« 京都大学入試でネットカンニング!? | トップページ | さてどん尻にひけえしは »

2011年2月27日 (日)

お受け取りは慎重に

   土曜日の昼下がり、うにゃーそろそろお昼寝したいッと思っていると、インターフォンが鳴ったと思いねえ。「ヤマトです」って、
   「誰よヤマトでなんか頼んだの!」とプリプリしつつ出ると、やや気弱そうなオジさんが、発泡スチロールの大箱を抱えて立ってました。クール宅急便の生ものシールがピカーッ!
   「すいませんお忙しいところを」
   「誰から!?」と貼付の伝票を見ると、「早乙女晶子」
   「おばーちゃんだ!」そして、品物欄には、
   「タラバガニ」って!

   「おばーちゃんからが来たッ!
   ありがとーッ!」と、いきなり声も可愛くなって、ぱんっと判子をついて荷物を受け取りました。
   「お礼の電話だ電話! 虎美、封切って!」って、受話器を取って、金沢に電話を掛けて。
   「もしもし?」とエレガントな声が出るなり、
   「おかーさまッが来ましたッ! ありがとうございますッ!」と勢い込んでお礼を言ったところが、
   「うちから送った蒲鉾が着くのは明日の筈だけど」って。そういえば、早乙女のお義母様の名前は晶子じゃなくて章子……
   「虎美! 待て! それはよそのうちのだッ!

   ……梱包用のあの樹脂のテープみたいな紐はぱっつんぱっつんと切ってしまってましたが、辛うじて粘着テープはまだ手つかずでした。
   「おかーさぁん!」
   虎美も絶叫。いやおまえもちゃんと伝票確認しろよ。
   ちょっと寝ぼけてて。番地は限りなくうちと同じだった(でも具体的にどのうちかわかんない!)し。よくよく伝票を見ると、送り主も「本人」って、間違いようもなくよそんちの荷物でした。うわー。
   すぐに電話を切って、この辺のヤマトさんの営業所に電話して取りに来て貰いました。
   「すいません」
   しばらくして泣きそうな声でさっきのオジさんが取りに来ました。
   「こっちこそごめんね」って、切っちゃったテープは絶縁テープで繋いで返しました。粘着テープの封まで切ってたら取り返しのつかないことになってたよ。ご近所の早乙女晶子さん(仮名)ゴメンネ。

   えーと、お集まりの皆さんも宅配便をお受け取りになるときはお気をつけて。

   それで、毎年恒例阿部蒲鉾店謹製のお雛蒲鉾セットは今日着いたの。今年は「ぼんぼり」がいつもと違うカンジになっていて、毎年少しはリニューアルするのねと感心。

   

|

« 京都大学入試でネットカンニング!? | トップページ | さてどん尻にひけえしは »

コメント

危ないところでしたね.私のところは,同じ丁目に同じ姓の家が4軒はあって,荷物の受け取りにはいつも用心してます.

投稿: 三ねんせい | 2011年2月28日 (月) 10時59分

 三ねんせいさんこんにちは。ご近所に同じ名字のお宅があると知っていればなるほど用心も必要でしょうね。郵政公社や宅配業者さんたちも要注意地帯とかマークしてたりして。
 うちはそんな同姓のうちなんてなかったと思ったんだけど……ご近所の名簿は町内会の班長をやめた途端どっかやっちゃった(要反省)。
 ああ、そういえば去年この下にアパートできたんだった! それでか……以後気をつけます。

投稿: まいね | 2011年2月28日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/50989892

この記事へのトラックバック一覧です: お受け取りは慎重に:

« 京都大学入試でネットカンニング!? | トップページ | さてどん尻にひけえしは »