« 本日の一発ネタ  | トップページ | ウルトラヴァイオレット許すまじ! »

2011年7月15日 (金)

思わぬ所から

   仕事に疲れて、小説の方は、アイディアは出てくるものの、字にしているヒマがないおかあさんです。ネットの海をたゆたうものの、ただきれいな絵、気の利いたショートコミックを見て心慰めるだけの日々……。いやおかあさん最近更新頻度高いって。

   そういうひとの集まりのサイトに行って、好きな作品をテーマにした絵で検索していると、面白い作品を引っかけて。こういうのは、今時は気軽に「面白い!」とか、「上手な絵ですね!」と感想を気軽に言うことが出来るようになってます。本名で名乗りを上げるのはちょっと危険だし、相手も重く受け止めますので、そこはそれ、無記名で。もちろん、ネット上のハンドルネームで行うこともできます。
   わりと気軽に「そこは盲点だった!」とか、「なにこれ可愛い!」とコメントをつけてくる性格で、その線で少し顔見知り程度(顔は知らない、ええと、ハンドル見知り?)のお友達も出来たりして。
   そういうところから、今度は、「今度夜にこの作品の萌えについて語り合いませんか!?」という掲示が出ていたりすると、参加して濃い話でもりあがったりするわけです。今はアマチュア漫画家さん多いですから、字でやりとりするより、絵でやっちゃう。たとえばこんなに暑い日は、あの作品の皆さんはあんな服では暑いでしょう云々と、ビシッと決めてるイケメンが汗かいてだらだらしてる絵から始まって、辛辣だったり萌えもえだったりする美麗イラストが目の前で描かれていって、感心したり、笑い狂ったりして楽しい時間を過ごせたりするのですが。絵心のある高校生達が、自習時間にうるさくしないようノートの端っこで悪戯がきを応酬してたみたいなのを、ネット上でやるわけ。ほんと、科学技術の進歩ってスゴイナア。

   そこまで行かなくても、こないだ気の利いた絵が公開されていて、「これは凄いな」とこっちも記名でコメントをつけて、返事が返ってきてるかなとまた見に行ったら、自分を無名の1ファンじゃなくて、「まいね」というハンドルの人間とちゃんとわかっていて、
   「まいねさん○○のシリーズまた書いてください」って。

   これは思わぬところから。

   ちゃんと、「舞音秘密」のまいねだと解ってて、あそこに置いてあるしょうもないはなしの中で、いちばんしょうもないというかエロティックなシリーズを読んどいてリクエストですかい。……恥ずかしいけど嬉しい。
   でもそういうのは、こっちも感想用のフォームを置いてるのでそこから言ってくださいよ、最近反応ないなと思ってへこんでるのに。とくにそのシリーズは、エロティックな話だったせいか無反応で、おもいっきり後悔してたのに。
   まあ、反応があっただけましか。

   枇杷の実に撓う小枝の塀を越え
      思わぬ陰に雨宿りする      舞音

   他のシーズンではここに枝はなくって、ここんちのこのポイントでは雨宿りできなかったんですけど、丁度実がなっていて、さすがに今時ひとんちの生り物を取る奴もいなくって、たわわな枝が塀からこっちにしなだれて来ちゃってて、なんとか雨宿りできたんです、てな歌なんですが、わかんねーよそれって、補作されちゃって。いやたぶん、じっさい雨宿りはしてないと思う。あら、こんなに枝が伸びて……って思っただけだったかと。

   枇杷の実に撓う小枝の塀を越え
      思わぬ陰あり 雨宿りする

   掲載されたときにはこんな感じにされてました。なににって大塚女子大学同窓会報。ちょっとしたラッキー、喜びも、ひとに伝えて理解していただくのは大変

|

« 本日の一発ネタ  | トップページ | ウルトラヴァイオレット許すまじ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/52212672

この記事へのトラックバック一覧です: 思わぬ所から:

« 本日の一発ネタ  | トップページ | ウルトラヴァイオレット許すまじ! »