« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »

2010年12月17日 (金)

本日の暴論 : 手塚のアラバスターはどうよ?

   おかあさん聞きかじりで申しますから例によって偏ってるのはご覚悟されてね?

   れいの、東京都条例で、あんまり小さい子を性の対象にするような漫画は規制しちゃおうというのが通ったそうで、これは表現の自由に反するんじゃないかとか今度という今度は大手出版社がこぞって反対しておって、おかあさんが見て歩くようなディープな趣味のサイトでは絶対反対! とか、こんな条例を通そうとしている議員の方がどうかしているとかやや感情的というかお上品じゃないものいいがまた過熱してるようで、ホントならやばいよなと思いつつ、真剣にまたこの反対活動に肩入れするのもやっぱり男と男がが愛し合うような話喜んで書いちゃう/読んじゃう女だしとか言われそうでちょっと自粛かなーとか思って控えてました。いやほんとは男と女の方がいいんだけどね。
   ホントに、いろいろ見て回ると、中学生かな、それ以下かな、という女の子にホントの性行為をやってる絵とか出回ってるんですよね。キャプションとか、反応とか見てると、そういう、他の男の影響を受けていない、自我が発達していなくて自分に反抗しない、身体が未発達で妊娠させる恐れがない少女であることに魅力というかそこを選んで対象にしている様子が見えて、やっぱり、ゆがんどるよおまえはと思わずにはいられませんね。
   人間には愚行権というものがあるそうなので、誰にも迷惑を掛けない個室でひとりえっちな画像を見てなにやらするのはじゅうぶんセーフでその自由は守らねばならないと思いますが、やっぱさーリアルにそういうことやっちゃダメだし、そういうどう見ても歪んだ趣味を垂れ流してまるで表文化みたいに言わないで欲しいわ。リアルにやられることを考えたら、代償行為としてはありかもとは思うけど。
   わたくしも、やや後ろ暗い趣味を持っておりますので、漫画や小説の登場人物を使って勝手にグランドロマンを書いて発表したらいけません! って言われたら苦しいわあ。別にお金が欲しくてやってる訳じゃないし、現実にお金になってませんから、黙って自分のパソに向かって吐き出すだけですが。なに、ひとのハードディスクの中まで調べるの?(反対派は、そのうち持ってただけで問答無用で捕まる暗黒社会がはじまるといいたげでありますが)

   そんでもって、勇者が「『火の鳥』には近親相姦が取り上げてあるがそれも規制するのか」と猪瀬直樹副知事に尋ねたそうですが、『火の鳥』は名作だから規制しないと答えたとかどうなんだか(ここんとこ未確認、各人ご確認ください)。

   へえ。
   
   手塚ブランドならいいわけ?

   手塚治虫もほら、劇画が流行ってきてしばらく不遇だった頃、いろいろダークなものに挑戦した時期があったでしょ? 「奇子」とか、こないだ映画になった「MW」とか、結構強姦だの同性愛だの描いた話がありますよ?

   「アラバスター」なんてひどいわよ?
   記憶だけで語るとやばいかなと思ってウィキペディアで調べてみたけど、やっぱりひどい話でした。金髪美人のいわゆるトロフィー・ワイフ(まだ結婚してないけど)にひどい振られ方をしたアフリカ系のオリンピック金メダリストアスリートが、人種差別のある世を呪い、全ての「美しいもの」に復讐してやろうと企てるピカレスク(?)もの。人体実験でほぼ透明人間として生まれた少女が出てきます。優しい家族に引き取られて配慮されて優しく美しく(透明でももともとの造形はきれい)育ちますが、根性の悪い刑事だか探偵だかに「透明人間の女か」と面白半分に強姦され、彼女は悪の世界に身を投じるわけです、「絶対可憐チルドレン」で、薫が兵部のもとに行ってしまった状態と思し召せ。

   ドキドキしながら正義が勝つことを信じつつ見てたんですが、結果は悲惨で、なんでも作者の手塚じたいが「嫌いな作品」って言ってたとか。だったら書くなよぉ~。
   それでもこの作品はオッケーなわけ?
   未成年の少女が非合意の性行為持たされてますけど。
   手塚御大の作品だから意味があるとでも言うのかしら?
   ホント、読み終わってイヤ~~~~~~な気持ちになったけど、まあ、30年引きずるだけのインパクトはあって、ひとを外見で差別してはいかんと心に刷り込まれたわけですが、単に箇条書きの条件でいうなら、この話はアウト! なわけでしょ?
   でも、手塚治虫の作品で、「差別に対する怒りを込めた問題作」なわけで、そういう見方からすれば「意味ある作品」なわけでしょ?
   それとも作者が嫌っている作品だから価値はないのかしら?

   読んでた当時のチャンピオン読者は実際話を聞いたことはないですが、たとえば「気持ち悪いから嫌だった」「強姦シーンはドキドキした」「怒りを感じた」と、感じ方は様々なわけでしょ?

   それを、だれがどんな権限を以て、「名作だから適用除外」と定めるのでありましょう?
   あなたはそれをおできになるほど漫画の表現や物語世界にお詳しいのでしょうか?
   そういうわたくしも、ユダヤ人差別描写があるから「赤毛のアン」のあのエピソードはまずい、ホームズの長編のあれはモルモン教徒に対する偏見が助長されるのではないかとか過去にはやばいことを口走っておったのですが(猛省中)。そういうのは、個々人が自分で判断すべきコトなのよね。

   小さな子や弱い立場の人を虐げていい、そういう作品を読ませろと言ってるのではありません。
   また、たとえそういうわたしが気持ち悪いと思う作品だって、これはいけない趣味だ、表に出していいものじゃないと判っていてくれるなら、密室で楽しむ自由はあるかと思います。だってわたしの趣味だって、まともな方から見たら「おかしいんじゃない?」って言われてもおかしくないし。そこまで立ち入ると後がコワイ。リアル「図書館戦争」の世界だ。

   掲示板のだれが建てたかも判らないスレッドの、しかも中を読まないでタイトルだけでよくこれだけ怒れるよ、このおばさんもお目出度いことよ。

   でもほんとうに、この問題はどうしたらいいのでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

書くことは楽しいですよ

   トラバもらっちゃったしなあ。
   水嶋ヒロというひとじたい知らなかったので(おかあさん要反省)、小説書くから芸能界引退って豪気だなあ、暮していけるのかなと思ってたら、もうポプラ社の小説賞取ったって、そりゃ出来レース? って思うよ普通。
   まあ、おかあさんの場合もう10年もチャレンジし続けてなおかつかすりもしないという立場なので、何を言ってもやっかみにしかならないのでこの件はスルーしようと思ってたんですが、と、冒頭にダ・カーポ。

   もう本になったんですってね。買って読む気はなかったです、今ホント諸事情で、本は読めないんで。去年も、「今年の本」発表してなかったですよね結局。たぶんなんも読んでなくて上げられなかったのであろう(「ジェネラル・ルージュ~」ぐらいかな?)。今年は辛うじて「マルタ・サギー」が上がるかな。そのくらい。コミックは去年は「金剛番長」で。今年は未確定。

   で、内容が、ひどいらしいと。

   まあ、受賞後のコメントで東奔西走と右往左往を取り違えてたようだとかきっつい取り上げられ方をしていて、それは記事書く方がやってやるつもりで書いたなと気持ちは解らないでもないまでもイヤーな気持ちになっていて、
   まあそこそこなラノベなんだけど、頭の固いオッサンには受け入れられないとかそういう感じなのかなと漠然と思ってましたが。

   頂戴したトラバ(この前の、「さかなクンごめんなさい」に繋がってますが)を読んでみるとほんとにひどいらしいです。

   その昔読んだ久美沙織の「小説家になれる本」だと、賞にトライする以外に小説を出す道として、「有名人になればいいんです、アイドル、俳優、犯罪者の母でもなんでも、有名になれば、出版社の方から何か書きませんかと寄ってきます」云々ってあったなあ。これだよ。劇団ひとりも爆笑問題のどっちか(だからちゃんと覚えようよ)も、出してたし。

   結局これなのかと絶望しますね。
   いや、しませんけど。

   「バクマン」をアニメでも見ながら、
   「この作者達の気に入らないところは、カワイイ彼女がすぐできたり、漫画家のおじさんの『遺産』で資料類が揃ってることとかいろいろあるけど、なにより有名になること、成功することが目的で漫画を描いていて、読者を喜ばせたいとか、この話を書かないと死んでしまうというようなパッションがないことだ!」と娘とアツく語り合ってるんですけど。
   彼らの目指す「アンケートの数字を取ること」は読者の支持を得た結果ではあるんですけど、昔の「漫画家を目指す漫画」なんかであった、読んでもらって、友達が笑ってくれた、ああ、生きてて良かった、ぼくにもこういうとりえがあったんだ! 的ヨロコビが、あの2人にはないです、その辺が共感できないです。

   わたしにとっては書くことじたいが娯楽です。
   誰にも受け入れられないと感じるとそれはまあ寂しくなりますけどね、ま、書いてる最中は至福ですよ。今も、賞を取りにいく小説を書くのと同じ熱量と真剣さで下調べしてます。イタリアの警察組織とか、選挙制度とか、地理、歴史、いや、うっかりナポリの真ん中に実在しない川流してますけどね。近年のテロの傾向と対策とか、ヨーロッパの近代の建築の流れとか、向こうの風俗、年中行事やら教育制度、興味の赴くまま調べられるだけ調べてそれを突っ込んで、自分の理想とする美男美女の活躍するグランドロマンを書いてますとも。ちょっとした事件を書き広げていって、各方面に結末が付いて、ちゃんと物語を閉じられたときの楽しさといったら! 他のことでは得られない高揚感・達成感です。

   そういう世界に、水嶋君が足を突っ込みたいならどうぞ。彼も複雑な育ちで、日本語を自分のものにするために書き始めたというなら、思ったものが思うように文に起こせない苦悩とか、物語が全然転がらなくて時ばかり過ぎる焦りとか、それもひっくるめて楽しいと思えるまで頑張って欲しいと思います。小説家は職業じゃなくて生き方なのよね。

   そんでさー最近のおかあさんの悩みは、
   「こんなハンサムで気だても良くって喧嘩も強いなんて男が現実にいるわけないわよねー、あり得ない話書いて喜んでばっかみたい」と現実に目覚めたところだったのですが、ちょっとネットで昔のジュリーの映像なんか拾って、
   「美しい、しゃれっ気も茶目っ気もある、そして歌唱力もあるじゃないか」とうっとりして、大丈夫だ、奇跡のような人は存在しうる! とまたやる気を取り戻したということもお伝えしておきましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さかなクンごめんなさい

   昨日の夕方からなんか2ちゃんでもスレたってるなとは思ってたんですがこんな大ごとと思ってなくて。

   例によってザックリと申しますと、あのおさかなに詳しいタレントのさかなクンが、絶滅種であるところのクニマスとやらいう淡水魚のイラストを京都大学に依頼され、本人(魚)はもういないので、近縁種であるところのヒメマスを参考にしようと各地に依頼して集めて、依頼の絵を描いたところが、どうもこの富士五湖の西湖から採ってきてもらったヒメマスは色黒で噂に聞くクニマスに激似であるといって、京都大学に知らせて解剖その他専門的調査を行ったところが、大当たりで、その「色黒のヒメマス」はクニマスだったことが判って大騒ぎだそうです。

   いやーわたしこのひとアカデミックな芸人さんだと思ってたんですが、れっきとした文化人(ただし言動がフリーダム)だったんですね。
   なにせ美智子様級だし。
   天皇陛下ご臨席の学会(さすが、おさかな繋がり!)で、かれはあのトレードマークのフグのお帽子を取らなかったとかで。そりゃ取ってしまったらただのハイテンションな若造だしなあ。外交上、高貴な方の前でもお帽子を取らなくていいのは貴婦人ですから(皇后陛下美智子様もモードなお帽子はむしろ必需品)、かれは美智子様級となったのです。一芸って凄い。あのNHKでも、豹太が見たときには「さかなクンさん」と二重敬称のかたちを取って呼んでたそうです。虎美が見たときは「さかなクン」と呼んでいて、虎美に「さんを付けなさいよ!」と突っ込まれていましたが。その線で行くと、「デーモン小暮閣下さん」と同格なわけで。皇后陛下や悪魔と同格なのか、すごいな。

   あの京都大学卒で売ってる宇治原が、クイズの解答じゃなくて本業たるギャグを求められたときには固まるしかないってのに、魚の絵も描く、魚を調べる、そんで食べる! 水槽学とかんちがいしたとかで吹奏楽部に入って、サックスやバス・クラリネットを達者に吹くそうで。……よっぽど芸のあるタレントではないですか。やっぱ人間学歴じゃないなあ、興味を持てる分野にいかに情熱を注ぐか、ですね。

   そしてうちの猫科の人達は……ポケモンのゲームのエキスパートってのは一芸にはいるのかなあ、任天堂さんでやとってくれないかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年12月14日 (火)

星野さんちょっと待って!

   あのー、あんまり遅くて申し訳ないんですが。

   楽天のナベチョクこと渡辺直人選手が横浜に金銭トレードで出されてしまったそうなんです。昨日ネットで引っかけて。もう過去形。
   ああーなんであんないいコを出しちゃうのよー! まだまだこれからの選手なのに!(今ちょっと公式で見たら、社会人卒だったので、ついこないだ入ったつもりでいたのにもう三十路でした。そりゃーまだ若いとは言えないなあ)  打撃も守備もそこそこいけてたじゃないのよ。って、いけてたから出せるんです、おかあさん落ち着いて。
   なんでも、岩隈がいい値で売れなかったから(なんか失礼かしら)、それを当て込んで取った大リーグ帰りの顔のいい方の松井(マルシー喬林大先生)と岩村の分の年俸を出すために楽天はお金のやりくりが大変なんだそうで。だから、丁度ポジション被ってるしナベチョクを売っちゃおうって、計算らしいです。
   ああ、そんな。
   2塁高須様はもうヴェテランなので最近は毎日フルには出てなかったように記憶してますから、松井が入ってくれるに越したことはないんですけどね、大物2人は多かったよな、うん。すいません岩村選手についてはあんまり詳しく存じ上げてません、これから応援するから許して。

   でもまあ、球団創設以来、楽天といえばいろんな球団を渡り歩いたヴェテランの吹きだまりという感じだったのに、今度は楽天が最初でよその球団に貰われていって活躍する選手が出るってのはいいことなのかも知れません(一場もヤクルトに貰われていったし、朝井君も知らない間にジャイアンツに行ってるし)。やっとここまで来たかという感じ。野村監督に育てて貰いましたーって言ってね、ナベチョク君。あのひとその辺厳しいから。まーくんは挨拶がなかったとかこないだ週刊誌のインタヴューかなんかでぼろくそに言われてました。野村監督は好きなんだけどそこんとこ容赦ないですよね。言わないとわかんないヤツが増えたからしょうがないのかな。

   ってことで、星野さん大なたを振るった感じですが大丈夫なのかしら、ホント心配……な楽天でした。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

本日の暴論 : だーりんと呼ぼう

   それは猫科のひとたちが幼稚園に通っていた頃、比較的近いご家庭は3組くらいまとまってバスの停めやすいところに集まって幼稚園バスに拾ってもらっていたのですが、そういう、朝と夕方のバスを待つ時間に立ち話をしていて。
   「だーりんがそういったのね?」と相槌を打たれてしまって、しばし呆然。
   ダーリン♪ ってそんな甘い言葉わたしは使った覚えはないですよ、美咲ちゃん(仮名)ママ。そんなに旦那様旦那様って言ってたかしらとしばしおのが言動を振り返りましたね。
   その時はそれで流して、その後もいろいろ話していて気がついたのですが、それは美咲ちゃんママのくせだったみたいです。
   「ご主人様」って言ってしまうとなんだか奥様語になってしまってこっぱずかしいけど、よそのご家庭のあるじさまを、どのように表現するか。彼女は「だーりん」とお呼びすることにしてるようです。
   大胆な方だわ、とその頃は思ってたんですが。
   なかなかいいではないかと近年思うようになったのですよ。
   今ではとってもそんなダーリン♪ なんて呼んでない、いや、いまだかつてそんなこと言ったこともないあなたも、今こそ呼んでみましょう、だーりん♪ って。そんないまどき親に言われていやいや逢ったこともないひとに嫁いだわけもあるまいし(そうだったらごめんなさいよ)、一度はその方を愛しいと思って一生の伴侶に選んだのじゃありませんか。この際、半分冗談でも呼んでみましょう。なにかが変わってくるかも知れません。そうして、自分に自分で魔法を掛けましょう、このひとはかけがえのない自分のダーリン♪ なのだと。
   意外と平凡な毎日が少しでも変わってくるかもよ。
   ええ、わたくしも、隗から始めよ、やってみましょうとも。
   おや、ご帰宅のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »