« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »

2010年7月16日 (金)

バベルの塔は今いかに

   

あっついですねえ!
   ゴミ出しをして干し物をしただけで滝の汗! いえ、ゴミ袋を切らしてたので開店早々のリーリエマートにダッシュしたのもありますが。
   コンヴィニと銀行だけはいつの時代もキンキンに冷えてないといけないと思います!(中で仕事をする人のご苦労を考えてない)
   お客様の利便性ももちろんありますが、銀行の場合、裏には人間よりもデリケートなコンピュータ様がいらっしゃいますからね……。

   三○銀行の電子計算機センター(東京)は、ええと、東京タワーの方(おかあさん渋谷以南はよく知らないの)にありました。中には中規模の会議室をいくつか備えていて、新入社員研修をそこでやったのです。あきんどの命である帳簿=顧客の残高・取引データが管理されているというので警戒は厳重で、守衛さんはいるは、ドアはこっちが閉まってからじゃないとその先が明かない2重構造だは、入るときには「ドアマットで10回靴の裏をぬぐうこと」って書いてあるは。
   「うわー銀行入っちゃったよ」って思いましたです。いやいや、子会社。本物の銀行はもっと躾け凄いらしいから。業務中立って歩いて書類やりにいってちょっと友達の机寄って無駄話一言二ことしたら灰皿飛んできたって。わたしぬるい子会社で良かった。

   そういう右も左もわからないひよこの出入りする会議室フロアの奥に、ご本尊、電子計算機様がおられます。日立のメインフレーム、当時の最新式が、大きなオフィスの何階相当分まで入ってたんでしょうね、ごんごん唸ってました。あ、IBMも入ってたと思う、別系統の業務の、銀行のくせに株買ったり、債券買ってみたり、お客さんに無理矢理買わせたりという資本市場本部専用システムがそれでした。その他、顧客管理とか、全国のATMを動かしたりとかのシステムがまた別系統で、それぞれお付き合いか談合かで違うメイカー使ってて、研修で知ったとき「全部統一した方がロスがないんちゃう?」と愚考いたしましたが。

   そういう「電算センター」、もう、さらに勤務地は二重の扉の向こう、空港並みの金属探知機を通過させられるゲートの奥でした。システム管理、ジョブ運用、ええと、もうひとつお世話になった部署がもう思い出せない!(当然です)あ、オペレーション係だ、あたしすごい!(すごくない)

   さて、ある年、新しい取引が始まることになって、その毎月のお取引内容をお客様(といっても企業)にご報告するダイレクト・メイルを出力しなくてはならない。今までの枠がこうこうこうなっているところのレイアウトをチョと変えて、出力欄を1行足してこれこれの計算結果をここに出す、それをくわえた総合計欄をここに出す、そのためのキャプションが入る、とちょっとした変更。無事開発も終わって、そのプログラム群を電算機に粛々と新規登録が済み、取引スタート、プログラム初回運用となりまして。
   「初回データがユーザー部さんから届きました!」
   これを、電卓片手に仕様の通り手計算して、正しかるべき値を導き出し、こっち(テスト環境)に残しておいた同じプログラムに掛けて、ちゃんと必要な数字が出ることを確認し、ついでにそのダイレクトメイルにもどのように出るかのレイアウト見本をちゃんと出して。
   「おっけー。みんなよく頑張ったわね」(女性のチームリーダーさんだったんです)
   最後のダイレクトメイルの枠を引くプログラムだけは、電算センターにしかなかったので、わたくしに白羽の矢が立ちました(プログラマとして余りにも使えないので、残っていてももし大規模トラブルになったとき戦力にならないから。いやそこは、礼儀がちゃんとしてて、外部の人にも必要なことをちゃんともの申せたたからと思おうよ)。
   「電算センターに行って、ダイレクト・メイル現物見せて貰ってきなさい。それで、見本データと同じに出てるかみてくるの」
   ええと、三○銀行の名誉のために申しますと、まだ初日だったのでデータが少なかったのです。ええ。いつもはもっとウハウハでした! 大規模システム開発してコンピュータ計算しないと追いつかないぐらいにお取引あったんだから!
   その頃でも、お客様データの取り扱いは厳重で、実際の数字の出たダイレクトメイルをファクスで送って貰うなんてコトは厳禁だったのです(伝票からの生データはぎりぎりセーフ)。プログラムを運用して出た表やダイレクトメイルは、仕分け作業を一時止めてその場で開発部の人間が目視確認するならセーフという扱いのようでした。
   「いってきまーす!」
   元気に手を振ってお使いに出ましたが。
   「システム開発証券担当の活田でーす! DMの本番データ確認に参りました」と言って玄関は通して貰いましたが、研修のときの現場見学より先にとうとう突入です。ああ、わたしが三○銀行の電算機センターの本丸にとうとう入る……

   

ピンポンピンポン♪

   金属探知機鳴っちゃいました。

   「あはは、お財布持ったままだった」と、お財布を出してトレイに載せ、再びゲイトをくぐります……

   

ピンポンピンポン♪

   「缶ペン(ケース)も持ってたわ、はいはい」と出します。

   

ピンポンピンポン♪

   もうなんもないですよ? 身一つ。守衛のおじさんたちはにやにや。あれですね、ワイヤーの入った下着着てましたね、お肉多かったですから。ええーッ、脱ぐか? トイレ行って外してきて通りますか? お使い果たせないと困るから。ここで蛮勇を奮って! と決意をかためたところで、
   「女の子だからねー、通っていいよ」

   お許しが出ました。
   「すいませんッ!」
   汗みずくでジョブの運用係に通してもらって、まだ温かいダイレクトメイルの束を一枚一枚チェックして、見るべきポイントが皆正しかるべき値を示し、正しかるべき位置に出ていることを確認して、やっとお使いを果たせました。

   しかし、ブラジャーの金具ぐらいでいちいちピンポン鳴ってたら女性は電算センターに入れないじゃないのよ。どうすんの、金具のないスポーツブラ支給されるのかしら、ドイツの陸軍みたいに(ドイツの女性兵士の方は、いちど、防弾チョッキの下のブラジャーの金具のせいで、せっかく止めた銃弾の衝撃がそこに集まったとかなんだかで怪我しちゃったんだそうで。以来、金具のないスポーツブラを支給されたんだか推奨されたんだか)。あ、わかった、「女性は電算センターには配属されない」。夜勤あるからね。さあ、そこはどうよ?

   ところが、後年知ったことによると、まいちゃん@お使いプログラマが引っかかったのはブラ金具ではなく、頭に留めていたでっかい金属のバレッタのせいだったらしいです……。そりゃあ、
   「女の子はしょうがない」よなあ。……はやく言って。

   あの頃グローバル化を見越してどの都市銀行も大きな新電算センターを建てていたのですが、そう、バベルの塔みたいに。とうとうシステム投資が負担になって金融再編。合併後もどっちのシステムを取るかで喧嘩してた所もあったと思いますが、あの電算センターたちは今どうなったんでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

開会式行ってきました!

   下の項の捕捉。

   本日とうとう神奈川県大会が開幕、しかしながら足をポッキリいってしまった豹太は虚しく見学。でも、父兄の皆さんからは、
   「見たいでしょ? 一緒に行きましょうよ」とお誘い。嬉しいけど、うち車ないし、なんだかお話を聞くと、一人だけ方向が違うみたいなんで困っちゃう。
   「とりあえず息子と一緒に行動するから。現地で集合しましょう」って言っといたんだけど、父兄会に登録したメイルアドレスにはなんの連絡もなく……もしかして、またスペルミスしちゃった?(前科アリ)
   「11時関内だって。経路調べて」って、昨夜豹太からメイル着信。これこれ、おうちの中でメイルを使うでない。
   調べますと、大和まで出て相鉄を使うようです。どんどん新しい路線に乗れて楽しいわー♪ わたしの中の路線図が塗りつぶされていきます(乗り鉄の気もあるらしい)。
   余裕を持って9時出のつもりでいろいろ支度しますところへ、
   「一応ユニフォーム持ってく」って、夕方ご近所の中学からのお友達のアズマくん(一緒に野球部)が持ってきてくれた背番号は13番。
   (不吉って言っちゃ絶対ダメだ!)と一瞬で態度を決めました。
   「若い番号ではないか、期待されておるな!」
   ベンチ入り枠を余してしまった流石高校ですが、1年生部員はもっといます。そんなに身体能力で優れてるわけではない上に大事な時期に骨を折ってしまった豹太、てっきり一番大きな数字だと本人も思ってたみたいです。
   「何かの間違いじゃ?」
   ……ああ、我が子はここで奮起するんじゃなくてキョドる(惑乱し、挙動不審になる様子)子でした。
   「……伝令の役にも立たぬしなあ。まあ、声だし要員としての要請であろう」
   不吉な13番を吹き飛ばすパワーを持っていると思われたのかも知れません。もしかして、クリスマスもやらないくらいケイケンな仏教徒であることが既にばれていて、それであえて引き受けさせられた? 監督の深い思慮は凡人には測り知れません。

   てなわけで、昨日からいっしょうけんめい夜なべして背番号を縫いつけてました。やっぱりつれちゃったけど、ま、試合に出る訳じゃないからいいかと思って……(この辺の粘りのなさがいけないのだろうか?)

   なんとか3分前に関内の駅の改札を出たところにたどり着いたのですが、そこにサックス・ブルーの流石高校のワイシャツがたたずんでいました。
   「よう。早乙女!」
   1年の鳴門君(仮名)だそうです。
   「集合場所スタジアムの13番ゲートだって」
   「ええーっ!?」
   「もう3分しかないぞ」と声をかけますと、
   「近いッスよ」とにこりと笑って、先に立って歩き始めました。
   「早乙女と一緒って言えば遅れてもオッケーッス」
   「アリバイのために荷物を担いだらどうだ?」っておかあさん、それはやりすぎ。

   携帯が若い連中の間に普及してよかったことは、待ち合わせが簡単なことだそうで。歩きながら、今早乙女と一緒、13番でいいの? 云々と誰かに報告してました。

   たどりついた横浜スタジアム、いろんな高校がもう集まっていて、下に申しましたとおり、大胆にそこで服を脱いで上半身マッパ(だか)からアンダーシャツを着、ずるりと制服のズボンを脱いでズボンをはいてました。
   「これを写メで撮ったらやはり迷惑防止条例に引っかかるかのう?」と呟くと、
   「なんで撮るの!?」と豹太はおののいてたりして。
   「昨日のNHK教育でブログの作り方講座をやっていて、写真をいっぱい取り入れた方が見やすくて楽しいブログになると言っていた」
   さすがに少年のお着替えは遠慮しましたが……。
   そこからが長くって。
   開会式は1時からだったのです。
   なにをするわけでもなく、ただ、うだうだとそこでだべって、たぶんスポーツ用品メイカーであろうひとが、
   「ユニフォームはどこのを使っておられます? アンダーは? スパイクは? ウィンドブレイカー、グラウンドコート……」とシェアをチェックして行ってました。
   「ほんに野球はアイテムが多い……野外のスポーツだからかのう。季節に合わせてアンダーウエアも半袖長袖亀首(タートルネックのこと)やらU首やら」とおかあさんはブツブツ。
   「その白いアップシューズというのはなんだ? あんなものまで持ち歩いておるのか?」
   グラウンド内で履くスパイクとは別に、舗装された外を歩くための靴があるようで。そう言えば、少年野球の大会の時も、スパイクで外を歩くな、グラウンド内は運動靴禁止、と言われて、既に着替えてバスで集合していたチームが靴下はだしで表を歩いていたような。
   「そこは。高校生はローファーが基本でしょ?」と豹太が得意げに言います。見ると、他の生徒達はそういえば革靴をそこら中に脱ぎ散らかしていて。わたしも、自分は革靴だったから、入学の時に買わなくていいのかなーとは思ったんだけど、なにぶん手元不如意で(自転車の任意保険を掛け忘れるくらい!)。
   「おまえも欲しいのか?」
   「まあねー」
   「金沢に帰ったときにしてくれ」早乙女家の近くに靴流通センターがあるんです。

   降りそうで降らない曇りの中、気温も地味に上がってきてます。風があるのが救い。それなのに、いつまで待てばいいのか、監督はどこにいるのか、選手が入場したらわたしたちはどこへ行ったらいいのか。先が見えないからもう消耗するする。

   そのうち、どこからかマネジャちゃんたちが現れて、「高校野球」と書いた出場校の選手達の一覧や大会記録などを載せた小冊子を配ってくれました。あとで、球場内でも売ってましたが、800円もするんだって! 流石高校のページを見ると、ちゃんと早乙女豹太が背番号13で登録されていて、身長体重出身中学などが出てました。……やっぱり、最近締まってきたように見えても豹ちゃんアンコ型でした。しょうがないよ、これからトレーニングして締めようね。わたしは弟が浪人時代肉襦袢を脱いだようにきれいに痩せてイケメンになったので、まだまだ焦ってません。おほほ。

   12時半ぐらいに急に選手達が移動し始めて、下に書いたとおり、荷物を放置していったので、おいおい、どれだけお育ちがいいんだ、カバンのファスナーも開けっ放しで放り出して、誰も盗っていかないと思っているのかと呆れましたが、すぐマネジャちゃんたちが引き返して、
   「とりあえず並べよう」と隅に押しやって、置いて行かれないよう走って追いかけて、そしたら豹太が振り向いて、
   「おかあさん荷物見てて」って。

   お か あ さ ん だ っ て 入 場 行 進 見 た い!

   でも、豹太の荷物持ちとして参加したんだし、しょうがないかと戻ってメイルを打ったところでまた皆さん帰ってきて、それぞれ手分けして運び始めました。ま、マネジャが20%も占める流石高校だからできることだな。おかあさんも、豹太の荷物を持っておっかけましたです。

   そしたら、
   「あー親はここ入れないです。一般客入り口使ってください」って、マネジャちゃんに切り捨てられて。
   これこれ、
   「ご父兄の方はこちらからはお入りになれません」と言わぬか。ホントにもう。うちひしがれ、お腹もすいたので、おかあさんそのまま回れ右して近くのマックでベーコンレタスバーガー食べました。ちょっとダメージ大きかったです。思わずカフェモカに追加でシロップ付けたぐらい。

   人心地付いたところでまた一般入り口を目指すと、入場券を買うように言われて。
   そう言えば、「おおきく振りかぶって」でも、主人公のママさんたちが開会式に行くエピソードで、引率の応援団長が父兄は纏まって入ると入場料要りませんとか言ってたっけ。
   ……おかあさん、やっぱり集団行動しなくちゃ。
   泣く泣く500円払いましたです。500円だし。
   もう入場行進始まってました。「昨年度優勝校の横浜隼人……」とアナウンスが流れる中、慌てて階段を登ります。出たのはバックネット裏。流石高校のオレンジのTシャツを探しますが……オレンジ多いよ。
   一つ二つの集団は確かめましたが、ちゃんと学校のロゴが入っていて、明らかによその高校と判ったので、もう諦めて適当に坐りました。ええとね、5時半の位置。結構よく見えました。バックスクリーンには液晶ヴィジョンがちゃんとあって、今歩いてる高校の選手達の顔が大写しになってます。ああ、1塁後方にTVカメラはいってました。

   

横浜スタジアムは、バックスクリーンが低いですね。振り返ってみると、周囲のスタンドで一番低いところがバックスクリーンに来てるみたい。その後ろには、公園の緑が広がっています。日照権か?(まさか!)
   そう言えば、東京ドームの傾斜の厳しい3階席は東京文化会館みたいだとかねて思っておって。それが、半地下のせいで外野席でも目の前にグラウンドのある西武ドームはサントリーホールだなとこじつけて悦に入っておりました。それじゃあ、横浜スタジアムはコンサートホールでいうとどこだろう? 決めつけられるほど数多く行ったことないんだけどと記憶をたどるたどる……。
   東京芸術劇場って、たしか大ホールの舞台の後ろががばっと開いて、池袋ウエストゲートパークの緑が見えたような気がしたんだけど……(ありえねえ? でもなんか大きな木が見えた記憶が)。ま、長いエスカレーターを登って入場した記憶が丁度シンクロしたから暫定で東京芸術劇場。

   おや、ブラスバンドの演奏が、大会メインテーマの曲から変わってました。
   「……万丈ーのやっまっ! 千尋ーのたっにっ!」
   さすが神奈川県、行進曲が「箱根八里」です。楽しい。おかあさん春の選抜までにフルコーラス歌えるようにしときます(この歌、歌詞長いんだもん)。あとは、昔ながらの「清浄機よ永遠なれ(この誤変換はヒドイ)」やら、なにやらしらん行進曲やら3,4曲をループで。せっかく横須賀があるんだから軍艦マーチもやればいいのに。やっぱり各方面やばいんでしょうか?

   流石高校、なかなか出てきません。最初の優勝校からはじまって、シード校のおかあさんでも名前を聞いたことのある16校がセカンド後方に並びます。その後方、扇形でいうと、円弧と半径のぶつかり点を左右に結ぶ直線を引いて、その上に真ん中から、その他の高校が入場順に詰めていきます。順不同なのかな? ご近所の甘木が来たので緊張してると次は全然違う「西湘地区」とやらの高校だったりして意味不明。五十音でもないし、順不同? どうやら対戦表(やぐらっていうんですかね?)の順らしいです。スゴイですね、甘木のように屋上から身を投げると死体は都下稲城市に落ちるようなところから、現代の歌枕湘南・茅ヶ崎の高校、有名大学の付属校、有名大学の合格者ランキングの上位校といろいろ目の前を横切っていきます。

   なんか凄いものが目の前を横切ったような……。

   誰も一発では読めない高校、県立ハイリゲグローリエ(仮名)。凄いです。ややくすんだ薄めのエメラルドグリーン。何考えたんだろう? いや、それより、こういう色って人工芝の上じゃあ保護色にならないかな? 
   大昔、まだ少女漫画を描いていた頃の弓月光の作品に、「お助け人走る!」ってのがあって、これももう時代が漫画に追いついたって言うか。つぶれかけた女子校が、スポーツ特待生の男子を10人だけ入れて、スポーツで有名になって入学者を増やそうってスポーツ学園コメディ。これが手段を選ばないところがコメディたる所以、コメディの範疇で汚い手をいろいろ使って甲子園に出たら、彼らは開会式にマントを着て現れる。なんだそれは、脱ぎなさい、と大会側は詰め寄るけれど、選手達は顔を曇らせて、恥ずかしくて脱げないって。見てみたら、それは、ご町内の商店街が全身にCMを書き付けて耳なし芳一状態……いや、往年のJリーグのそこら中にスポンサーのロゴのついてた状態を思い起こされて。さすがにこれは許されない、とマントを着けて行進することを認められたという。さらに、地方大会のときだったかな? 全身水玉模様(しかもちょっと擦れている!)のユニフォームで。投げたボールが投手のユニフォームに紛れてしまって非常にやりづらいものだったような。
   実際の地方の試合は土のグラウンドでやるから、やっぱり白、オフホワイトからクリーム色、ちょっとおしゃれして薄いブルーぐらいだと思ってたので結構びっくりしました。グラウンドで転ぶと土が布地に入り込んで、ちょっと洗っただけじゃあ落ちないので、純白よりも色の付いたユニフォームの方が、地球とおかあさんには優しいですね。
   緑色でもルール上は問題ないんでしょうね、昔の南海でしたっけ、もっとヴィヴィッドだった気もするけど……でも、度肝を抜いたのは皆さん同様のようで、
   「ハイリゲ……どうよあれ?」
   「なんかすごい色の所がいる!」と行く先々で話題になってました。
   そういえば、国防色か? というような、緑がかったグレイのところ、目の覚めるようなブルーの所もあって、さすが都会は違うと思いました。
   「すごい青いところ、Yって書いてあった、あれがもしかしてY高?」と豹太に尋ねますと、
   「知らん! ってゆーか、わい』ならWだろう!」って、はい?
   「もしかして、『わい』って名前の高校だと思ってた? 横浜のYなんだけど」
   「……え?」
   「おまえは高校球児のくせにY高も知らんのか!?」
   「横浜高校は知ってるけどユニフォームの色までは知らないッ」
   ……実際試合を見てないってことだよなあ。
   「それにしても、どんな漢字なんだワイ高って……淮高?」
   卑猥のワイとか矮小のワイとかもありますね。あんまりいい意味の字はないなあ。

   入場行進って結構好きです。毎回、オリンピックの開会式も、趣向を凝らしたアトラクションはパスしても、各国の入場はついつい見ちゃいます。こんなところにこんな名前の国があったのか、これはきっとアメリカの影響下の国だな、これは旧フランス領であろうか、ここは国旗で一発で判る英連邦、とかいろいろ勉強になります。今日も、次第にみっしりと埋まってゆく横浜スタジアムに感嘆。全チーム揃って行進したら、ライトとレフトを結ぶ線上が、ホントに埋まったんですよ。180校以上。

   「一票の格差をどうこう言ったりするが、一勝の格差は改善しなくていいのか? おまえはいくつ勝つと甲子園に行けるのだ?」
   「5つ勝ってベスト8……?」
   「この際、県はおいといて100チームずつで地区大会を区切ったらどうだ?」
   2の倍数の方が考えやすいと思います。128校なら7つ勝てば代表かな?
   「おかあさん、100チームの代表じゃあ甲子園溢れるよ」
   豹太、最近数字に明るいところを見せ始めます。
   「数字はどうでも良い! 公平に同じ数の代表でないと可哀相ではないか」
   「まあ、秋田とかの代表は楽そうとか思うけどね」
   いや実際は高校数だと島根とかじゃなかな。

   ひとりで寂しかったおかあさん、ブログに書き込んだり、旦那様に報告したりとメイルを駆使しつつ見ていたら、バッテリーが怪しくなってきて……
   「充電してください」って!

   携帯が死ぬとほぼ同時に開会式が終わっちゃいました。
   どうする!?

   ごった返すスタジアムの外、とても20人に満たない流石高校生を見つけることはできません。

   

迷 子 に な り ま し た

   慌てて見回すと、向かいにサンクスがありました。ああ、地獄に仏とはこのことよ。

   「こ の 携 帯 に ぴ っ た り の 充 電 器 を く だ さ い な」

   てぶくろならぬ「充電器をかいに」。店員さんも慣れているようで、
   「そこの棚の所に見本がありますから刺してみて刺さったやつと同じやつ持ってきてください」

   ちゃんと買えました。
   これが亀の甲というものよ。年を経るごとにトラブル解決能力が増す。
   すぐさま豹太に電話を入れて合流できました。

   「おまえのおかあさんおっちょこちょいだねって言われた」
   「おや、そうかい」

   それから重い身体をひきずりつつ横浜から町田経由で帰りました。
   大変でしたがいろいろ面白かったです。

   さあ、明日はいよいよデビュー戦。

   球児らの行進するにうち混じる 
      吾子見る夏になりにけるかも     舞音

   この程度を31文字に揃えるにも悶絶するとは才能がないのう。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010年7月11日 (日)

日本は平和だ。

日本は平和だ。
神奈川県大会まもなく開幕。横浜スタジアム外周で各校てんでに大胆にお着替え。球児のトランクスはみんな派手! エナメルのチームで揃えたカバンをその辺に放り出していざ入場!             おーい貴重品は? ファスナーぐらいしめてけ! きづいたマネジャが掛け戻ってとりあえずはしにかためて置いて。おかあさん荷物番に任命されました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »