« 「王子と魔女と姫君と」 ― 時空を越えるは黄金の心 ― | トップページ | しょっぱい修学旅行 »

2011年6月11日 (土)

命の恩人の有効期限?

   ちょっとそこで引っかけた話。→http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-704.html

   その昔、日本がバリバリに唐や新羅と外交していた奈良朝のこと。大化元年、新羅の賊が西海を脅かしたと言って、ナントカ親王が先陣切って出て行ったと思し召せ。丹後あたりから船を出しての海戦でございます。ところが敵も然る者、なかなか成敗されてくれない。危うし親王様! とその時、親王様の守り神正一位十二侯粟鹿大明神(すいませんこのカミサマわたくし存じ上げません)が顕現され、海神皆々勢い立ちアワビに姿を変えて新羅の賊に襲いかかったとか。これで親王の軍も勢いを吹き返して攻め立て、なんとか賊を打ち破ったのだとか。
   戦い果てて親王の御座船に残ったアワビはご神体となり、親王の子孫日下部一族は以後アワビを食べることを忌むことになったとか。めでたしめでたし。

   時は流れ、昭和において北陸は朝倉氏の一乗谷館の発掘調査が行われることになって。戦国とか江戸時代のお屋敷の発掘って、たいしたもの出ないんじゃ、お手討ちになったお女中の亡骸ぐらい? いや、結構お台所のゴミなんかが何食べてたか解って面白いらしいです。その16世紀の貝塚を分析してみたらば、海の近いところで、イルカからサメからタイにフグに、魚だけじゃなく鹿に狸に鶏に……なかなか動物性タンパク質摂ってたらしかったです。貝殻も結構出たらしいですが(蟹は出なかったの?)、

   ……アワビだけはほんの2枚しかなかったそうです。

   朝倉さんちって、その日下部一族の傍流だったんだって。
   900年の後までご先祖の命の恩人(神)に報いるか。凄いな。

   ……と思ったんですが。逆に2回は助けてくれなかったと思うと微妙ですね。アワビも、これだけ誠を示してくれたんやから、もう一回救ったれやと。そう思うと、アワビは大根以下か? ほら、徒然草で、大根を毎日2本食べてた長者がピンチの時に大根のスピリットが助けてくれたって言う。あれは、逆に食べられてたのに助けてくれたのよ? あ、でも1回だけか。なんか悩ましいですね。とりあえず、命の恩人の賞味期限は900年と。いや賞味期限ちゃう。有効期限?

   ……いや、もしかして禁を犯して喰っちゃったから滅んだの!?

|

« 「王子と魔女と姫君と」 ― 時空を越えるは黄金の心 ― | トップページ | しょっぱい修学旅行 »

コメント

 ……アワビは干しアワビで流通するのが普通だったからだろと当該サイトでれーせーな突っ込みがありました。ナルホドね。
 攻めてはアワビ手裏剣として敵を襲い、守っては穴の空いたところにへばりついて浸水を塞ぎ、とアワビ様万能だったようです。

投稿: まいね | 2011年6月11日 (土) 11時21分

900年とは!実は,母の先祖が朝倉義景の家老で,織田に追われ逃げ延びて百姓にかくまわれたとか伝えられてるのだけれど,アワビの話を母から聞いたことなかったです.

投稿: 三ねんせい | 2011年6月11日 (土) 20時19分

 おや、お久し振りです、三ねんせいさん。うーむ、となるとやっぱり話は途切れて普通に干しアワビ食べてた説が有力? 御家老にまでは内緒でほんとうちうちの不文律だった説は?

投稿: まいね | 2011年6月13日 (月) 03時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/51912425

この記事へのトラックバック一覧です: 命の恩人の有効期限?:

« 「王子と魔女と姫君と」 ― 時空を越えるは黄金の心 ― | トップページ | しょっぱい修学旅行 »