« 球児の志 附 「おお振り」西浦球児の高校選択の理由を考える | トップページ | 地味に大切なこと »

2011年2月 4日 (金)

百人一首のシーズン × チデジカ

   やってきました百人一首のシーズン、またしても早乙女家はお蒲団の上に取り札を並べて、涅槃ビーチ・フラッグス。ハンデのためにおかあさんは下の句は始まるまでは横になっていなくてはいけません。今年は虎美も上達して、おかあさんが下の句の読み上げが始まるまでじりじりしている間に取ってしまうことが多く、なんと52対48の辛勝でした。そろそろハンデ要らないかしら。それにしても、上級者(でも競技カルタルールに則るほどでもない)にとっては下の句を2度朗詠するCDは時間の無駄よぉ~~~!

   感想戦では、これはこういうふうに覚えたら、といろいろこじつけの記憶法を教えてやっていましたが……。
   「百人一首の鹿を全部チデジカにしてみると面白いかも」

   奥山に 地デジつながり チデジカの
      声聞くときぞ秋は悲しき      

   <山の奥といえども地デジが繋がって、公報のためのチデジカの声を聞くに付けても(対応チューナーを買うことのできない我が身では)秋は物思いが深まることだなあ>

   「季節に合ってるじゃん」
   完全地デジ化地上放送終了は7月末でしたっけ。まだ夏じゃないかなあ。

   我が庵は 都のたつみ チデジカで
      世はデジタルと 人はいふなり

   <わたしのわび住まいは都の東南の外れではあるが、地デジ化されて受信状態も良好となり、さすがデジタル時代と人は言うことだよ>

   世の中よ 道こそなけれ 思ひいる
      山の奥にも 地デジ繋がる

   <今の世の中には正しき道がないように思い悩んで田舎に行ってみたのだが、あに図らんやそのような山の中にも地デジが繋がっておるように、日本のインフラは行き届いているのだなあ>

   「バッチリだね」おいおい。もう笑い転げて。
   いやもう、「山の奥にも地デジ繋がる」、なんでこんなに合うのかしら。

   その他、いろいろ彼らやお友達の好みにあわせ、
   「契りおきし……あわれ今年の秋も『犬のメリーさん』ね」
   「バクマンの引きこもり、『山河』で『流れ』」
   「おかーさんあれは静河流」
   「ジャイキリの『哀れ』な『ミック!(身のいたづらに)』」
   「『のだめ』の千秋のママの実家は三善家だから『みよしの……』は『ふるさと』」と、どんどんと今時らしい語呂合わせができてゆくのでした。

   大会は今月末だそうで。頑張ってね。
   「格技室に行くときにはヒートテック着て行けよ!」
   寒さ対策も忘れずに。

|

« 球児の志 附 「おお振り」西浦球児の高校選択の理由を考える | トップページ | 地味に大切なこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/50777217

この記事へのトラックバック一覧です: 百人一首のシーズン × チデジカ:

« 球児の志 附 「おお振り」西浦球児の高校選択の理由を考える | トップページ | 地味に大切なこと »