« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »

2010年2月26日 (金)

桜咲きました

   なんか頭いたくて寝てました。

   のそっと帰ってきた豹太が、「あれ? 起きないの?」としばらくたたずんでましたが、自分でおばあちゃんちに電話かけてました。

   「うん、合格」

   晩ご飯はお寿司を取りました。
   「どうよ、今日は注文多い?」
   「そっすね、いつもの週末より倍ぐらい出てますかね」
   宅配鮨のデリヴァリーのお兄ちゃんも笑ってました。

   頑張った皆さんおめでとう。春から頑張ろうね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

麒麟も老いればドンキー未満ッ!?

   や、ば、い、ッ!

   ○会やばい、パネエ(○会の模試の問題は狂おしくわたしをかき乱したことであるよ。ひととおりのものではない)。

   ただいま再就職のために模擬試験を受けておりますが、これがなかなかてごわい。「二重尊敬」? そんなもの、昭和の末期に存在を認めたことがあったかも知れない……。こちとら漢文は項羽本紀を白文でやったんだぜレ点付きなんて怖くもなんとも……あれ?

   古文も漢文も問題の題材の内容は解るんですが、問題文に即した答えがうまく出せなくて、ええと、受験テクニックを忘れている!

   悔しい。200点満点で自己採点90点に満たなかったです。

   さすが○会、東大を目指す生徒は今もレヴェル高かったですね。

   さて、こんなロバ以下のおばさんでも採用して貰えるでしょうか……?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

あきらめたらそこで試合終了

   どうせまた日本選手団メダル獲得できずに終わるだろうと思ってあまり身を入れてみていないんですが、バンクーバーオリンピック。この「バ」音は両方とも【V】らしいんですけど敢えてヴァって書く気もしないほど投げやり。

   フィギュアは史上最強の布陣みたいでたのしみ。選手を何人出せるかという出場枠はその大会の前の年とかの世界大会でのその国の選手の活躍具合によって配分されるとか聞きました。たしか長野の時かな? 長野に女子を3人出すためにはこの大会で入賞者を何人出しておかないと……とか言ってたような。
   それが男子も3人フルに出場なんて、いつの間に日本はこんなフィギュア大国になったんでしょう? そんでホントにメダル取っちゃうし。
   良かった。

   日曜にNHKが盛り上げ番組をやっていたり、新聞でも6種類のジャンプの細かな違いまで解説していて、ここが五輪のメイン競技みたいな扱いです。日本人3選手の使用曲まで挙げてあって。

   浅田真央は去年に引き続いて「仮面舞踏会」、ライヴァルキムヨナは「007メドレー」、鈴木明子は「アンダルシア他」は解るとして、安藤美姫は「レクィエム」って、なんだろ?

   ただ「レクィエム」ってどうよ? レクィエムにもいろいろござんす。はでで演技に向いてるのはヴェルディのだろうけど、知名度的にモーツァルトかなあ? ここでフォーレをやったらすごいけど、とても4回転を飛ぶようなひとの演技にふさわしい曲想じゃないし。もしかして、タイトルが「レクィエム」なだけのポップスだったりして。いやいや、武満の「弦楽レクィエム」かも知れないし、だって、歌詞付いてたらダメだから。記者さんも、紙面の都合もありましょうがその辺突っ込んで聞いて、割愛しないで載っけてちょうだい。雰囲気とか、それぞれみんな違うんだから。それで興味もって見るクラシックファンだっているんだから(ここに)。

   時間もちょうど良いのでさっきNHKで録画見ました。

   モーツァルトでした。当然か。「アマデウス」の映画音楽でもあるしね。

   聞いてみたら、ヴォーカリーズっていうんでしょうか、人の声は入ってましたが、歌詞はなく、ah~ とか hum~ とか言ってました。由紀さおりの「夜明けのスキャット」みたいの。声部はちゃんと4声部あって掛け合いもちゃんとしていたようです。怒りの日を中心にいろいろつぎはぎしてました。まあ、妥当な選曲ですね。
   でも、演技の内容はそんなにレクィエムっぽいとは思いませんでしたね。得点も伸びなかったみたい。いやそれはジャンプの回転足りなかったから。

   しかしながら、ヴォーカリーズでモーツァルトの「レクィエム」をやれるんなら、わたくしの夢の「プーランクのグローリアをフリーで」というのもあながち夢とは言い切れないかも。安藤選手、是非次のシーズンはヴォーカロイドに歌わせて4回転決めてみて下さい。新たに希望を持ったところです。
   レクィエムで盛り上がるところと言うならドイツの選手が「ドイツ・レクィエム」の第2曲の大フーガ、「Die Erloeseten des Herz werden wiederkommen und gen Zion …… : 主に赦されたものはシオンの丘に還る……」をやってくれたらスタンディング・オベイションやります! でもユダヤ系だったりしたらすげえやばいだろうな、この歌詞……。いや歌詞はないにしても。

   それで、キムヨナ1位は前評判通りとはいえ、浅田2位安藤4位鈴木11位は上出来なんじゃないでしょうか。皆々こちらも気が揉めるようなミスがなく、正々堂々実力を発揮しあって競い合うレヴェルの高い競技の内容で非常に良かったんじゃないでしょうか。
   全選手、フリーでもベストを尽くされることをお祈りします。

   たったひとつ苦言を呈するなら、TVでの放映順だけだったのでしょうか、黒っぽいぴったりしたデザインのキムヨナのお衣装のすぐ後に、同じ東洋人の鈴木が黒地にところどころ赤のアクセントのお衣装ってのはどうかなと思いました。ただでさえ欧米人にはおんなじように見えるんだからさ、衣装の雰囲気ぐらい変えたらどうなの? 「アンダルシア」で、フラメンコっぽいイメージというならまだ色の選びようはいろいろあったでしょうに。
   往年の社交ダンスの漫画「パートナー」で、主人公茉莉花がまだ初心者の頃、独特な振り付けが好評とかで大会の後のエキシビションにも踊るよう指示されて、晴れがましくも楽しく踊った後で、大物選手だったか審査員かに、
   「どうして本大会とエキシビションとで衣装を変えなかったの?」って言われるんですよね。
   「替え衣装がないんです」と恐縮して答えると、「それはいけませんね」って。お客を楽しませないと。それに、なにかアクシデントがあったらどうしますって。競技に臨むものは万全の体勢でいなくては、って。

   衣装が他の有力選手と被ってたらチェンジするぐらいの機転が利かなくてどうします!? そんな、浅田真央とキムヨナがばっちり被ってたら、どっちが替えるかで意地の張り合いになるでしょうけど、鈴木明子は格下じゃん。眼中にない記念出場のつもりか知りませんが(ヒドイ)、スケート協会は予備のお衣装ぐらい用意してあげて下さいよ。織田選手の靴紐は験担ぎで替えなかったんだとしても。フリーはなに着て出るんだろう、ああ、気になるッ!

     

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

滅多なことは言えない

   本誌を買ったほうが安上がりなんじゃって書いたのを虎美が読んだのかどうか。

   「おかあさんジャンプ買ったけど読む?」って、虎美がとうとう! ノートのコピーをするためにお山を一丁降りてコンヴィニに行ったついでに買ったそうです。おまえ試験前なんじゃないのか!?
   「読み切りが面白かった」
   そうですか。おかあさんも読ませて貰いましょう。

   そしたら、
   「おかあさん、ジャンプって東京と金沢で値段違うんだね。田舎の方が高いんだ」って、寂しそうに言うんだ! 虎美が! 

   そんなバカな、百歩譲って八丈島とか富士測候所の売店とかならまだしも! イヤ、再販制を堅持しておる日本国において大手の雑誌がそんなことはあり得ない!

   「おばあちゃんちに行ったとき買ったんだな? それはお正月の合併号特別価格! モーニングも合併号の時は300円だった! このバカ者!」

   大いに恥じ入っていました。ほんとにもう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

溺れるママはなんでも掴む

   昨日はご町内の班長さんの会議。年度末なので来年の班長さんのお名前を提出してくださいとか、来年度はご町内名簿を含むお役立ち冊子(ゴミの捨て方とか町内の居住者名入り詳しい地図とかが載ってる)を作り直しますからご近所に声がけしておいてとか連絡がありました。そして、
   「地域のケアセンターの方からお話しです」って。
   ヴォランティア募集という話かと思いきや、
   「当リンネルベルクは日本で2番目にご長寿の多い地区なんですよ」ときたもんだ。なんかそういう話をどっかで聞いたこともあった気がするけど、沖縄でもなく長野でもなくどうして?
   「首都圏にしては緑が多く空気がいいところへ地域助け合いの精神が生きていて、おまけに医療も充実しているんです」って、へえ。
   丘陵地を切り開いた新しい住宅街だから、足腰の鍛錬にはいいんだけれど、いざお年を召して一度車を手放したり、足腰が弱くなると、もう急に不便になるのが玉に瑕。
   そういうお年寄りは急に心身共に弱っていくそうです。素敵な二階建てのおうちも、お掃除どころか換気もままならなくって、ケアマネがお邪魔したら空気がよどんでたって話もあるそうな。
   「ですから、どうか地域の方が気をつけて差し上げて、お一人暮らし、ご夫婦だけといったご家庭があったらよくよく目を配って、こちらにもお気軽にご連絡下さい」って。

   

薹のたった新興住宅地も大変なんですねえ。
   隣の班の班長さんとちょっとお話ししたら、うちの隣のブロックなのに「あそこはご夫婦二人っきり、あそこはお一人、あそこはもう売って出られた、うちも主人はホームに入っておりますの」って、そりゃ静かなわけだ。まあ、うちの並びも2軒立て続けにいなくなりましたが。息子さんが戻ってこられて同居を始めたというお宅になんとか次期班長を引き受けて貰ったそうです。うちみたいに借家もあるブロックだとある程度で入れ替わるから新しい人間も入ってきていいのかも知れません。戸建て100%の住宅地って怖いんだ。ある程度なんでも混ざってるのがいいのね。

   「老人クラブでは毎日体操や囲碁の会など催しておりますからどうぞお気軽にお出かけになって、お友達を作られてくださいね」って、ケアマネの方も大変。
   「今は太極拳かな? どうぞ、楽しいですよ」って、町会長さんが捕捉して、そこでおかあさんの耳がぴくっと動いたぁ!

   

虎美も混ぜて貰えばいいじゃん

   うちで穴の開きかけた胃を抱えて転がってるお嬢さん、あんまり寝てばっかりで体力がなくなって、この前せっかくスキー遠足に行ったのに、帰ってから筋肉痛で三日三晩寝込んじゃって。カウンセラーの先生にも、学校をおやすみしてるからって遠慮しないで少しはうちの外に出してくださいとも言われてました。

   虎美は小さいころから早乙女おばあちゃんの太極拳に連れて行って貰っていて少しは心得があるんですよね。夏休みのイヴェントなんかにもちゃっかり参加してたり。おばあちゃん子だからお年を召した方としゃべるのも好きだし。学校に行かないならそういうお話し相手のヴォランティアみたいなことも少しはして社会に役立つと良いのだわ。囲碁も少しは打てるし(「ヒカルの碁」が流行ってた頃NHKの初心者向け番組を豹太と見てた。わたくしは初期で挫折)。

   「お恥ずかしい話でございますが」と町会長さんとお隣の班長さんに事情を話して、一度見学させて貰うことにして、もし良かったら春休みにでも通わせてみようかと思います。

   「町会長さんに話通しておいたから。おまえ来週木曜老人クラブで太極拳ね」と勢い込んで虎美に申しますと、
   「え? なんで? あたしは学校がイヤで行かないんじゃなくて胃が痛くて物理的に行けないんだけど!?」って、ああ、笛吹けど踊らず。おかあさんの胃まで痛くなってきたよう。

   とりあえず、今日から期末試験なので学校には行きました。モーニングコールを下さったよし子ちゃん(仮名)どうもありがとう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »