« 「マドンナ・ヴェルデ」 ― 産めば親子 ― | トップページ | やばい! »

2011年6月 1日 (水)

せめて烽火を

   時々見に行っているサイトさんがありまして。
   あんまり趣味は合わないんだけど、ネタの切れが良いので、月に一度か、それ以上、ああ、そういえば更新あるかな? って。
   作品に対して感想をコメントしたりしないし、「お気に入り」に登録してもいない、ましてや自分の所からリンクを張ったりするほどじゃないんだけど、たまには見に行きたい、その漫画の総合検索を呼び出して、そこから検索をいちいち掛けているんですけど(そこまでするならお気に入りに入れろ!)、なんというか、お色気系というわけでもないけどお気に入りにいれることに抵抗がある(そう言ったら失礼じゃないか?)。

   まあそういうサイトがあって。

   震災以来更新がないんです。

   震災というか、年度末だったので、2月の末ぐらいからずっと動きがなくてもこっちもいろいろ忙しかったので更新なしというところだけ見たら去っていて。
   気がついたらもう6月じゃないですか。

   これはやっぱり、被災されたのかなと。

   あんまり日頃から個人の情報は出していなくて。これが関西在住とか、もっと地方で、「上京してこんどのイヴェントに行くのが楽しみです」とかいつも書いておられたら、ああ、被災地にはいらっしゃらない、だからプライヴェイトがお忙しくて、または、べつに興味が移って更新がないのねとも思えますが。
   やっぱり、今年の2月末から音信不通って、震災関連考えちゃいますよね。
   はっきりお亡くなりになったとまでは行かなくても、そういう余裕のない生活になってしまったんだろうなと。

   コメントで、「今回のお話は面白かったです!」とか、「いつもきれいな絵できゃーきゃー言わせて貰ってます!」とかいうやりとりしてたわけではないんですが、それでもネットを繋げばいつでもその先に存在を感じられた人が音信不通となると背中が薄ひんやりとしますね。

   日航機墜落事故の時もありました。あとで雑誌の特集かなにかで知ったのですが、とある雑誌の常連投稿者で、特異な画風で知られたアマチュアのイラストレイターさんを、夏休みだからとその雑誌の編集部がお誘いして(たぶん読者参加企画のようなもの。その雑誌はそういうカリスマ読者を創り上げるような雰囲気があった)上京、というようなことがあったそうな。そして、帰りの交通手段があの日航機123便だったと。ご家族にとっては最大の余計なお世話だったわけですが、あとで当該誌でそれを知ったときにはもう言葉もなくて。あの天才的な繊細な絵にはもう逢えないと。いろいろ他に余人を持って換えがたい人が乗っていたし、著名人じゃなくても近親者にはかけがえのない人だったわけですが。

   今はいろんな、自分を発信する手段がありますから、イラストだけじゃなくても、あなたを知るひとはあなたが思うより多いわけです。いまここをご覧の方で、この3月以降忙しくってちょっとおやすみ中だわという方、ネットに限らず、ラジオの投稿でも、新聞の投句欄でも。ちょっと烽火だけでも上げてみてください。元気だけど、これこれこうで、と言い訳でも。もしかして、あなたを案じておられる方は、意外なところにいるかも知れません。

|

« 「マドンナ・ヴェルデ」 ― 産めば親子 ― | トップページ | やばい! »

コメント

ダメ元でまた見に行ったら更新ありました! よかった! よくよく見直したら3月に引っ越しを控えてるって書いてありました。なあんだ。よかった、ホントに……。ご覧のみなさまにも、トチ狂っちゃってお目汚しでした。

投稿: まいね | 2011年6月15日 (水) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/51822266

この記事へのトラックバック一覧です: せめて烽火を:

« 「マドンナ・ヴェルデ」 ― 産めば親子 ― | トップページ | やばい! »