« 2010年8月29日 - 2010年9月4日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »

2010年9月10日 (金)

漫画の中で描かれる国民性

   ちょっと引っかけた話ですが。
   「ジョジョの奇妙な冒険」のフランスの読者の間では、3部のポルナレフは大人気だそうです。「これぞフランス人だ!」って。 
   ええ~ッ? そうかなあ?
   ポルポル君(作中の敵の挑発の言葉によるあだな)は美マッチョな剣士でスタンド能力者でありますが、直情径行、スケベでドジな三枚目だと思うんですけど(でもそこが憎めない。わたしも好きです)。
   フランス人って、もっとひねくれてて理屈っぽくって、なにかっちゃエスプリがどうとか捏ねてチームワークを乱すようなイメージ
   ポルポル君は結構血気にはやって(たしかに単独行動多いけど)、肉親への愛や友情に厚いカンジで、もっと、いわば南イタリアやスペインな感じがしました。そういう、フランス人にもこういうアツイやつがいるんだ! という意外感で好きだったんです。
   まあ、泣いたり笑ったりの忙しい冒険の果てに満身創痍ながら生き残って、なんと5部でも再登場するんですが。

   ひとの感覚もいろいろだなあ。

   自分がこうだと思ってる自分と他人に思われてる自分は違うってやつかな?

   しかし、これが初めて見る「フランス人」だったりすると、後々大変かも。ジャンプは小学生の少年も結構読んでたし(今でも表向きは小中生男子が対象のはず)、3部はまだ難解じゃなかったから「絵が怖い」とはいえ読んでたひといるんじゃないかなあ……。

   そこんとこ、どうでしょう?

   わたしは、フランス人にはこれといった印象がありませんが、ドイツ人は、「エロイカより愛をこめて」のエーベルバッハ少佐がもう刷り込みで入ってますから、堅物、質実剛健、メカ好き、芸術はちょっと苦手、そしてむっつりと見事なもんです。そういうのを、今は「へたりあ」ってのでその国を代表するキャラクターで覚えるんだから、いいんだか良くないんだか、とりあえず虎美は地理も興味を持って取り組みだしました。単純。ああ、「へたりあ」でのフランスはもろ、前述の通りのどうしようもない人格です。その辺、そうだ、「傭兵ピエール」(マエストロ佐藤賢一)のピエールは、「おれたちが文化の源、正統のフランスってのはこういうもんだ」みたいなしょってるカンジがもう、ああ~んおフランス! でした。マエストロさすがです。まあ、100年戦争期だしね。国が存亡の危機だからその辺はムキになっちゃってたんでしょうねえ。そういう時代背景コミでうまいキャラの立て方でした。

   そして我がニッポンは……ハリウッド映画をご覧になる方が、日本人すなわちナベケンの勝元さんだと思ってくれてわたくしはいっこうに構いません♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風一過

   烈しさも 姫の嗜み 台風過
                             舞音

   昨日は涼しかったんだけど。
   ほんに、竜田姫さまは苛烈な性格でいらっしゃる。池澤夏樹書くところの「右手で嵐を運転しながら雲を踏んで襲来」するのはこの姫様で確定でしょう。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。ホント、避難袋にはヴィニルパックしたタオルとかも入れとこうっと。
   「NHKニュースウオッチ9」登場の季節のキャラクターの春ちゃんもまた、春の嵐の時には牙を剥いた顔になったりしますけどね。
   このまま涼しくなっていくんでしょうか。虎美は昨日冷房が効き過ぎて寒かったといって、今朝は長袖を着ていく云々吼えてました。お外はまだまだつれない炎天下。さて、後悔しないかな?

   さて、難に遭われて、公民館とかに避難された方の映像を見ますと、畳敷きの大広間に折りたたみの座卓を広げて、みなさん疲れた顔で坐っておられるのが定番なんで すが、今回のは、その先を2,3才ぐらいのちいさいお子さんがととととととーって駆けていって、なんだか微笑ましい気持ちになりました。幼稚園の行事なん かで、集会室に集まると、どこのおちびちゃん(上の子は幼稚園児だがその子は未入園でついてきた)も昂奮して駆け回るんですよね。あらあらまあ、すいませんしつけ が行き届かないで、とママは焦っちゃうんですが、あれは、あれでいいそうです。今どきは住宅事情が悪くって、畳敷きの大広間ってあんまりないですか ら、どこの行儀の良いぼくちゃんも、雪の日のわんこ同然にハイになって駆け回るんですってさ。
   「それにしては虎美はそのようなことがなかった……うちはわりと法事がしっかりあるほうだが」と水を向けると、
   「あたしは仏様のあるところでは騒いだりしないもん!」ほう?
   お寺の幼稚園で育ったので、畳の広間にはご本尊が安置してあって、園長先生が怖くて駆け回ることはできなかったとか。
   「あの園長先生は怒ったりしないと思うけどな」
   いやどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 9日 (木)

数学・英語・理科・保健体育

   ……以上、平成22年度前期期末試験初日の科目。
   授業時間の確保のために今学校はいろいろと姑息なことをやっておりますが(始業式のあとも平常授業とか)、一日4教科はきついんじゃないかしら
   折しも合唱コンクールの1週間前、プログラムに載せるクラスの意気込みを書いた文やら演奏の前にクラスの代表が述べるスピーチの原稿やらの締め切りも重なって(実行委員をひきうけたらしい)、 虎美は試験勉強の時間が取れず切れまくってました。

   ああそれなのに、内申書には2年の前期末試験の結果から載ってしまうのだとか。
   虎美ちゃん土俵際いっぱいです。
   「もう捨てた。成績は期待しないで」って、アホかーッ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

熟年文士がんばる

   

芸術の秋はもうところによっては来ているようで、遠い親戚(?)の池田光矢氏がまたしても旅行記を出したといって献呈されました。
   ……おじさん元気だなァ。うちの父より年上の筈なのに、今度はどこへ行ったんだろう? って見たら、今度はイタリアとドイツでした。イタリアは興味があったのでパラパラめくっていると、またしてもパック・ツアーで知り合った同行の女性達を花の名で呼んでいると。毎度そういう旅先の日本女性の生態を観察してときに辛辣に描くのが作風のようです。
   しかし、結構自由が利く仕事をしていて、よく奥さんはほったらかしてツアーに一人で参加するので結構胡散臭がられている模様。
   「お仕事はなにを?」と聞かれて、
   「俳人です」って、痛い! 痛いよオジサン!
   まあ句集もそれなりに出してるんだけど。
   社会人として自分の仕事はちゃんとやって、たまの休みには海外に出てゆっくりして、リタイアしたら、書きためたものを出版する。文学を志すものとしてはうらやましい人生と言えますが、おばあちゃんになってから自費出版で本を出して、親戚に配って歩いて嫌がられるってのもなあ。やっぱり現時点ですぐ「面白かった!」「今度はどんな?」と……ちやほやされるってのとは違うと思うんですが、好意的な反応が欲しいかなあ、贅沢?

   旅行当時は60代にさしかかったところのようで、そういうオジサンがふらふらとパックツアーに参加して、オバチャンたちと珍道中をするだけならず、なにやら多少色っぽいこともあった模様。……やだなあ。
   「それがし、浮ついた振る舞いはしませんでしたが、そこは生来のインテリジェンスでしょうか、旅先でなにかを期待する女性には訴えかけるものがあったらしく……イヤー参った参った」って 自慢ぽい カンジがね、イヤだわ。男性はこういうの楽しくご覧になるのかしら。女なんてこんなもの、アンタももう10年もしたらこういうオバハンになるんだよと言われているようでホントに地味にいや~な気持ち。

   船酔いをしやすい質なので、必須のツアー、ナポリ観光の目玉の「青の洞門」見学は、どうもいやな予感がしたので直前でキャンセル、一人で港に残ってお土産を物色していたところが、波が高く、随分待たされた挙げ句が本日は見学不可能と一行が帰ってきたという辺り、へえ、そうそうあそこはやっぱり自然のものだから、タイミングで見られない時もあるそうですねと肯いて、で、あそこってそんな名前だったかな、高級スパゲティのブランドと同じ名前だよね、青の……と、思いを巡らせていて、はたと思い当たりました!

   おじさん、それは青の洞窟! 青の洞門は菊池寛じゃん!

   がんばってもそこは昭和の文学青年だったのねって、こんなことでいい気分になるわたしって、低レヴェルな人間ですねと反省。

   受け取って一週間のうちになんとかお礼状を出せたので一応マル!
   ……まだまだ暑いからせめて目に涼しい便箋をと雪の結晶の模様の入った和紙のおとっとき便箋を出したところが、丁度似合いの切手がなくて、菜の花や水仙、牡丹よりはまだ紅葉のほうがましかと 季節がとっちらかったお手紙 になってしまったのは気にしない! お花の切手がきれいとそればっかり買ったはいいが、お花には季節があるという落とし穴でした。また、池田光矢氏は俳人でお花の写真もものするからきっとお花の季節感にも敏感でしょう……ああ、そこんとこは見逃してえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑さを忘れる話

   昨日の夜、旦那様が早めに帰ってきて、これは暑さに疲れたな、と、いつもは28度のところを25度ぐらいに景気よくエアコンの設定を変えて。風呂上がりの虎美がもういいでしょとばかりに元に戻そうとしたら、
   「おかあさんもう電池ないみたい」と。そういえば、最近反応が遅かったかななんて生返事をして、旦那様が食事を終えて自分の部屋へ戻られる頃にはもう冷え冷えで、エアコンを切りなさいとばかりにリモコンを見たら……もう表示が消えちゃってたらしく。
   「これは単4か……手持ちはみんな虎美ちゃんにあげてしまったと思う」って、デジカメとか、ゲームとかにバンバンつかってるみたいです。わたくしは、最近はとんとそのようなものに縁がなく。
   「明日買ってきましょう」とか思って流してると、これがまた、台風が来ているせいなのか、とうとう夏将軍もおうちに帰る頃なのか、昨日の夜は幾分涼しかったようで、冷える冷える。もう、1時を過ぎる頃には鳥肌。どうにもガマンができなくてかるく寝て、3時頃起きてさあお弁当の仕込みをする(前にちょっと2ちゃんでも覗く)べいとパソコンに向かってたらどんどん冷えてきて。
   なにもこの状態でリモコン死ななくっても。
   家中のリモコンを分解して電池を借りようにも、あとはみんな単3で。時計も電動歯ブラシもみんな単3だわ。コンヴィニに走ろうにも、イーヴィヒベルクは洗練された住宅街なのでコンヴィニも11時に閉まるんです! どうしよう!?
   防災の日があったばかりというのに、おかあさんカンパン買うのは覚えてたのに乾電池はまるっきり忘れてました! ダメだよ。ホントに、のど元過ぎれば熱さ忘れるってこのことだわ。

   夏風邪で8度の熱がありながら試験前だからがんばる! と保健室で冷えピタをもらって最後まで授業を受けた(去年とは大違い!)という虎美が、涼しいところで寝させてと下で寝ていたというのに! 
   虎ちゃん大丈夫? とばかりに様子を見ると、頭から蒲団被ってました。うん、生きる力はあるようです。
   もう、おかあさん膝には膝掛け置いてます。真剣に寒い! 廊下とのしきりのドアを開けてみましたが、エアコンはかえってがんばって冷やそうとしてきます! 
   どうしよう! 虎ちゃんが死んじゃう!
   もう、電気料金はどうでもいいから、と表に繋がる掃き出し窓を何日かぶりに全開にしました!(猛暑日続きでも換気ぐらいしよう)
   なんとか「涼しいわね」レヴェルに気温を戻せたかな?
   スーパーが開いたらすぐ行って電池買ってこよう。いや、6時には開くかな? コンヴィニ……ああ、コンセントひっこ抜けば良かったのか、と見ると、本棚の裏だし、なんだかテープで固定してあるし。

   そして、寒さに震えながらうっかりゲームをやっていてしまって、もう6時じゃん!
   お弁当仕込んでないよ!
   徹夜(途中仮眠有り)だな、またしても。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

ゆとりイングリッシュの行方

   9月に入りまして、2学期制の中学校では期末が目前に迫っております。折しも校内合唱コンクールも射程に入って、虎美はもう練習期間が短いだのぶうぶう言いながら早出をしております。
   この合唱コンクールは、日本の学校行事としては後発な為か、まだ公には短縮化されていないようですね。虎美は「合唱コン」と略しております。ゴルドベルク中ではこれが公式なのかな? 文科省の学習指導要領やら、NHKのニュースで使われるほど定着するには、もう10年ほどかかるでしょうか。それとも、新造語ができるのかな?

   それで、英語はホントに苦手という虎美の勉強を見てやることになりました。
   「おまえ、おばあちゃんがつきっきりで見てくれていてそれでなんだ?」豹太のときには奏功した「教科書の本文をひたすら写して和訳する、今度は英訳してもとの教科書の文に直せるようにする、それを、完璧になるまで永遠に繰り返す」という、ええと愚直だけど絶対ものになる勉強法ですね。虎美はペンだこができたとか泣いてましたが、そんなの学校に行ってる身の上では当たり前でしょう。わたくしは、世界史の先生の憧れの名調子を全てノートに写し取ってたために右手の側面がすり切れて光ってましたよ、現役時代は。手を動かす勉強をおろそかにしておるからおまえたちは字が汚いのだ。
   それが、言われたとおりやっているのに身につかないのだそうで。
   兄妹といえども頭の中身や心の持ちようが違うという実例ですね。来年受験なのに、どうしよう。どのくらいだめかって、
   「8割はヒアリングで稼いだ」って、嗚呼。
   「それは、全体の得点の8割がヒアリングによるものだったのか、ヒアリングの小問の得点率が8割だったのか、どっちだ?」
   「両方」
   これって、算数の問題になりませんか?

   虎美ちゃんの英語の点をXとおくと、0.8Xがヒアリングの点。それが、ヒアリングの配点が40点だったりすると、虎美のヒアリングの得点は40×0.8の32点ということになりますね。となると全体の得点は……ひどすぎる。(なお、実際の配点は不明です)

   とくに英会話の教室に通わせたりなんかはしてませんが、しんけんゼミの付録の英語教材は面白がってやってましたから、英語の耳はできてたのかも知れません。ありがとうしまじろう。

   「でも単語が全然わからない、書いた筈なのに思い出せないの」
   「気合いが足りん。
   そこは、漫画やアニメの名台詞、オープニングのテーマ曲の歌詞なんかを自分で英訳して覚えるんだ。母はがんばったぞ。当時見てたアニメの主題歌はほとんど英訳した。マクロスだと The destination which they fly through the darkness ~(闇を切り裂き飛び行く先は)
   必ずしも正しい英語になってる必要はないが、おかげで『目的地』という単語は一生忘れない。
   これが萌え単というものだ。
   おまえも漫画の台詞なら一発で暗記するというならやればよい」 
   ほんとに今でもそこのフレーズだけはそらで言えますもんね、恐ろしい。これがまた文部省イングリッシュで恥ずかしいんだけど、お外に出すもんじゃないからいいじゃない。

   さて、それで教科書をつらつら見てゆくと、ゆとり教育は丸暗記、文法重視の使えない英語を排して、国際社会において使える英語、話せる英語を目標としておる模様。1年の時から教材にもそれが反映されていて、ハンバーガーショップで「ハンバーガーにポテトにコーラお願い」と言えるように作られてたりします。
   でもそれがね。誰かが批判してましたが、
   「お持ち帰りですか、こちらでお召し上がりですか?」に対応できるように、
   「For here, or to go?」って聞いてきます。本国でもこういうんでしょう。じゃあテイクアウトってのは和製英語かよ、船越さ~ん、一緒に怒って!(「みんなでニホンGO!」毎週虎美と楽しみに見てます)
   マックに入ってもちゃんと対応できるでしょうが、文法的にはこれを覚えてもなんら発展性がありません
   Eメイルの単元でも、
   「take care !」という文末の「お体に気をつけて」という言い回しは覚えるけど、それは教科書中の気をつける単語のコラムに書いてあるので、頭から覚えてふんふんと言ってそれっきりなんですよ! take care of A で Aの世話をするという連語の言い回しを覚えて、彼女は猫の世話を毎日するとかの例文を覚えて、そんで……という積み重ねをまるっきり無視しておるのです! 一事が万事!

   そりゃ、いざ出されても困るわ。   

   教材は工夫されているし、目指したものの志は間違っていない(たぶん)、現場の教師もがんばって、「これが先生のブラジルのメル友からきたメイル本物です! これを訳してみましょう!」とかやってるのに、生徒は戸惑うばかり。

   いったいどうしたらいいんでしょうねえ。

   思うに、いろいろ批判されていた「これはペンです」から始まる文部省イングリッシュも、あれで意味があったんですねえ。人工的な堅苦しい「英語の教科書日本語」とはいえ、このスタイルからは英語と相互にスライドは比較的容易にいけましたもん。
   「おかあさんの英語の説明おもしろーい」と子供受けばかり意識してぶっちゃけてやっていた和訳、ぶっちゃけ過ぎてこの単語がこの意味、ということを正しく理解されてなかったと昨日思い知りました。
   「『そこで男とその嫁はお水を上げた』と」
   「待て、母が悪かった。それではだめだ、ちゃんとした気持ち悪い英語の教科書の日本語 でやり直そう」おかあさんその表現はどうよ? たぶん、現実でたくさんの文章を読み飛ばして大意を掴むにはそれでいいんだけど、初級者にはそれじゃあダメだったんでしょう。日本語としてこなれているかと言うことは犠牲にして、文中でどのタイプの構文が使われておって、それぞれの単語の意味はこうであるとすぐ見て判る文にするべきでした。
   「ええと、『男とその妻はその老婆にお水を少し与えました』」
   ね? これで、元の英文がどんなだったかお判りになるでしょ?
   「よろしい」give A B の構文ですね。some は数量を特定しないいくらか(普通の構文限定。否定文などではany になる ……あー! ここでいじわるじいさんにして全然やらなんだ例文も教えれば良かった!)。
   母も結構楽しんでやっております。教えるって面白いことなんだ?

   ただ、ここへ来て、なにかっちゃ壁新聞を作ったり、スピーチをさせられたりという育ち方をしたので、ゆとり世代は発信能力、コミュニケーション能力は長けておるように見受けられます。せめてこれがいい財産として彼らの身について行きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月29日 - 2010年9月4日 | トップページ | 2010年9月12日 - 2010年9月18日 »