« お暑い中ご苦労さんです | トップページ | さらば夏将軍 »

2011年8月30日 (火)

そろそろ本格的に始めましょうか

   赤毛なればよ 地味目に白髪染めけるが
    真黒になりて家人あやしむ                 舞音

   今まではヘアマニキュアで対応していたのですが、さすがにもう10センチばかりも白髪の部分が出てきて、生え際だけの部分染めだけで対応できなくなったので本格的に白髪染めをいたしました。
   植物由来の染料がどうとかと美容師さんが必死で薦めてくれたので、まあ期待しないでお願いしたんですが。職場が結構厳しいところなので、あまり茶色にならないよう、ダークブラウンでお願いしたらば。

   ……わたしもともと色素が薄いみたいで、髪は結構赤いんでした。

   施術してもらってる最中から、これはかなり黒に近い色だったなと思ってたんですが、ほんとにほぼ真っ黒に染まっちゃって……我ながら違和感が。
   子供達も、
   「おかあさんじゃないみたい。黒すぎて変!」
   いや、今となってはもとの色がどんなだったか覚えてないんですが。ヘアマニキュアだと白髪の部分は明るくなっちゃうんで、最近生え際は相当茶色い人になっていて。染めきれない部分の白と明るい金茶と地の茶色が混ざってなんともむちゃくちゃな状態、さすがにこれは見苦しいぞと思っていたのですが、ここまで黒いとまたなんだか変……。

   元の色はもうどうでもいいけど、あんまり黄色みの強い茶というのも軽い感じがして好きじゃなくて。マルーンというかチョコレートというか、深みのある赤系の茶がいいなと……これから(職場の主任さんに相談しつつ?)いろんな色を試したりすることになるんでしょうか。白髪染めって悩ましいものだったんですね。

   「前があんなに白くなっていたと言うことは、、もしかしてうなじなんかも真っ白だった訳か?」と今更に娘に尋ねてみますと、
   「当然」
   「言えよ!」
   頭隠して尻隠さずを地でいってたわけですね。嗚呼!

|

« お暑い中ご苦労さんです | トップページ | さらば夏将軍 »

コメント

 こないだ相当お客さんがいなくてヒマで、社員さん達もレジを離れていたときに、アルバイト嬢たちに聞いてみました。
「お姉ちゃんは結構茶髪にしちゃってるけどその色までは社員さんになんとも言われないわけ?」
 ああ、れいの豹太の野球部のお友達のお姉ちゃんで、姉弟してアルバイトに来てる子です。
「ええ? 全然」
「おばちゃん白髪もできれば染めてくださいっていわれてお給料もらって染めに行ったけどさ、地味に地味にって言ったら真っ黒になっちゃって、あたし天(然)茶(髪)だから違和感あってさ。そのくらい茶色くても良いんだ? もっと明るくしようかな」
「いえ、全然違和感ないですから」
 ……知らないオバサンの髪が赤かろうが黒かろうが、若いお嬢さんにはどうでもいいらしいです。
 振り返って、隣にいた新人のバイト嬢と、
「あたしもともと真っ黒だよー。
 それより矢島さんそれって縮毛矯正かけてるでしょう?」
「あたしも、もうバリバリー。雨の日なんか髪が決まんなくてユウウツー!」と若いお嬢さんらしいトークを始めてしまいました。おばちゃんも混ざりたかったよう。

投稿: まいね | 2011年9月13日 (火) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/52607715

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ本格的に始めましょうか:

« お暑い中ご苦労さんです | トップページ | さらば夏将軍 »