« 桜といったら俊成でしょおッ! | トップページ | ヴァンパイアが突然…… »

2011年4月11日 (月)

ポーランド人男性のお値段

   余震おさまりませんねえ。
   それがまた、マグニチュードが7とか、最大震度が5とか6とかで、そんなんふつうだったらそれだけで1週間ぐらい話題引っ張れる大地震だって!
   ホントお心を強く持ってください。
   サッカーのベガルタ仙台にいた外国人選手が、
   「ボクは日本大好き! ずっと一緒にいるヨ!」って言ってたのに、こないだの震度6の余震で心が折れて退団、帰国したって……。無理しなくていいからね。落ち着いたらまた来てね。ホントごめんね。

   そういう多摩丘陵の早乙女家では……まだ外灯が点いてない
   れいの、余りにも高すぎて手が届かなくて換えられない外灯です。さすがに暗いままだと旦那様の帰宅にも可哀相で、とりあえずパルックボール(電球型蛍光灯)で買い求めて参りましたが、旦那様いつも疲労困憊でさ。
   この週末、意を決して声を掛けましたところが、
   「お兄ちゃんにやってもらって」
   「豹太では背が足りないんです」
   「もう追い越されたって」
   「チキンで高所恐怖症だから無理なんです、手を伸ばせない」
   「イヤだ」って……。

   押して豹太に命じましたところが、
   「身長は勝ったかも知れないが、手が短いから無理」
   ああ、手が短いのも口が達者なのもうちの家系ですよッ失礼しましたねッ!

   手さえ届けばわたしがやりますよッ! 届かないから言ってるんでしょッ!
   ああッ実家の母が本当にこのひとはなんにもしないんだからと前住んでいた家の屋根のペンキ塗りまでやっていたことを思い出します事よ。

   エスニック・ジョークで、電球が切れたとき、普通ならそれを取り替えるには背の高い(?)男性一人いればいいところが、ポーランドでは、机の上に上がる人の他に、その机を寄ってたかって持ち上げて回す屈強な男性があと4人必要であるといったようなものがあるそうですが、それは、要するにポーランドが何をやるにも人手がかかって時間も取るみたいなことを表わしているんでしょうか? それにしたって換えてくれるんだからまだましよッ!

   ああッ! イケメンのポーリッシュ男性4人を派遣していただくにはお幾らかかりますかしらッ!?
   ……この期に及んで「イケメン」を付け足す余裕があるのか。

   ソコまで行かなくても、ビールのひとケースも持っていってマデノコージさんのところのイケメンのお兄ちゃんに頼めばいいかなあ。まて、あそこはまだ未成年だ。ミネラルウォーターにしておくか。

|

« 桜といったら俊成でしょおッ! | トップページ | ヴァンパイアが突然…… »

コメント

 今日、住宅への火災報知器設置の義務化に伴い、不動産屋さんが工事に来てくれたので、ついでに「電球はあるのよっ!」とばかりに頼み込んで換えてもらおうとしました。
「良いですよ」って、二つ返事。ところが、やっぱりパルックボールでも入っていかない……よくよく見ると、電球でもうんと首が細くなったスタイルのじゃないとだめなデザインのようで。そんな特異なものを切れちゃ困る所に使うんじゃない!
「こっちで電球調達して換えときますわ」ってことになりました。
 うぅ~ん、日本の不動産屋さんはステキ。

投稿: まいね | 2011年6月17日 (金) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/51362927

この記事へのトラックバック一覧です: ポーランド人男性のお値段:

« 桜といったら俊成でしょおッ! | トップページ | ヴァンパイアが突然…… »