 ― | トップページ | 日記の効能 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/52692635

この記事へのトラックバック一覧です: A deep river :

« 「日本人なら知っておきたい日本文学」 ― 寄らば大樹 ― | トップページ | 日記の効能 »