« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »

2010年3月 5日 (金)

桜咲く後には

   

咲いたら一年生~♪
   入学式の前にはいろいろあります。合格手続きは本人がやってきましたが、1週間経ったら今度は入学手続き。「金融機関」には火曜日に行って来ました。月曜はもう満員だったそうですが(滑り止めの私立で公立の結果待ちを許してくれるところは火曜が締め切り日だったみたいだから)。せっぱ詰まったひとを優先しようという気遣いじゃなくて、単に月曜はPTAの委員会の締めの会だったから。まじめな活動報告&反省会ね、楽しい打ち上げはまた後でやります。
   その「公立高校指定金融機関」も、神奈川はいろいろあって、地元横浜銀行から4大都市銀行、地銀では近場の東京都民やスルガ、静岡、静岡中央は解るけど、北陸や第四ってこの辺の地銀じゃないんじゃないかなあ?
   仙台だと七十七銀行一本であろうところ。やっぱり都会は面白いです。
   信金信組もいっぱいあって、さらに「県内の農業組合」もあったので、近所のJAセレサ川崎農協を選びました。……そうなの、いちばん近い郵貯以外の金融機関は農協なの。ちょっと引きました。小学校も中学校も、給食費はそこの口座からの引き落としを指定されて、口座開きましたけど。……農家は日祝日関係ないし朝早いから、ATMが結構使いやすいのは助かりましたけどね。夜も平日は9時まで動いてるし。
   「直は素早いんだぜ(ジョジョ5部名台詞より)」とばかりに旦那さまの口座からの直の引き落としを狙ったのですが、
   「え? おれまだ仙台の七十七銀行本店でまかなってるから、こういう判子の要る書類は1,2日じゃ無理」って。その他はネットでクリック一発の送金などで対応できてるそうですが。
   しかたなく、サオトメマイコさん(仮名)名義のセレサ口座からの引き落としになりました。
   (女名義の口座から引き落としでシングルマザーなご家庭と思われないかしら……)って、考えすぎ。

   入学手続きには、振り込んだ入学金の入金証明と、入学誓約書、校費の口座引き落とし依頼済書の他に、特進クラス希望届と選択科目希望届、学生証(住所部分を自分で記入)が必要です。こういう必要書類が「入学の手引き」として一冊に綴り混まれているのが便利だと思いました。必要なページを切り取って記入して提出するようになってます。バラバラにならないから助かる! 健康調査票や家庭環境調査票もあるようです(これは入学式に提出)。そういう、これとこれはこの日に提出、この日はなにがあって持ち物はこれ、とちゃんと表になっているので実に助かりました。やっぱり都会は凄いわあ。

   「公立高校の授業料はただいま無償化が検討されていて、今国会で審議中です。可決されれば授業料は無料となり支払いは生じませんが、万が一否決された場合追って指示します」云々のプリントが挟まってました。これでカン直人がキャンと鳴いて原資不足で無償化は無理となると暴動が起き……ないか、やっぱり。今年はほんと、どこの公立も志願者増えたみたいですけどね……。

   さて、これを持って4日の午後1時に流石高校の事務室に行かなくてはならないのですが……。
   「豹太、歩いて40分で行けたって本当?」
   「ま、おれの脚ではね」
   「ジャイアンツランドまでバスで10分だったしなあ、無駄だよね」と、歩いてみることにしました。だらだら坂を下って、しばらく行って、また上って……結構あるじゃない。
   これが、うっかりタイトスカートをはいていて、脚がペンギンほどしか動かせないから大変、下る分にはいいけど、上りはだんだんきつくなってきました。ただでさえ、最近は運動不足、寒かったからずっとお散歩はカットして、2軒先のスーパーも行かない日があったりしましたから。
   足っていうより脚の付け根が痛くなってきました
   なんとかジャイアンツランドの前の目印のファミリーマートにたどり着いたときには、もう25分経過してました!(いやそりゃ平地でも25分も歩けば大散歩だよ!)
   なんということでしょう! これから先は頼るもののない一本道を下ってゆかねばならないのです! たしか、12月の実績でここから20分。
   やっぱりバスに乗るんだったよ。
   人目を省みず(幸い人も車もほとんど通りませんでした)、時々スカートをたくし上げて足捌きを確保したりして、なんとか歩き通し、流石高校の裏門の時計を見ると、1時5分前だったのでした。
   所要時間50分。おかあさんにしては頑張ったかな?
   でも、入学式はイヤだ! もっといい服着て、いい靴はく予定なんだもん! 絶対別の交通手段考えよう!

   もう事務室前には5人ばかり行列ができていて、手続きは前倒しで始まっていました。
   必要書類を出してお願いしますと頭を下げて出ると、ジャスト1時!
   なんとかジャイアンツランドまでのろのろと帰り、ジャイアンツランド前ターミナルからノイエ・リリエンベルク行きバスに乗って帰ることにしました。

   時刻表を見たら1時間に2本!

   それなのに、生意気に電光掲示板!
   「ノイエ・リリエンベルク行きは5分後に参ります」って文字が流れるの!
   峠のファミマに行ってお茶を買ってきて(側に自動販売機もありましたけど、主婦は3円をケチる! ついでにTカードを見せてポイントもゲットだ!)、ベンチに座って待たせて貰いました。ああ、助かった。

   帰りはほんとに一瞬で、やっぱり今後は途中まででもバスにしようと心に誓いましたことよ。
   多摩丘陵は梅の季節、お天気も一応保って、歩いている分には寒さは感じず、どこのお宅ももうきれいに咲きそろっていて、ここはもうボケが、こちらはプランターにパンジーがびっしり、と目の保養にはなりましたけれど、ちょーっと疲れました。

   ということで、昨日の更新はできませんでしたけど、ぐっすり寝て本日は午前中にパソコンを触る余裕があるよというお話。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

桜が咲く前に

   パンやさんのところの上のお子さんは駅の向こうのケーニヒスキルヒェ中学です。同じ公立と言うことで修学旅行も各種校内行事もほぼ同時期、
   「あ、授業参観ですか~? うちもです。今女房が行ってます」
   「修学旅行もう出たところですよね? 朝、新横浜まで送るの大変だったでしょ」と情報交換したりして(うちは朝一でみんなノイエ・リリエンベルク駅集合で、そこから隊列を組んで新横浜まで移動したのですが、ケーニヒスキルヒェは現地集合、みなさんおうちの車で送って行ったとか……校風の違いなのかな?)。

   公立の後期日程入試が終わった後、パン屋さんが、
   「来週うちの(子は)ジャイアンツランド行くんですよ、学校から」って。駅2つほど向こうのテーマパークです。
   「うちも卒業遠足はジャイアンツランドっていってたけど……卒業式の後で行くんじゃないの?」
   「いや、うちんとこは発表の前に行くらしいですよ。昔はマウント富士パーク(仮名)だったってのに、しょぼいっすよね」
   「都会だなあ……まあ、近いからいいじゃない」
   「そっすね。マウント富士パークじゃあ行くまでに時間かかっちゃいますね」
   「しかし、まだ正規のカリキュラムをやってる時分になんで遠足……?」

   あとは公立にしても私立にしても2次募集しか残ってないから、もしかして桜が散っちゃったら怒濤の春を経験しなくてはならないし。

   ドキドキはあるにしても、仲良く過ごせる最後の時期だから。

   最後の思い出を作りに行くんだなあ。

   なんかしみじみして、もっていかせるお小遣いやらおやつやらの算段をしていたんですが(食事はみんなでバーベキューらしい。いいなー)。

   「うちは水曜ですって」
   「お天気いいといいですね」
   なんて話をしていたら。

   その週になって、なんだか学校から帰った豹太、毎日先生が余談ばっかりすると言います。
   「今日の理科は、高校になったら取る選択科目の話だった」
   「やはり生物は押さえておかないと医学系に行けないと?」
   「ううん。楽譜が読めて歌を歌うのが好きだったら音楽を取ったらいいって。でも、習字もねらい目だって」
   「理科じゃないじゃん!」
   ほんとに余談なんだ!?

   そういえば、彼らは期末試験を受験のほんの2日前に終わっていたのでした。
   なんでこんな時期に、と、PTAで日程のすりあわせをしていてみんなぶーぶー言ってましたっけ。私立推薦合格組はもうとっくに決まってるから、勉強をするモチヴェーションを保つためであろうとか必死に理由を考えていたのですが。

   わかった。もう教える課程が修了してるんだ(当然だけど)。

   2次募集や、学内選考(特進クラスとかがどこでもあるらしい)、そうでなくても気が抜けて勉強する習慣がなくなってしまうことを防ぐために、ドリルやワークをさせたり、作文を書かせたり、卒業式の練習をさせるにしても間が持たないんだ。

   結果が出るまでまるまる一週間ありましたから。

   そりゃあ、遠足でも行かないと間が持たない。

   「ヴェスティクターアも今日だったらしいッスよ。もうこの辺日替わりで川崎市の中学校の貸し切りじゃないスかね」と、パン屋さんも事情通で。
   「かもねー」
   ジャイアンツランドも儲かったことでしょう。貸し切りにした方が、今日は一日お酒を出さないとかしやすいでしょうしね。

   いちど皆で遊びに行ったときは、絶叫マシンが怖いのとお金の持ち合わせがないのとでずっと荷物番に甘んじていた豹太も、腹をくくっていろんなマシンに乗ってきたそうです。

   「それでバーベキューは美味しかったかい?」
   「みんな肉しかくわねー! おれは肉が焼けるのを待つ間キャベツとタマネギせっせと食ってたよ」
   ああ、貧乏性が身について……(落涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月21日 - 2010年2月27日 | トップページ | 2010年3月7日 - 2010年3月13日 »