« 「狼陛下の花嫁」 ― これは「ジャンル」です ― | トップページ | 「王子と魔女と姫君と」 ― 時空を越えるは黄金の心 ― »

2011年6月 6日 (月)

溺れゆく虎

   虎美ちゃんこの度の試験は最後の追い込みをする積りが爆睡してしまってしょっぱい結果だったようです。

   「ナツメソーセキのソーの時がどうしても思い出せなかったから夏目キンノスケって書いちゃった!
   おまえそういう小細工をどこで覚えてくるんだ。
   「ドラえもんズで本人に会いに行く話があったの~」ああそうですか。
   「瀬石」と書くくらいなら「金之助」の方がましだろうか、いやそれでも作家としては漱石じゃないとまずいだろう……
   「瀬戸内海の瀬の頁(おおがい)のかわりに欠(あくび)」
   「うんそうなんだけどねー」

   その答案本日返ってきて、
   「たとえ金之助と正しく書けてても、国語の時間はペンネームを答えて欲しいので×! って」
   「スケの字を間違えたんだな?」
   「芥川龍之介の介書いちゃった」
   「問題外だ」

   藁をも掴むって、ダメだったんじゃん。虎ちゃんどんどん溺れて行ってますよーみんな頑張ってるんだからいつもと同じペースじゃ置いてかれるのよー!

   ああほんとに、桜咲け(来年3月の話)。

|

« 「狼陛下の花嫁」 ― これは「ジャンル」です ― | トップページ | 「王子と魔女と姫君と」 ― 時空を越えるは黄金の心 ― »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/51874724

この記事へのトラックバック一覧です: 溺れゆく虎:

« 「狼陛下の花嫁」 ― これは「ジャンル」です ― | トップページ | 「王子と魔女と姫君と」 ― 時空を越えるは黄金の心 ― »