« その広告はまちがっとるっ! | トップページ | お受け取りは慎重に »

2011年2月27日 (日)

京都大学入試でネットカンニング!?

   2ちゃんで話題になっておったなあと思ったら、もう新聞沙汰にもなっていて。
   イマドキは携帯情報端末も高性能になったから、受験会場に持ち込んで、問題を入力して外部に送信し、答を教えて貰うことも可能よね、とか思ってたんですが、ホントにそれをやったらしく、現実に京都大学で入試に出された問題を、試験をやってる最中に「この問題を教えてください」と、いろんな質問に対する答を募集するサイトに投稿、まんまと回答をもらっていたそうで。
   必ずしも受験生が受験会場で投稿・回答を見て回答欄に記入したとは限らないんですが。予備校のスタッフとかが、模範解答を作成するために受験生として紛れ込んで、途中で退席することで問題文を入手するということはあるそうなので(でもそこは商売上の倫理観というか、やりすぎて出入り禁止になっても困るし、試験中に答を発表したりはしないと思います、そうでしょ?)。持って出た可能性もなきにしもあらず(=試験中に携帯を操作したり、さらにすんごいハイテクを使ったとは限らない)ですが。
   ばっか。
   そんなことをしてまで入ってどうするの。

   それにしても、僅か数分で答が書き込まれるなんて、Yahoo! 知恵袋というところもヒマ優秀な方が揃ってるんですね。まあ、土曜だったしな。そんでそこの答が京都大学の入試問題の解答として引き写して大丈夫なレヴェルと思ったわけですね、そのカンニング犯さんは。
   なんていうか日本は平和やなあ。
   意図を察して、「あなたを特定します」(これはどこかの入試問題なんじゃないの? こんなことをしていいと思っているの? あなたが誰かを突き止めて罰を受けさせますよ)と書いた人もいたらしいんですが。

   旦那様にお尋ねしたところ以下の通り。
   「旦那様が試験監督をなさった頃は携帯があまり発達してなくてようございましたね。やはり挙動不審な受験生というのはいたのでしょうか?」
   「キョロキョロしているのはいた」
   「それはやっぱり通報して?」
   「刑法犯ではないからな。単に不合格になるだけだ」
   「なるほど」
   「京大にカンニングなんかして入っても卒業できないだろう」
   さすが、仰ることが違う。
   たしかに、こんなに大ごとになったんじゃあ、たとえ合格できても二言目には口の悪い教授なんかに「きみらはどうせカンニング組だから」なんて言われちゃうんだ。周りも、「カンニング学年」って見ちゃうんだ。正規の合格者でさえそうなのに、犯人君は、一生それを背負っていくんだ。それで専門分野でめざましい業績を上げたとしても、ブラックジャックみたいなもんだ、評価されない。そんな一生良心を磨りつぶされるような生活を送るぐらいなら、正々堂々不合格なり浪人なりした方が良いと思うんだけど。
   そういう頭や倫理観がないからやっちゃったんだろうな。
   とりあえず、真面目な受験生に謝れ
   受験生を信頼して、携帯を持ち込ませてくれてた大学側に謝れ。

   それにしても、なんでもネットに流せば大丈夫、誰かが正しい答をくれるって思ってしまっているところが(自分の友達の頭のいいヤツに解いて貰う、じゃないんだもん)、この犯人さんに限らず若い人の考え方はなんか怖いわ。
   今、まともなマスコミには流れてないようですが、立教大学の学生さんが、なんかツィッターで女性に対して不謹慎な発言をしたとかで、本人を特定して、就職の内定先にまで「このひとをどう思いますか!?(=処分しろ)」と「正義の」電話を掛けてみたりという事件が起っているそうで。この前の、街を行く女性を捕まえて、イマドキ珍しい不美人だから記録に残したい、インタヴューさせろとかいって失礼な画像を撮ったとかそれをネットで流したとかで処分された学生さんも、ネットで「許してはおけない!」と運動になってしまって大ごとになったとかで。そりゃ、やった方も悪いけど、ネットの正義君たちもスゴイナア。

   よそじゃあ革命を起こすような危険な情報伝達手段になっておるのに、日本では密告・天誅のための手段ですか。まあおかあさん自分も適当なこと語ってるだけだからひとのこと言えませんけど。

|

« その広告はまちがっとるっ! | トップページ | お受け取りは慎重に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/50988714

この記事へのトラックバック一覧です: 京都大学入試でネットカンニング!?:

« その広告はまちがっとるっ! | トップページ | お受け取りは慎重に »