« 2010年3月28日 - 2010年4月3日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »

2010年4月 8日 (木)

まいぞうきん伝説リターンズ

   (これまでのお話:おかあさんが家計をやりくりしてやっと積み立ててくれていたお金でコンピュータミシンをお嫁入りに持たせてもらったまいちゃんでしたが、ほとんど使わないうちに引っ越しのどさくさで壊してしまい、1台ミシンがまた買えるほどのお金を払って直してもらいました。その際、今後一生雑巾はそのミシンで縫うからと約束して旦那様に許して貰ったのですが、必死に雑巾を縫う姿を見て育った猫科のこどもたちはミシンが大好きになって、小学校高学年からは自分でざんざん雑巾を縫って持っていくようになったのでした。めでたしめでたし……?)

   気温の上がり下がりの激しい春でございます。頭は痛むは鼻水は止まらないはで今日はだめだなーと早めに判断して、買い置きのレンジでチンするドリアだのリゾットだので夕食をすませ、お花のお稽古も休んで蒲団に潜り込んできて夕方から死んだように眠っている虎美に声を掛けたところが、
   「おかーさん、明日雑巾提出なの」
   まるっきり忘れてました! 中学校も雑巾持ってくんだっけ?
   最近は豹太も虎美も自発的に楽しそうにお雑巾を自作するし、首都圏に越してからは、「雑巾を自分ちで縫うってどんだけ田舎もの!?」と言われることのないよう買い求めたお雑巾をちゃんと持たせていたのに! 今年はすっかり忘れてました! 何枚かセットで買って物置に放り込んでおいたお雑巾も、一枚二枚と使っていって、残っているのはピンク色のものだったような。やっぱりそれはまずいって!

   2軒先のスーパーはもう閉まってました。

   手持ちの白いタオルから作ろうにも、ミシンは虎美がお部屋に持っていってなんか作って遊んだきり帰ってきてないし、手で縫おうにも裁縫箱が今ちょっと行方不明で(要反省!)。
   「まだコンヴィニ開いてる!」とばかりに、丁度帰宅された旦那様に買い置きのお弁当を食べていただくようお願いして、雨の中おかあさんは走り出したのでした。
   説明しよう! 非常に洗練された住宅街である(笑)イーヴィヒベルクでは、コンヴィニエンス・ストアも夜11時には閉店するのである! 青少年夜歩きできません。平和、平和。駅前に深夜営業のスーパーがあるのでほんとにせっぱ詰まったひとは車でそこへ行くのでしょう。車のない早乙女家は……(泣)。
   だがしかし! 1丁下のヤマザキデイリーも、2丁下のローソンも、お雑巾は売り切れていたのでした。
   「売り切れでした。虎美にミシンとお針箱出しとくようにいってください。白いタオルはその辺に在庫があります」
   携帯を持って出るのも忘れたので、ローソンの前の公衆電話から10円玉を使って掛けました。あんまり久し振りでお金を使ったかけ方忘れてました(危険!)。電話を取った旦那様の声の険しいこと……。
   暗い上に雨が降ってたので、店を出た途端信号が青に変わったのに急かれるようにうっかり反対側に渡ってしまって。あやうく逆方向をさまようところでした。気がついて良かった。
   帰り着いたら、さすがに虎美は自分でミシンを使うべく自分の部屋をひっくり返してました。
   「おかあさん、白い糸ない?」って、糸まで切れたか!
   「下糸が2個あったから下糸を上にセットしてなんとか1枚は縫ったけど、もう1枚要るの」
   おや、虎美も意外にやりますね。
   「手で縫いなさい!」
   「さすがにそれは死んでもいや!」
   とりあえず、上糸は小学校の時何か縫ったときに買った青い糸でごまかしたようです。
   「これで明日ちゃんと学校に行ける!」
   それより雑巾だけ縫い倒して糸を1つ使い切ったことになりますか。思えば遠くにきたもんだ。

   ところが、熱があったのに夜中にそんなことをした虎ちゃん、今朝はぶり返して新学期早々また学校を休んだのでした。なんだったんだろう。
   そして、朝起きてきた豹太に
   「おまえは雑巾ないんだろうな?」と尋ねると、
   「あ……」って。
   「ジャイアンツランド前のファミマで買って来いッ!」
   ああ、もう、ホントに。

   「なぜ学校で使うものは学校で一括購入しないのだ?」
   旦那様がお尋ねになりますが、
   「数纏まるとそれなりの金額になるからではないでしょうか? うちから要らないタオルを1枚縫って出せはたいした負担ではありませんし」
   「うちのように温泉に毎年喜んでいくうちばかりでもないだろう」
   たしかにうちは温泉旅館で出されるタオルを持ち帰ってその後キッチンのお手ふきタオルや湯上がりに頭をまとめるタオルにしてますが。
   「温泉に限りません! タオルぐらい、新聞屋が持ってくるものでしょう」
   「だが読売新聞は白くないぞ」
   ジャイアンツ・カラーのオレンジ色ですね、そういえば。
   「新聞屋に限らないでしょう!」
   ああ、もう、ほんとに。
   でも、それはそれとして雑巾を縫うのはうちの子には楽しい新学期前のイヴェントみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

入学式おつかれさまでした

   花落つること知んぬ多少ぞということで、本日は昨日からの雨も上がり、いいカンジの暖かさで入学式を迎えました神奈川県立流石高校(仮名)。
   「この機会を逃せば永遠に行くことはないだろうから」という旦那様とジャイアンツランド経由のバスに乗って行って参りました。本日はちゃんと時間の余裕も持って、9時35分受付開始の所を8時52分のバスで行ったので余裕でした、遠くジャイアンツランドの構内に咲き誇る満開の桜を望みながらのこのこと歩いて到着、9時20分に裏門から入ろうとすると、ちゃんと職員の方が立っていてお声を掛けてくださいました。
   偉そうに、旦那様にわたしが建物について説明します。
   「この辺の学校はみんな構造が難しいです。流石はえっとこれが体育館で、こっちが教室の入った建物でH型になっていて内側に中庭がございます。その奥はさらにAの字型になっていて、尖った部分がパノラマ・ヴューの談話スペースとなっていて、晴れた日は新宿副都心が望めるそうでございます、その辺が、(暫定第1志望校の)甘木高校とはちがっていて、甘木では望めるのは裏手の狛江市なんです」
   「稲城市じゃなかった?」
   「……そうだったかも知れません」すいませんその辺は十把一絡げで。
   「連結がたいそう複雑になっておりまして、渡り廊下に永遠にたどり着けなくてこの前は出られませんでした……」
   おかあさん方向音痴です。
   「なんでこの辺の学校はみんなややこしいんだ!」
   近所の小学校に選挙に行ったら体育館の入り口が判らなくて迷子になった旦那様が吐き捨てました。
   「人口が増えてどんどん建て増ししていったんだろうか?」
   「そんな、石川の安い温泉旅館のようなことはありません! とりあえず、春秋に富む若者が昼休みなど屯して友情を深めたりするような場所を設けてあるのでございます……たぶん」さあ、それはどうよ?

   5分前集合厳守の流石高校は開式10時というのに集合9時40分で、保護者席に席に座ってからヒマで、虎美の近況とか豹太のお友達の進学状況とか、「いや~んばかばか」的身振り込みで久し振りに旦那様と楽しくお話しができて嬉しかったです。豹太のお友達のお母様や、パン屋さん:葛原さん(仮名)も同じクラスで近くにいて、なんじゃこの夫婦はと思われていたかも知れません。

   式場である体育館後方に席があったので予想はしてましたが、ここも生バンド演奏で新入生入場。さすがは音楽のまち、かわさき、いいですね。曲は……パッパッパッ、パラララ♪
   「音、ヤケにへろくないですか?」
   「小さく吹いているんだろう」
   「でもこの曲はそういう曲じゃないですよ」
   「解らんよ。とりあえず下手ではない」
   「だからって、『威風堂々』をピアニシモでやっちゃあ……これじゃあ『遠慮しいしい』ですよ」
   「悪くはない」
   「嫌ですぅ~」
   あとで虎美にも確認しましたが、「のだめカンタービレ」のヨーロッパ篇で、千秋がコンテストで「ホルン小さく!」としつこくして嫌がられ、「ホルンは小さく吹くのが苦手」と注釈にあったような気がしましたから、もしかして実は超絶技巧だったのかもしれません。ソロを頑張ったホルン君には失礼しました。
   9クラスもあって、立ち枯れ住宅地の小さな学校で育ってきた豹太は「1学年300人もいるんだよ!」とびっくりしてました。新学期の始まっている虎美も、今年は転入生があったおかげで、ひとクラス増えて32人学級だと言ってました。川崎市の北西部は人口が増えてるみたいです。大きなマンションが完成しましたしね。近所もまたまだ建て売り新築が増えてますから。この辺だけはまだ景気がいいみたい。

   今年は女子生徒のスカート丈の指導を力を入れていきますから! と担任の先生のご説明もあり(小田急ジャイアンツランド駅への遊歩道に変質者が頻出するそうで。そりゃ、真に身に迫る問題だ)、お昼前に解散。また山道を歩いてジャイアンツランドまで戻って、バスでうちまで帰りました。
   ……結構歩いたので疲れてお昼寝しちゃった。明日からは虎美がお弁当始まるので早起きしなくちゃ。新学期頑張ろう! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

新学期恒例のアレ

   やってきました新学期。恒例のアレでまた呻吟しております。
   丸秘 家庭調査票
   「マルヒっていうとなんかえっちな感じがするよなあ」
   「えーおかあさんだけでしょ」
   あっさり娘に否定されてしまいました。
   「お友達は誰を書けばいいの!?」
   「ミキちゃんとヨーコとさくらさん!」(以上仮名につき)
   虎美はとっとと言うだけ言って逃げてしまいました。いい加減自分で書けよ。今年は仲のいいお友達をちゃんと3人部活とクラスと小学校以来と書くことができてなんだかうれしい春です。なんだかんだいってよかった……ん? 

   こら~! まだ親に成績表を見せていないだろうおまえは! 三者面談でアヒルばっかりの通知票(煙突すらあった! おかあさんもう失神寸前!)を見せてもらいはしたけど、
   「これはまた明日以降の出席を書き込んで修了式にお渡しします」って回収されてましたよ! すっかり忘れてた! 明日出させなくっちゃ!

   そして、健康調査で、「このところは喘息がひどくなり呼吸困難を起こしておりますので体育などご配慮願います」「体力が落ちておりますが、本人は清掃や奉仕活動を人一倍がんばる気性なので根を詰めて翌日以降に影響が出ないよう適当なところでお声がけ願います」なんて細々と頭を絞りつついろいろ書きつづって。なるたけ心証がよいよう心がけて、文章の勉強になるなる。

   ああ、うちの親には楽をさせたなあ(しみじみ)。

   既往症とか、わたしはまるきり空欄で出せたもんなあ。普通はそうですよね?

   喘息がこれこれこのようにとか低気圧が近づくとこうなるとか肋間神経痛でこのように痛がるとか細かく書いた書いた。疲れた。
   一人暮らしの時に無茶やって身体が虚弱になってから産んだとか、掃除をさぼってるとか、料理が手抜きで栄養バランスが必ずしも完璧でないとか(早乙女おとうさんにいつも叱られる)、子供が身体が弱いのはみんな原因はわたしに起因するのかなあと反省してみたり、でもすぐ開き直って忘れたり。

   そして、最大の山場。

   またうちから学校までの略図を書かねばならんのです。
   越してきたての頃は、目印のこの建物! これを目当てに曲がったあとはえーと、この辺に出るのでたぶんここをまっすぐ……ごめんなさい! ってかんじで出しました。
   去年はもう泣きながらグーグルマップを印刷して貼りました(既報)。
   さすがに去年一年PTAやらなんやらでよく通いますと、ここを曲がるとこっちへ出るのよね、こちらに帰る人とご一緒したときにいってみたらなんとここと繋がってるのよね、なんて、細かい抜け道もいろいろ解ってきたら、全部ちゃんと繋がるように書きたくなって……指定の欄に収まらない!

   ああ、やっぱり悩ましいッ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年3月28日 - 2010年4月3日 | トップページ | 2010年4月11日 - 2010年4月17日 »