« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月 7日 (木)

ゲージュツの秋に考える

   その昔、国文学の専門にようやく入ったら、「この作家は姪を妊娠させた挙げ句に外国に逃げた、その顛末を赤裸々に書いたのがコレ」だの「留学中女性問題を起こして逃げ帰ったところが女に日本まで追ってこられて言い訳のために書いたのがあの名作」とかそういう話ばっかりで、
   「プライヴァシーをほじくり返されて疚しいところのない文学者は漱石ぐらいですね」と涼しい顔をして近代担当の教官に言われてもう呆れたというかどん引きしたというか。
   その作品を掘り下げるために作家の細かい生い立ちやらなにやらそこまで曝く必要があるのかと潔癖だったまいちゃん@国文学科は大学に行かなくなりました。おかあさんごめんなさい。

   翻って数年前より「ジョジョの奇妙な冒険」荒木飛呂彦にはまってしまって、あの大河漫画を深く理解するためにいろいろ評論サイトやらいろんなインタヴュー記事やらを読んで、作者の人となりについて思いを致すようになって。
   ま、それは近年の傾向で、ジョジョに限らず作家さんとその作品についての関係性というものが判ってきたせいもあるんだけど。やっぱ、その人だけがその作品を創りうるのだということは、そのひとがいかように造られてきたのかということも作品理解には必要な訳よね。今になって気づくかお子ちゃま。

   ジョジョで言いますと、とくに初期は登場人物が筋骨隆々としています。それは、まあ、美術を真面目にやるとデッサンはギリシャ彫刻になるわけで、あんまりモンゴロイドの美しい肢体モデルってのは確立されてませんから、美しい肢体となるとやっぱあっちに行き着く訳よね。少女漫画の大御所も、まつげばさばさで鼻が高くて少女漫画の登場人物は日本人じゃないと言われますが、こちとらギリシャ彫刻でデッサンやってきてるんだ、こうなって当たり前とか言ってました。わたしも気持ち悪い髪の毛の明るい色の鼻の高いマネキンを見て育ってきてますんで。日本人の理想はあの時代まではコーカソイドなのよ、哀しいことに。
   さらに、たぶん作者の荒木氏はたぶんに肉体美への憧れが強く出ているんだと思います。彼は東洋人としての特色の出た白皙の美形で、なかなか衰えない端整な顔はネット上では吸血鬼だとかいろいろネタにされています。ご本人もいろいろトーカイしておられるようですが、まあ、体質もあろうし無理をしない仕事ぶりもさることながら、単純に身体に気を遣っているんじゃないかと思われますね。家族は女性が多かったみたいだし。簡単に言うと、素朴な育ちをした男性だとシャンプーはしてもリンスはしない、でも、女兄弟がいる育ち方をすると、男性もリンスして当然、シャンプーも資生堂サクセスじゃなくてラックススーパーリッチを共用かも知れない。そういう微妙なケアの差かと思いますね。アタマも牛乳石鹸で洗っててあれだったらごめんなさいよ。
   それで、その柳系のお姿をどう思っているかというと、じつは好きではないらしい。その昔コミックスに書いてある作者近況で、夢に千代の富士が出てきて、土俵で立ち会いをする寸前だった、こちらは50ウンキロ、だめだ、横綱に本気でぶつかられたら死ぬ!? と焦った云々書いてあって、ああ、端整ではあっても少しはコンプレックスなのかなと愚考。あれだ、三島由紀夫系、貧弱な自分キライ、ギリシャ彫刻に憧れ~ってやつ。そこから、ある種歪んだ欲望、支配欲を露わにする敵に対し、正義の主人公は健全な精神と筋肉美という物語の骨格ができているのではないかなと。正義へのまっすぐな志向とは逆に、その悪役の歪み具合がまた尋常でなく、ある種極めているのでええと、突き抜けると面白いというやつで、初期からマニアな好まれ方をしておったと認識しております。
   「ワンピース」とかさ、「ドラゴン・ボール」みたいなスカッとした判りやすい面白さじゃないのよ。絵もくどいし、ああ、正しかるべき「バロック」とか「ゴシック」。ごてっとして気持ち悪さを内包した美の世界です。

   あと、なにかのインタビューの孫引きですが、少年時代妹たちにひどく裏切られている、兄弟皆に公平に与えられていたおやつを妹たちが共謀して何年間かずっと彼の分は盗まれて、妹たちが山分けをしていた由。なんかとっても彼には重大な事件だったそうです。
   そういう、裏切りをひどく憎み怖れる心がありますね。ジョジョは大河ですが、裏切り者はざっと思い返してみてもあんまり思いつかないんですもん。まあ、第1部の敵は家に入り込んだ悪がどんどん本性を露わにして家を乗っ取ろうとする話だけど、裏切りとは違うカンジだし。2部は1部に出てきた味方が老いへの怖れから悪の側に付いてしまうけど、「裏切ったなーーー!ッ」ってほどの精神的チュータイは主人公となかったみたいだし。3部は逆に敵の刺客がどんどん味方になってるし。あとの敵は敵で向こうのボスに気持ち悪いほどの忠誠を見せているし。まあ、5部にはスパイとしての設定がありながら、主人公側が可哀相すぎるという理由で離反にとどめて、刺客としての再登場がなくなった登場人物もいるそうです(文庫版作者解説より)。

   また、そういう経緯からか、女性の描き方がリアルというか「現実にはいないよこんな優等生な女の子、ケッ」という少年漫画の嘘なカンジがないです。怒るともう聞くに堪えない言葉で喚き散らすし、顔は醜く歪むし。まあ、がんばるときは男性同様がんばりますけど。やっぱりこれは、身近に年の近い女性を見てきた作家ならではなんだろうなと。
   あと、ファッションに対するこだわりもあるようで、こんな奇抜なファッションよく思いつくなあと思っていると、「これは何年のなんというブランドのパリコレ作品」とか元ネタを探し出してくれてるところもあって(ようやる)。女性もののブランドのドレスをロングジャケットとしてイケメンに着せてしまうというセンスは凄いと思います。女の子にそのまんま着せちゃそりゃパクリかも知れんが、筋肉質(5部は時代に合わせて少し筋肉削ったようだ)のイケメンがレディースですよ?(不思議と似合う!) これは脱帽すべきでしょ。わたしはアリと思いますね。そういう、筋肉への憧れがありながら妙にユニセックス、フェミニンなニュアンスがあるところも特色。

   あとは、公開された登場人物の性格設定に、「最初愛想よくはしないが、ひとたび心を許すとその相手には尽くす」的なものが多いです。シリーズを通してそういう設定の人物が何度も出ます。そんなに八方美人キライか。まあ、漫画の登場人物ですから、奇矯な人物の方が描きやすいでしょうけどね。時代が波風立てるのを嫌がる雰囲気ですから、とくに個性がなく誰とでも仲良くできる、よそはそういう登場人物のほうが多いですよ。男の子向けラノベの主人公なんて最近みんなこんな感じ。これは荒木氏本人がちょっと個性的な性格で内向的で、よく昔から他人を観察していて、表裏ある人間を激しく憎んだ、ということなのかなと今のところ見ていますが。

   って、こんなに人様のことを勝手に分析して、おまえプライヴァシーを曝くのがいやで国文やめたんじゃないんかいって、でも作品を愛するゆえその産みの親も慕わしく想いを寄せずにいられない、深く理解したいと思うのは当然って、要するに漱石や鱒二はその対象にならなかったってだけか。しょうもない。ただの漫画好きのたわごと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

ちょっとしたいたずら

   れっきとしたJ-POP(というにはバブル期で早いですが)の曲、歌詞を今書いてる小説に使いたくて、マンマだとやばいので変換してみました。 堀口大學 ふうに(おい!)。
   さあ、なんて曲だ?

   春の嵐の彼方に去りて 
   うわの空に待てるヴアカンス

   そは笑顔の似合う季
   皆人楽しまずや
   なじか胸轟かし
   九竅に感ず
   蒼穹と碧海の調和を

   灼灼たる陽光
   動悸著しく
   胸沸き立つ
   今や求愛せん

   我が方寸も夏ならん

   いや、最後でばれるから。タイトルオチ。がんばって漢語っぽい言葉を探しました。類語辞典欲しいわあ。

   でもまあ、今更聞くとなんか泣けるわ、TUBE。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルガリータ → ハンガリー 

   ただいまお洗濯もののドライ待ち
   部屋干しコースというのがあって、全自動の、普通の上から洗濯物を入れる攪拌型の洗濯機なんですが、終わったあと、洗濯槽に空気をとりこんで空回しすることによって脱水済みの洗濯物をほぐして風に当て、多少なりとも乾きやすくしてくれるという気の利いたコースなんです。……2時間余計にかかりますけどね。雨の日や、夕方泥まみれになってきた高校球児の練習着を洗って朝までにまた乾かすのには使えます。

   

高校球児を支えるのは大変というお話。

   球児といえば頭は丸刈り。豹太は丸刈りには抵抗はないですが、球児というのは毎日夜遅くまで練習をしておるので散髪にいくヒマがないのです。中学の頃はそれでも甘かったので、
   「おう、早乙女伸びてきたなー」
   「来週行きます」で済んでたんですが、流石高校は生徒指導が厳しいところなので、ちょっとでも伸びてくると、
   「早乙女! 明日にでも行ってこい!」とうるさいとか。部のお母さん達にお尋ねすると、
   「バリカン買って自分で刈るようにした方が安上がりよ」って。まあ、いとけない頃を思い出しますわ。
   「えーっ、ついでにひげ剃りとかもして貰えちゃうから、1000円カットでいいじゃん」ってその時は言ってたんですけどね。まさか行くヒマもないとは。

   先週末、あろう事か屏風が浦まで遠征したのにキャッチャーマスクを忘れて、それがないと危険だから試合ができなくて、対戦相手のをお借りしてなんとか試合ができたという 不祥事 が起きてしまって、
   「すっげー説教された」と、お昼の試合の筈が夜9時まで帰ってこなかったのはそういう理由。
   「連帯責任で、一年全員頭丸めろってことになったんだけど、床屋しまってて」
   屏風が浦遠かったですね。
   しかも、月曜って一般的な理髪店は休みで。
   「火曜の朝早めに行って、バリカン持ってる先輩のでやるってことになったから早く起こして」
   といって、出かけたのは今朝のこと。

   「……バリカン買って」と豹太やや疲れて帰ってきました。
   「先に友達の分刈って、最後におれになったとき、途中で電池が切れて
   「えーッ!? それは、半刈りー?」
   「タオル巻いて教室に行ったら、教室ではニット帽とかタオルとか頭に載せてちゃダメって規則で、『丸刈りが恥ずかしいなら野球部やめちまえ』って先生に言われてババーってタオル取られて、先生がそれ見て、『……済まなかった』って」
   「その半刈りーはタテに半分なの、横に半分なの!?」
   「……地球儀?」
   おかあさん、笑うのはやめようよ。

   旦那様は昨日、
   「みんなして丸刈りになるみたいよ」と言っていた時点で、
   「おれに学校に怒鳴り込めと? いいよ? コワイ父兄になっちゃうよ?」って言ってくれてたんですが、とりあえず、「バリカン買ってください」とメイルしときました。

   ホント、球児の家族は大変。

   「おおきく振りかぶって」の西浦高校は頭髪は結構自由っぽいですけどね。キャプテン花井と巣山君はマルガリータだし、栄口も阿部も短髪っぽいですが。まあ、漫画だしなあ。

   あ、それで、お洗濯も大変なんです。
   球児は着るものも多いです。公式戦だと、帽子はいいにしても(でも砂まみれになったときなど洗って頂戴と泣きつかれる)、アンダーシャツ、上に着る半袖の試合着(これに背番号が縫いつけてある)、下はお尻や膝が強化してある膝までのズボン、靴下、それを留めるストッキングというもの(どちらかというと膝下タイプのガーター様の物)。真剣にやるところだとパンツもスライディング・パンツというキッチリしたやつを穿く筈ですが。
   練習のときは、暑い間はアンダーシャツの上に練習用半袖……これもゴツイから盛夏は半袖のウエアを重ね着してた模様。熱中症の警報も出てるときになぜ重ね着する? 西浦高校のみんなはアンダーシャツだけだったと思うけどなあ。なんかレイヤーにするのがおしゃれというムーヴメントでもあるのでしょうか。
   とにかく、ズボンとシャツと靴下というシンプルな組み合わせで洗濯に出ていたことが一度もナイ!
   白い化繊のTシャツは前のチームでは本番用アンダーだったはずなのに、今は普段使いにしているみたいなのはリサイクルとして正しい判断なのか、とにかく毎日半袖シャツを3枚くらい、厚手のズボンに靴下の一群を洗い倒していたような。
   今年の夏は暑かったですから、乾かないことはなかったですけどね。おかげで、エアコン付けっぱなしで寝られて、湿気も適度にあったから冷房病ということもなく。

   最近困ってます。
   もう冷房付けてねるほどじゃないし。
   でも乾かないし。
   ついでだから虎ちゃんの汚れ物も一緒に洗っちゃって翌朝ラクしようとか思ってて、大量になっちゃって、風当たりのいいとこに優先的に干した豹太の野球セットは乾いても、普通の洗濯物はまだ生乾きで。虎ちゃんのキャミソールとか。
   洗濯機を回してる最中に帰ってきた旦那様の脱いだものは洗ってないし。
   結局寝不足で朝また洗濯機を回して二度寝して、寝過ごしてお昼過ぎに干したりして。生乾きちゃんたちにはそのとき物干しで風を当てて乾かすと。
   なんか今年の夏は洗剤の減りが速かったわあ。
   とりあえず、洗濯物が乾きにくくなってきたら、夜洗いは最低限にしたほうがいいかしら。ご近所にも迷惑だし(なにせ洗い上がるのが2時とか3時! それまで起きて待ってるお母さんの苦労を汲んで!(泣))。西浦高校のママ達はなんで生きてるの!? 2~3セット持ってるの?(それだ!)
   今日せっかく蒸し暑かったのに、うっかりお外に出すのを忘れて生乾きちゃんばっかりになって干すところがなくなっているリヴィングよりお届けしました。
   明日の天気予報チェックしないと!

   それにしても、ママさん達が大車輪の西浦高校はともかく、長屋ぐらしでお風呂も週一だった山田太郎くんや里中(長屋じゃないけど確か母子家庭)の練習着は誰が洗っていたんだろう……。

   高校球児を支えるのは大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

やぎのおしごと ― 西武鉄道篇 ―

   その昔、大英帝国の海軍の船にはヤギが乗せられていて、その伝統を汲んで、今も海軍にはヤギ大尉がいるとかいないとか繰り返しネタにしておりますが。

   (もう)昨日の夕刊には、西武鉄道が、池袋線の線路わきの除草のためにヤギをひとつがい導入して、二酸化炭素の削減に挑戦しているという記事が載ってました。
   ヤギ夫妻が出勤すると乗客は和んでカメラ付携帯を向けるんだとか。
   いいなあ。

   うちの庭のも食べてくれないかしら(こら!)。

   そういえば、仙台のおうちにいたとき、近くのグラウンド脇を散歩してたら、豹太のクラスのお友達のおかあさんがそこんちのウサギを遊ばせていたなあ。
   「ちょっと生の草食べさせようと思って、ほほほ」
   ウサギフードというか干し草を買ってきてやるらしいんだよーって豹太が聞いてきてたんですが、たまには生ものもいいのかも知れません。ヨモギとか生えてたし。

   ……じゃあヤギまで行かなくてもウサギでいいわけか……ウサギなら鳴かないしなあブツブツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌人慌てる

     心得て 夏の名残は気に留めず
        この季が華の金木犀咲く          舞音

   再掲。2007年のこの季節の記事に出したんですが。
   先週のニュースのネタで、ヒガンバナが、あんまり今年は夏が暑かったのでお彼岸に間に合わず、やっと咲きそろいました、なんてのをやってたと思って。裏のおうちのシロバナヒガンバナはお彼岸の頃に咲いてましたけどね。さすが、と思ってたのに。あそこはうちの裏で、午前中しか日が当たらないからそんなに暑くなかったのかしら。

   そういえば、ネリネって花が出てますよね。ダイヤモンドリリーとも言うんだったかな、やっぱりヒガンバナ系の、茎がしゅっとしていて葉っぱがなくて先にキラキラの百合形の花が集まって付くやつ。わりに新しい種類で、昭和の花屋にはなかったと思いますが。色はブルーとか紫とかで、あんまりヒガンバナを感じさせない……でも形は絶対ヒガンバナの近縁種ってモロバレだよなーって見てました。ま、あの色でなければ純粋に花の形はきれいと見ることができるかもと。語感もかわいらしいし、ひらがなにしても、ねりねって、曲線のかたちがきれい、今風の女の子の名前にいいかも、と無責任に考えてました。ヘンに派手な漢字を当てさえしなければいけるんじゃないかな。

   お彼岸の辺りから一気に秋に突入して、毎度竜田姫様は挙措の派手なお方よと思ってましたが、ちゃんと締め切りは守ったなーと思わせておいて、花が間に合わないとはやはり今年は異常? そういえば、9月最終週は町内一斉清掃の日と決まってるんですが、毎年金木犀の匂いで一杯で、優雅な気持ちで草むしりができたと思ったのに、今年は金木犀間に合わなかったわねそういえば、と、ヒガンバナ遅刻のニュースを聞いて思いました。

   じゃあ、夏がどんなに暑くっても、金木犀は期限を守ってその頃咲きますよーってこの歌嘘になるじゃん、と、先週から気になっていて。
   さすがにこの週末にはあの香りが漂いだしたのでホッとして出しました。

   今年が 異常 なのよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »