« さかなクンごめんなさい | トップページ | 本日の暴論 : 手塚のアラバスターはどうよ? »

2010年12月16日 (木)

書くことは楽しいですよ

   トラバもらっちゃったしなあ。
   水嶋ヒロというひとじたい知らなかったので(おかあさん要反省)、小説書くから芸能界引退って豪気だなあ、暮していけるのかなと思ってたら、もうポプラ社の小説賞取ったって、そりゃ出来レース? って思うよ普通。
   まあ、おかあさんの場合もう10年もチャレンジし続けてなおかつかすりもしないという立場なので、何を言ってもやっかみにしかならないのでこの件はスルーしようと思ってたんですが、と、冒頭にダ・カーポ。

   もう本になったんですってね。買って読む気はなかったです、今ホント諸事情で、本は読めないんで。去年も、「今年の本」発表してなかったですよね結局。たぶんなんも読んでなくて上げられなかったのであろう(「ジェネラル・ルージュ~」ぐらいかな?)。今年は辛うじて「マルタ・サギー」が上がるかな。そのくらい。コミックは去年は「金剛番長」で。今年は未確定。

   で、内容が、ひどいらしいと。

   まあ、受賞後のコメントで東奔西走と右往左往を取り違えてたようだとかきっつい取り上げられ方をしていて、それは記事書く方がやってやるつもりで書いたなと気持ちは解らないでもないまでもイヤーな気持ちになっていて、
   まあそこそこなラノベなんだけど、頭の固いオッサンには受け入れられないとかそういう感じなのかなと漠然と思ってましたが。

   頂戴したトラバ(この前の、「さかなクンごめんなさい」に繋がってますが)を読んでみるとほんとにひどいらしいです。

   その昔読んだ久美沙織の「小説家になれる本」だと、賞にトライする以外に小説を出す道として、「有名人になればいいんです、アイドル、俳優、犯罪者の母でもなんでも、有名になれば、出版社の方から何か書きませんかと寄ってきます」云々ってあったなあ。これだよ。劇団ひとりも爆笑問題のどっちか(だからちゃんと覚えようよ)も、出してたし。

   結局これなのかと絶望しますね。
   いや、しませんけど。

   「バクマン」をアニメでも見ながら、
   「この作者達の気に入らないところは、カワイイ彼女がすぐできたり、漫画家のおじさんの『遺産』で資料類が揃ってることとかいろいろあるけど、なにより有名になること、成功することが目的で漫画を描いていて、読者を喜ばせたいとか、この話を書かないと死んでしまうというようなパッションがないことだ!」と娘とアツく語り合ってるんですけど。
   彼らの目指す「アンケートの数字を取ること」は読者の支持を得た結果ではあるんですけど、昔の「漫画家を目指す漫画」なんかであった、読んでもらって、友達が笑ってくれた、ああ、生きてて良かった、ぼくにもこういうとりえがあったんだ! 的ヨロコビが、あの2人にはないです、その辺が共感できないです。

   わたしにとっては書くことじたいが娯楽です。
   誰にも受け入れられないと感じるとそれはまあ寂しくなりますけどね、ま、書いてる最中は至福ですよ。今も、賞を取りにいく小説を書くのと同じ熱量と真剣さで下調べしてます。イタリアの警察組織とか、選挙制度とか、地理、歴史、いや、うっかりナポリの真ん中に実在しない川流してますけどね。近年のテロの傾向と対策とか、ヨーロッパの近代の建築の流れとか、向こうの風俗、年中行事やら教育制度、興味の赴くまま調べられるだけ調べてそれを突っ込んで、自分の理想とする美男美女の活躍するグランドロマンを書いてますとも。ちょっとした事件を書き広げていって、各方面に結末が付いて、ちゃんと物語を閉じられたときの楽しさといったら! 他のことでは得られない高揚感・達成感です。

   そういう世界に、水嶋君が足を突っ込みたいならどうぞ。彼も複雑な育ちで、日本語を自分のものにするために書き始めたというなら、思ったものが思うように文に起こせない苦悩とか、物語が全然転がらなくて時ばかり過ぎる焦りとか、それもひっくるめて楽しいと思えるまで頑張って欲しいと思います。小説家は職業じゃなくて生き方なのよね。

   そんでさー最近のおかあさんの悩みは、
   「こんなハンサムで気だても良くって喧嘩も強いなんて男が現実にいるわけないわよねー、あり得ない話書いて喜んでばっかみたい」と現実に目覚めたところだったのですが、ちょっとネットで昔のジュリーの映像なんか拾って、
   「美しい、しゃれっ気も茶目っ気もある、そして歌唱力もあるじゃないか」とうっとりして、大丈夫だ、奇跡のような人は存在しうる! とまたやる気を取り戻したということもお伝えしておきましょう。

|

« さかなクンごめんなさい | トップページ | 本日の暴論 : 手塚のアラバスターはどうよ? »

コメント

 あと、水に落ちた犬は叩け状態が見苦しい。
 読んでヘタと思った、つまんなかったと思うならただそう書けばいいのに、こんなありきたりの薄っぺらな表現しかできない彼は恵まれた生活を送ってきているからだろう、なんてことを垂れ流すひとがいます。
 へえ。
 親の海外赴任で差別をガンガンに受けて、自分の顔が嫌で鏡も見られなかったとか、帰国子女で日本語が不自由で苦労したとか、足の怪我で全国大会で準優勝したほどのスポーツを断念したとか、そういう人生を、平凡で恵まれた生活とおっしゃるあなたはさぞや波瀾万丈の人生を送っていらっしゃるのね。
 ひとが書いたものを薄っぺらいとか切り捨てる時は、ご自分の表現にも心を砕かれたらどうかしら。それでも、そういう日々を経ても類型的なものの書き方しかできないというなら、それは勉強が足りなかったということでしょうか。そしたらそこは厳しく直しを入れなかった編集が甘かったんでしょうね。
 ものを書くと言うことはそういうふうに人間性まで問われることなのよね、怖いわよね。やっぱり軽い気持ちで踏み込んでいい世界じゃないわよ、水嶋君。
 それでも苦しんで、何年かかったとしても次の作品をなんとか形にしえて、いろいろ苦労して見る眼もできたであろう自分で読み返してみて、どうぞ読んでくださいと胸を張って出せるようになったら、是非読ませてもらいたいと思います。

投稿: まいね | 2010年12月18日 (土) 03時06分

初めてコメントします。
舞音様の小説、ほぼ毎日(ほぼですみません;)拝読しています。文章とも言えないようなヘンなものしか私のサイトでは置いていませんが、舞音様は私の憧れです。
胸がいっぱいになる小説をありがとうございます。

投稿: ミギイチ | 2011年1月24日 (月) 21時27分

うわお、裏から読者さんが降臨。ミギイチさんいらっしゃいませ。ひみつの小説サイトの詳しい内容についてはここではご遠慮ください。嬉しいけど。
 数だけはありますからねえ、数だけは。それでも、ほぼ毎日ご愛顧いただけるだけのものはあるのかと少し元気出ました。
 ええと、実は寄稿した原稿が本になりまして、実際売りに出されてるのを昨日見てきました。うわー、ホントに売ってる~。客さんが手に取って買ってってる! いえ、いわゆる2次創作のアンソロジーなので、ある作品の世界をもとにいろんなファンが書いた話を持ち寄ったていの本で、わたしの作品が目玉ではないですが。皆さん自分の世界を創りつつ、それでも思ったように書けなかったり、目指す水準はもっと上だったりといろいろお悩みで、刺激になりました。これからも頑張ろうと思いました。

投稿: まいね | 2011年1月24日 (月) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/50320554

この記事へのトラックバック一覧です: 書くことは楽しいですよ:

« さかなクンごめんなさい | トップページ | 本日の暴論 : 手塚のアラバスターはどうよ? »