« お客様の中に春の女神様はいらっしゃいませんかあ!? | トップページ | とうとうNHKが立った! »

2011年3月30日 (水)

そこら中ピンぼけ

   なんでも、被災した方のために、週刊少年ジャンプが無料でネット公開されてるんだって。
   ……被災された方って、ネットで漫画なんか見られる環境なのかなあ?

   うちの子は勇んで詳細を見にいって、なんかそれを見るためのヴューア? アプリをダウンロード(無料だけど)する必要があるとかきいて挫折してました。虎美ちゃんはネットに繋げる自分のパソコンもってませんから。おかあさんのパソコンにこれ以上わけわかんないものを入れないでください(お昼寝から起きたらしんけんゼミをインターネットでするためのツールが入れられていて、利用実績に応じてデスクトップで植木が育って、虎美がさぼると「××がかれちゃうよう!」とメッセージが上がるので鬱陶しくってしょうがない! ってことはおいといて)。

   そこは集英社、避難所1箇所に5冊くらい現物を寄付しろよ。娯楽ないんだし。騒がしくすると怒られるんだろうし。小中学生にとってのジャンプって、みんなで回し読みするもんじゃない? おおーっ、ここすごくね? とかいって、読んでる最中、友達に見せて盛り上がっちゃう。ネットでしんねりむっつり読み込んで、これは凄い! とかブログで取り上げちゃうってのはもっと上の大きいお友達の読み方だよねえ。暇を持てあまして、寄付されたジャンプでもと読んでて、新たにはまっちゃう読者を獲得できるんじゃないかと思うんですけど。

   それは、印刷工場がいってしまったとか、紙が手に入らないとか、流通がとか大人の事情があるんだろうけど、コミックの電子化に向けての実験をここらで大々的にやるいい口実だったんじゃって、どっかで読んだな、そういえば。よく見ると、別に被災者のためとは言ってなくて、配送遅延のため、ファンのみなさまに作家の渾身の原稿を是非見て貰いたいとの措置だそうで。日常生活を送っておられる方が対象だったみたいね。おかあさん短絡。ゴメン。

   どうも、大災害だけあってみんな頭に血が上っちゃって、需要にストライクなことをしてあげられてないような気がします。いろいろ。おかあさんも頭を冷やそう。
   いろんないい話集みたいなのもネット上いろいろ集まっていて、それも見せてもらって密かに和んでいますけれど(とあるファミレスから避難した客で勘定を払わない客はほとんどいなかったとか)、落ち着いて考えたらこんなバカなことやってたよ! という反省の記録も残しておいた方が良いんじゃないかしら。

   それで、被災地に燃料が足りないっていう文脈で、「学校のプールにガソリンを溜めればいいんじゃないか」って言った議員がいたって言うのは都市伝説? 

|

« お客様の中に春の女神様はいらっしゃいませんかあ!? | トップページ | とうとうNHKが立った! »

コメント

福島市内です。31日に初めてコンビニで新しい雑誌が並んでいるのを見て感動しました。やっと日常が戻ってきつつあるんだなあ、と。
コンビニの開店している時間はまだ8時~売り切れ終了ですが、お昼休みに郵便局に行くと言って外出したときにモーニング買えました。先週、先々週と入荷しなかったので、1日に配信されるモーニングを読んでから読むつもりです。楽しみ。

投稿: とむ影 | 2011年4月 1日 (金) 17時38分

 ナルホド。避難所におられる方だけが被災者じゃないですもんね。やっぱ想像力足りないわ。ごめんなさい。
 仙台も、気がつくと給水案内が消えてて、お水はもうでるのね、と思ってました。どうぞお疲れの出ませんように。

投稿: まいね | 2011年4月 2日 (土) 08時41分

 先週仙台に出張に行ってた旦那様によると、前住んでたマンション(まだ持ってる)は建物の被害はないにせよ、まだガスが出ないそうで。……そりゃーきついな。ほぼ同時期に建てられた一丁先のマンションはかなり壊れたらしいです。そことの違いはなんだったんだろう。施工会社のちがい? 微妙な建物の向きのちがい? そういう運の細かい分かれ目って、他にもあるでしょうね。
 崩落したという噂の旅館はディアドロップ坂のシシオチ旅館でよかったそうです。あそこはほんと崖が露出してたからなあ。納得(でもあそこ、Y山へ上る幹線でバス路線も通ってたのにまだ埋まったままなのはどうよ? やっぱ、Y山方面への地下鉄って必要だったんだわ)。まだ近寄れなくて写真が撮れなかったとか。ってメイルをもらったら、その日の読売新聞でも佐伯一麦という作家が「自宅のある丘に上がる途中の旅館が」云々とやっていて、へえこのひともM山に住んでたんだと今更に親近感を抱きました事よ。
 給水で思い出した、やってる当時、東北工業大学のキャンパスも給水地点として挙げられてたんですが、あそこってキャンパスがうちの近所の山2つに分かれててさ、見ながら、「どっちなんじゃい」と突っ込んでいたんですが、3日ほどして、括弧書きで(Y山キャンパス)って付くようになりました。やっぱり同じこと思ったひとがいたのね。Y山キャンパスの方ならうちからも近かったわねと遠く多摩の空からも思ってました。それにしてもこの復旧の後れはきっついな。東北はそろそろ花の季節でしょうか、過ごしやすい季節が長いよう祈っております。

投稿: まいね | 2011年4月22日 (金) 05時20分

 シシオチ旅館の倒壊について詳しかったので貼っておきます。この原因は意外だった。
http://naoblo-untitled-documents.blogspot.com/2011/03/20113028.html

投稿: まいね | 2011年4月22日 (金) 05時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/51256448

この記事へのトラックバック一覧です: そこら中ピンぼけ:

« お客様の中に春の女神様はいらっしゃいませんかあ!? | トップページ | とうとうNHKが立った! »