« 冷静に、冷静に | トップページ | 本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン »

2011年9月17日 (土)

新しい整形外科に行ってみよう

   突き指した虎美ですが。

   電話があったのは水曜の午後。今日はお花のお稽古もあるってのに、と、金策をしながら待ったのに、中学の部活生活を締める文化祭をひと月後に控えてまだ配役が決まってないダメダメなゴルドベルク中演劇部は顧問の矢部先生(仮名)に
   「今日は職員会議で立ち会えないからさっさと帰って」と言われたにもかかわらずずるずると最終下校時間まで小田原評定をやっておって、さらにつばさちゃんちで盛り上がって、帰ってきたのは6時……。
   「どうするんだ!? もう医者は閉まったぞ!」
   「……明日行く」
   その時はそれで引き下がって、是非いらっしゃいと言われたお花の方にそれから慌てて出かけたのですが。

   この辺のお医者さんって木曜定休なのよね。

   はたと気がついて、深夜ってゆーかもう未明いや明け方、グーグルマップでノイエ・リリエンベルク付近の整形外科を探しましたよ。

   果たしてゴルドベルク中指定医の「ゴルドベルク整形」は木曜休診、あとは、駅前にひとつ、そこまで下りる前に、最近ノイエ・リリエンベルガー・ゲビートとかいって、5年前からお山を崩して開発してた辺りがちょうど工事が落ち着いて、お医者さんの集まったビルが建ってたなと。その中に、ありました、「ノイエ・リリエンベルガー・グリューネバウム整形外科」。一度あのお医者ビル行ってみたかったことだし、「キミに決めた!」とおかあさんはキメポーズをパソコンの前で決めてから就寝。

   おかあさんその日も仕事だから、早く出て午前中の間に行っておきたかったんだけど、虎美起きて来なくてさ。

   待たされるなら文庫本欲しい、あ、MP3持ってかないとという虎美をせき立ててバスに乗って、その「ワルト・メディツィニッシェ ビル」に着いたのは10時過ぎ、「ノイエ・リリエンベルガー・グリューネバウム整形外科」の中は足腰の具合のよくないお年寄りで立錐の余地もなかったのでした。まあふつうそうよね。

   まあ、錐どころか、奥の方に、寄りかかるクッションを巻いたバーのようなものがあったので、そこに寄っかかって初診アンケートを記入しましたけどね。ちょうど利き手の親指で、字が書けないという虎美の代わりにおかあさん書きましたが、
   「あ、ジャンプある!」と、嬉々として本棚から今週のジャンプを抜き出して読み始めた虎美! そんな重い本を支えられるんなら重篤な症状じゃないですね!?

   本棚は、足腰の良くない方向けの特集記事のある雑誌やら、ムックにはじまり、おかあさん向けの料理の雑誌とか、ジャンプが最新3号まで、あとは名探偵コナンの単行本が20冊ほど、小学生向けの野球の指南書など。幅広い客層を想定している模様。総合週刊誌とかはなかったかな、おかあさんはノイエ・リリエンベルク周辺のグルメ本があったので手に取りましたよ。
   意外や、順番はすぐに回ってきました。そうえいば、お集まりのお年寄りは、巧く動かないところをリハビリやらトレーニングやらに来ているので、診察自体はしないのかも。

   スライド式のドア(こっちの方がバリアフリー!)を開けられて招き入れられた診察室では、中年の優しげな医師が丁寧に話を聞いてくれました。

   レントゲンを撮って、またすぐに呼び出されて、とくに骨や筋に異常はない、ただの突き指である旨説明を受けました。
   「その他に痛いところは?」
   「手首から肘にかけてがしびれるって言うかじんじんするんです」
   「このへん?」
   「そうです」
   「ああ、これは筋肉痛

   ……おかあさん穴があったら入りたい。虎美に言わせると、
   「そういえば体育実技は3ヶ月ぶり」って。どんだけ身体なまっとるんや。

   まあそういうわけで、無罪放免、湿布薬の処方を受けて医院を出ます。エレヴェーターホールをまっすぐ行った右にトイレがあるので、そこで、結ばないで出てきちゃった髪を登校用に結びます。
   「ううむ、わたしは髪が多いので中学生時代は親に狸の尻尾と呼ばれていたものだが」
   「おばあちゃんそういってたね」
   「おまえもこれでなかなか見事なたぬテイル

   それから、同じ建物内の薬局で処方された湿布薬を手に入れます。近所のでも良かったんですが、先生レントゲン撮るために外した湿布薬、貼り直してくれなくて(ケチ)、これは買った奴を保健室ででも貼り直さないと、固定とか薬効成分の吸収とかできないでしょう! これからせめて4,5,6時間めは学校に行ってもらわないといけないのに。

   広くてきれいな薬局の奥の椅子に落ち着いて、貰った湿布薬を虎美に貼ってやりました。奥にはお茶のディスペンサーがあって、コーヒー紅茶緑茶ホットでもアイスでも飲み放題! いいのかこれで!? モダンなディスペンサーもさることながら、プラスティックカップを受け台に乗せて、それに飲み物を注ぐというのが理解できてなくて、カップ受けだけをセットしてダダ漏れになってしまってもうおかあさん……若かったら二度とあの薬局出入りできなかったところだな。もうオバサンだからあらあら恥ずかしいわでスルーしちゃうけど(スルーするな)。
   ……というようなことをやってもまだ11時になってませんでした!

   「良かったな、もう学校に行けるぞ」

   慌てて、虎美、通学バッグの中からお財布やら携帯音楽再生機器やら文庫本やらを出してわたしのカバンに突っ込んで。
   「ねえ、駅まで行って、そこから学校に行くバスに乗ってもいい?」

   木曜も暑かったですからねえ。

   「許す。母も買い物を少々」
   2人仲良く駅まで歩いて(バス停2つ半程度。上り坂なのがちょっとキツイ)、駅のバスターミナルでベンチに座ってバスを待ちながら「歴史用語限定しりとり」なんてやってました。
   「名誉革命」
   「井伊直弼」
   「ケツァルコアトル」
   「ルイ16世」
   「また『い』か……板垣退助」
   「『け』?」

   なんてやっているうちにバスが来たので、虎美をバスに乗せて、手を振ってお別れ、母はすぐさま近くのミロードに飛び込んで「図書館戦争」の8巻を手に入れました。

   ちゃんと、「今学校行きのバスに乗せましたぁ」と学校に連絡も入れましたよ。まあ、なんて有意義な午前中だったんでしょう! おかあさん仕事直行する積りだったけど、おうちに帰って洗濯物干して出られるわ!

   って、ご機嫌だったんですけど、疲れて疲れて、その日はもう何にもしないで寝ちゃいました。やっぱり朝活動するにはそれなりの睡眠時間を取っておかないとダメね。

   それにしても、仙台にいた頃からお医者さんばかり入ったビル(メディカル・モールというそうです)はありましたけど、最近よく見かけますね。やっぱり開業医もまとまってたほうがなにかと有利なのかしら。

   患者にはもうまとまっててくれる方がいいです、ハシゴするにも、新たに急にかかるにも。「あそこに行けば何とかなる」というのは。
   医療系のお品物を納入する業者さんは楽ですよね。そりゃまとまってたほうが。
   お医者さん専用ビルってことで、電力とか、上水道とかも、集中してそれ仕様に作ってあった方が助かりますか? 門外漢だけど。
   最近は、医薬分業になっちゃったので、ちいさな町の内科さんでも、「お薬はちょっと先の薬局でお願いします」ってことになっちゃってるので、そういうお医者ビルに薬局が併設されてるとこちらも助かりますし(お天気の悪いとことかさー冬とか)、薬局さんのほうでも効率が良くていいんじゃないですかね。
   薬局の他には、その「ワルト・メディツィニッシェ ビル」だと、ローソン、美容院、カツラのお店とお花屋さんが入っているようでした。うん、あると便利。

   お医者さんとしては、整形外科の他に、歯科と内科、耳鼻咽喉科が入っている模様。あと、近くの聖アンヌマリー医科大学の研究所もはいっているとかで、なかなかしっかりした医療施設のようです。

   ぜひ一度お試しをと書こうとしたんですが、昨日仕事中に耳をすませていると、お客様と古参の大お姉様が怪我をしていろいろお医者にかかった云々と立ち話……。
   「グリューネバウム? あそこは、だって先生がなんだかはっきりしないんだもん」
   嗚呼、最新医療機器もモダンなメディカル・モールもそれはフォローしきれないのでした。

   筋肉痛突き指の虎美は元気に学校に行って帰ってきました。合唱コンクールは惜しくも銀賞だったみたいです。

|

« 冷静に、冷静に | トップページ | 本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/52753271

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい整形外科に行ってみよう:

« 冷静に、冷静に | トップページ | 本日のガッデス・オヴ・アンフォーチュン »