« 見習い歴女京に上る | トップページ | 第3の男頑張る »

2011年5月 8日 (日)

どんどんあとで出てくる震災の影響

   仙台にいた頃住んでいたお山の情報を発信するサイトを見つけて、最近ちょくちょく覗きに行っています。シシオチ旅館崩落の話とか、詳しい話のネタ元はここだったりもします。
   そこで拾った話だと、仙台のY山近辺の学校では春の吹奏楽部の演奏会などが予定されていたところが、震災のせいで会場の手配ができず、中止の憂き目にあったとか。
   あの辺は内陸部で、ガスが通ったのが4月下旬とは聞くけど、とりあえずの生命や財産、住むところは確保できていたようなので、ひと心地着いたら常の生活に戻りたい、3月11日までの日常生活で、目標にしていたものはできれば成し遂げたい、気持ちは解ります。でも歌舞音曲は生活の潤いで、積極的に不可欠なもんじゃないですもんね。今命を脅かされてるひともまだいる状態では、是非演奏会をさせてくれとは言い出しにくいでしょう。自分たちのためにホールを、体育館を空けてくれとは言えないでしょう。
   でも、やっぱり可哀相だよね。

   Y山に昔からある遊園地が、野外ステージを利用して、近隣のそういう吹奏楽部、チアリーディング部の合同発表会を開いてくれたそうです。中学、高校合わせて5校ほど集まったとか。練習の成果を披露できて良かったですね。開催にいろいろ骨折ってくれた方々、ありがとうございました。
   残念ながら参加できなかった生徒もいたとか。
   しょうがない。きっとお空の上で自分のパートを受け持っていたでしょう。

   こちら川崎でも、わりに新しい(築5年位じゃなかったかしら)とってもすてきなコンサートホールの天井板がおちたとかで、しばらくコンサートができないとか言ってましたし。どんな安普請なんじゃと突っ込んでしまいましたが。リハーサル中だったとかで、お客さんや演奏者にお怪我がなくて何より。

   アマチュアに限らずプロも演奏家は全国的にしばらくはたいへんみたいです。
   必ずしもチャリティでなくて良いから、日々の努力の結果を披露する場をなくさないであげてください。

   わたし、昭和最後の年度の卒業生で。あの頃は自粛ムードで世の中暗かったです。とくに、ご病状が悪化された秋から暮れかけては、予定されている演奏会を、やっちゃいけないんじゃないか、いけないどころか、ほんとにできなくなるんじゃないか、曲目がちょっと不吉なので、ご気分を害されるのではないか、不敬に当たるのではないか、いろいろ考えて、ほんと消耗しました。
   なんにも悪いことをしていないのに、晴れの発表の場を奪われるのはかわいそう。心の、生活のゆとりあっての芸術ではあるのだけれど、部活動となると、教育活動の一環でもありますから。とくに、部活動ということで、学校を卒業してしまうと演奏から離れてしまう生徒も多く、これが人生で最後の演奏機会かもしれないんですから。
   できればおめこぼしを。ご配慮を。

|

« 見習い歴女京に上る | トップページ | 第3の男頑張る »

コメント

 青葉城址の壊れた石垣の補修に来てた西日本の方が、鹿を見たとか。あの青葉城の、伊達政宗騎馬像のわきっちょに、鹿。
「この辺では普通なのかと思って」って、いや、普通じゃないから。
 いろいろ崩れちゃったのね、仙台も。

投稿: まいね | 2011年5月10日 (火) 16時51分

 今日の読売の朝刊で言ってた! ミューザかわさきの天井崩落、全治2年って! ど ん な 安 普 請 だったんだ! 3億円かけたパイプオルガンもメンテが必要って! 日本で一番地震で揺れた実績の少ない金沢(こう言って早乙女おかあさんがUターンをほのめかした)で建てたんならまだしも! これは査察入れるべきでしょッ!

投稿: まいね | 2011年5月14日 (土) 14時57分

 れいの崩壊したM山のシシオチ旅館さん廃業だって。
 おうちへ帰る途中のバスの車窓からいつも見ていたのでなんだか寂しい気持ちです。
 虎美や豹太にとっては心のふるさとになってる仙台南西部のあのお山たちは、これからもどんどん姿を変えていくのでしょうか。ある程度開発が落ち着いて、もう変わりようがないと思ってただけにちょっとショックです。
 まだ思い描けます。
 シシオチ坂をごんごんアクセルふかして登り切るとM山、長徳寺さんのところがM山入り口(バス停でのこういう名前は入口があって出口がない、Y山も同じ)。右に折れてバスも待ち合わせをしないと対面交通できない一番の難所がM山高校前、ここのお寿司屋さんがうちの近所に移っていたとはこの震災で必死にかき集めたY山のローカル情報サイトで知った。お城の麓に集められた住宅地を見下ろしながら更に上ると緑町、上がって香澄町、道沿いに並木の続く松波町。東北放送前は桜の名所で。そこからまたつづら折りで右手に遊園地、上がりきると動物園。
 
   昔を今になすよしもがな。

投稿: まいね | 2011年5月31日 (火) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/51610059

この記事へのトラックバック一覧です: どんどんあとで出てくる震災の影響:

« 見習い歴女京に上る | トップページ | 第3の男頑張る »