« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

2010年7月31日 (土)

Bon Tanz in Lilienberg

   行ってきました盆踊り大会
   今年はなんにも役員を引き受けていないから、適当に浴衣をひっかけて行ってこようかなと思っていたら、昨日になって虎美が
   「ミキちゃんが浴衣着るっていってるからあたしも着る!」って、おい、うちには着物の着付けセット1揃いしかないんだよー!
   母が遠慮しました。春秋に富む若者、そんでもってより美しい(くやしい!) ものが美しく装って皆の目を楽しませるのは世の道理でありましょう。ああっホントに悔しいっ!

   いろいろ物色しておったようですが、結局去年まで着ていた蛍模様の自分の浴衣にしたようです。帯も無事発掘され、さて、着せてみようかね。
   「おかーさんもうコレ限界!」ああ、たしかに裄とか足りないですね、若いうちだから可愛くも思えるにょっきり具合。来年はなんか作んないとダメかも。
   「綿絽の浴衣着てもいい!?」
   「だめ!」
   100年はやい! おまえなんてまだまだ中国に縫製に出してミシンで縫ったようなやつでいいの!
   母はもう和裁は引退したらしいです。現役のうちに一枚作ってもらえば良かった。

   下駄はもう入らなくなってるようで、いい下駄は去年金沢に持って帰ってそのまま置いて来ちゃったみたいなので、サンダルで行くと言ってました。まあ、そういうのが通用するのも中学生坊主の利点よね。

   小学校のスクバン演舞があるので虎美は5時に出ましたが、7時からの盆踊りに合わせて、おかあさんも一応こないだお中元出しに行ったときに小田急のバーゲンで買った蝶々の模様がキラキラしているTシャツを着て出かけました♪ 御飯は各人自己調達で踊りまくる約束で♪

   やっと歩いてるような坊やの甚平とか、もう着崩れしまくりの小学生女子とか、浴衣はもうどのお年頃もいいですね。
   ローティーンの、小学生かな、中学生かな、おしゃれに目覚めた頃の女の子の、買ってもらったばかりってカンジがぷんぷんする浴衣もよし。熟年のおじ様のきりりと締めた角帯とか、ご町内で揃えた踊りのチームのお姐さんたちの浴衣とか、もう、頬が緩んでしまいます。
   本日の目からウロコ賞は、
   白地にフルール・ド・リスの模様の甚平! でした。
   あれですよ、フランスの紋章の、百合って言うかあやめみたいな図案、10センチくらいのを全面に散らしてありました。
   たしかにここは百合の街けど。
   百合の花の図案化というと、合併する前の協和銀行のマークがテッポウユリみたいなカンジじゃなかったかな? ああいう横向きにしてラッパ型の花の形を活かしたデザインが多いかと思いますが。
   わたしは、弟の美術の宿題、庭の花を各自スケッチして、それを図案として単純化して、さらにそれを彫刻の図案としてオルゴール箱を作るという課題だったので、成果物を頂くという契約の元に図案のデザインまでを引き受けた覚えがありますね。公立中学校の美術でした。わたしの行ってた中学はあんまり工作の方はしなかったので、ちょっとうらやましかったかな。ええと、鹿の子百合があったので、それを正面から風車のようにアレンジしたんだったと。……なんか彫る方もかなり手伝った覚えがしてきたなあ。耕作くん(弟)、おねーさんに感謝しろよ。
   まあまあの出来だったので成果物は有り難く頂いて枕元においといたんですけど。
   そういう懐かしい過去なんかも思い起こされましたコトよ。

   それで目的の盆踊りですが。

   1年でまったく忘れてました
   やっぱもう衰えてるのねー各方面。
   「炭坑節」が、掘った後どうするのか、2つめの振りで既に脱落。やぐらの上で各町内の方が踊ってくれてやっと繋がりました。あーあ。
   その後、「きよしのズンドコ節」と「河内おとこ節」で「炭坑節」を踊るのは例年の通り。
   「おかーさんそんなにノリノリで踊らないで」と虎美の悲鳴を背負いつつ踊ります。
   虎美もミキちゃんを従えて踊る踊る。ホントに踊りが好きでこの親子。ミキちゃんはきっと引いていたでしょう。

   「リリエンベルク音頭」が続き、次は「たーまと秩父を背に負って~」と「リンネルベルク祭唄」。さあ! と勇み立ったところでまた「炭坑節」に戻って。
   おーい、「川崎おどり」は? はるみちゃんは? と泣きそうになっていると、待ってました、かかりました!!
   「踊りが好きなら寄っといで♪」
   好きだわーこの曲。CDになってないのかな? カラオケで熱唱したい! そういえば、先月川崎にゆかりの歌のCDを出すといって新聞に載ってたの、すぐ切り抜いて旦那様の机の上において「買ってぇ~」攻撃をしたような気がしますが。この「川崎おどり」とか、れいの「好きですかわさき愛のまち」とかが入ってるそうです。そろそろ発売だったかしら。

   断片的に覚えてる振りを大混乱の中なんとか踊りきって、脚ががくがく。朝はお出かけなのでそこで大人しく帰りました。

  踊ってたら「どうもっす!」と豹太のお友達に声かけられちゃった。結局豹太とは逢わなかったけど、ま、適当に食べたでしょ。虎美は露店のカレーや焼き鳥でおなかいっぱいになったそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

武田信玄×10

   本日のニュースで取り上げられていた、111才のご長寿のおじいちゃまだと思われてた男性が、実は30年前に既に亡くなっていたことが判明したというのを夕食のあと家族団欒のネタにしました。
   「ありえない! 30年もなんて悪意があったとしか思えない」
   自分のうちの中で30年ってのは、ねえ。でも、判ってるけど触れたくない、騒ぎになるのが怖いってやつかなあ。
   「……やっぱり年金をもらい続けるために隠してたんだろうかのう」
   ご近所で、「このひとが生きておれば毎月ウン万円下りるんやから、生かしといてちょうだいマ!」と言ったというきついおばあちゃまの話を聞いたことがありますが。
   「30年前で既に平均寿命越えてるんだから、そこは役所でチェック入れるべきだろう」
   これも、虐待と一緒で、あんまり深く追求してギャンギャン言われたくないなーっていうお役所仕事だったんでしょうねえ。
   「やっぱ、長寿表彰は自分で取りに来れるひとにしかやっちゃダメでしょ」(寝たきりの方には失礼しました)
   などと虎美とキツイ口調でやりあっていたら、豹太がひとこと。

   「遺 言 だったのでは?」

   「ワシが死んでも30年は公表してはならん……って!? なんて影武者!?」
   今、我が家において、豹太の会話のセンスについての評価がとっても上がりました。

   絶対返還させるべきだと思うけど、5年分より前は時効なんだって。許せない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

おにいちゃん携帯を使いこなす

   めでたく高校生になって携帯解禁の豹太です。中学時代から、
   「おれよく友達とはぐれて迷子になるんだよ、携帯買ってよ」と泣きを入れていたんですが、
   「はぐれやすい上に迷子になりやすいなら自分で友達とはぐれないように心がけておれば済むだろう」と押し切ってました。ちゃんと志望校に合格したので、買ってやりましたとも。
   すぐさま使いこなしてました。さすが。
   ただ、うちは貧乏と口を酸っぱくして言ったおかげで、着メロだのなんとかサーヴィスだのいったところも、「ここから先は課金」と書いてあるとすぐ尻尾を巻いて逃げて、全然若人らしい楽しみ方をしてないそうです。着信音は、買ったときに内蔵されてた曲のなかから、ショパンのええと「たらららたらららハイ氷♪」と日立のCMソングになったアレを使っています。あんまり鳴るから
   「もう トラウ になりそう」って、豹太。
   「そういうのはトラウマとは言わない」
   ……パブロフの犬ですかねえ。おかあさんももうあの曲は虚心に聴けないかも(いえ、それ以前にもう黒柳徹子と結びついちゃってます)。

   「パソコンのメイルでやりとりしてる感覚でいたから、ケイタイ買ったよって言った途端友達から大容量のファイル送ってこられていきなりカネかかって大変だった」って、そりゃあ、大変だったこと。
   可哀相だけど、去年のPTAで委員をやったおかあさんに、
   「最近どうよー?」とお話を振ってみると、やっぱり高校になって携帯を持てたうれしさに、携帯のゲームにはまって課金が大変でガンガン叱ったとか言ってたので。やっぱりみんなそっちへ行くんだなあと思いました。
   「お兄ちゃんの携帯代がうちで一番かかっている」と旦那様はぷんぷんしてましたけどね。もう、ひっきりなしに着信音が鳴っていて、
   「もてるねえ」
   「こんなの普通だよ」
   「女子からのメイルはないのか? あ、失礼」ないでしょ当然、と水を向けると、
   「あるけど、一応」って!
   「あるのかーーーーーーーッ! 見せて! クラスの子!?」」とおかあさんお赤飯を炊きそうな勢いで喜んだりして。
   「そういう意味じゃないから! ダメ! 見るな!」と、ロックを掛けるようになっちゃって虎美に怒られちゃった。

   おかあさん宛のメイルにも、いちいちデコってあって、
   「嬉しいけど、動く絵はお金がかかるからやめてね」って注意して。でも、
   「おれはメイルにはいつもちゃんと絵文字をつけて、ちゃんと雰囲気が伝わるよう心がけてる」って、その後もかわいいペンギンさんの絵がついてました。

   「秋刀魚2匹100円って安いの?」って、メイルしてくるな~ッ!
   「安いけど今日はカレーだから買わなくていいです(猫マーク)」って送ったら、
   「」って。
   カレーがイヤなのかとしばらく悩みましたが、ちょっと前まではお返事は短く
   「うい」だったなーって。

   ああ、判った。
   「けいおん」に出てくる女の子の名前が「うい(憂)」ちゃんだったわ。
   お友達とメイルするときはういちゃんの話題が多いのかしら、それとも、わざとそういう変換してるのかしら。
   ……おかあさんも旦那様宛ではよく「さんきゅう照代」とか打ってますが(それは親爺ギャグ)。
   「そんな誤変換しないで(ムンクの叫びマーク)キモオタ(^^)」と返しておきました。
   「球児の皮を被ったオタク」と名乗っております豹太、高校生活を楽しんでおるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

あーもう髪限界ッ!!

   もしかして去年の秋以来切ってないかも。人生で一番髪長い状態かもッ!!

   伸ばしかけのサイドの髪を編み込みて
      33度の予報に備ふ             舞音

   備えるって古語だとア行の活用だっけ、もう忘れた。確認する気力もない(振り絞りました。ハ行下二段)。
   大学の頃は、中途半端だったので夏になると毎日ぐりぐり編み込んで押さえてピンで頭に貼り付けて行ってたけど、今は編み込むどころか、ぐりぐりとひねってあげてバレッタやヘアクリップでぱちんと留めつけて終わりです。流行りがゆるいカンジに来たのが幸い。三つ編みにすると後ろはもう手が届かない! 身体が固くなったからだけじゃないですよ!

   バブル(前)の頃はみんなバッチリブロウしてキメてないといけない雰囲気だったので、ブロウが下手だともうどうももっさりして、でも不器用だし、そんなものに毎日命を懸けるのもどうよというバンカラ系で、まあいいやと中途半端にして歩いてましたね。やっぱ、格好に心の持ちようって出るんだなあ。

   今は、もう、ゆるゆるになってしまって。白髪も、まあいいじゃん、麓まで出るときだけマスカラ様の生え際隠しでごまかすようになってしまって、豹太が落ち髪を拾って、
   「どうして途中から白いのコレ?」って、嗚呼!
   「途中から染めるのをやめたからだ」
   もう、20センチばかり白いところがあるのが普通に落ちてるよ! やばい!
   去年の秋からカラーリンスやめてるし!
   カラーリンスって、使うのやめたら白く戻りますって書いてあったけど、ほんとにゆるやかーにもとの色になりました。そんなの、生え際隠しだけじゃカヴァーできるわけないじゃん!

   そろそろ染めに行きます。

   誕生日が同じ月の虎美に、いきつけの美容室からお誕生月サーヴィスの葉書が来ていて、割引だし、前髪が伸びてきているから(おじいちゃんが厳しい! 帰省の前にはちゃんとしないと!)と先週行ってきて。5000円持たせて、「お釣りは返せよ」って、帰ってきて、「お財布に入れたよ」って言うから見たら、随分入ってて。
   「どうしたんだ?」って聞いたら、
   「3000円引きだったの。あたしは中学生カットだったから、もう、1000円しなかった」って、それは凄いな。おかあさんはロング料金(取られるんだっけ? あそこ)にヘアマニキュアだからまさか1000円以下ということはないだろうけど、じゃあ、行ってみようかな。お誕生月のうちに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »