« ジャイキリ効果 | トップページ | 星野さんちょっと待って! »

2010年12月13日 (月)

本日の暴論 : だーりんと呼ぼう

   それは猫科のひとたちが幼稚園に通っていた頃、比較的近いご家庭は3組くらいまとまってバスの停めやすいところに集まって幼稚園バスに拾ってもらっていたのですが、そういう、朝と夕方のバスを待つ時間に立ち話をしていて。
   「だーりんがそういったのね?」と相槌を打たれてしまって、しばし呆然。
   ダーリン♪ ってそんな甘い言葉わたしは使った覚えはないですよ、美咲ちゃん(仮名)ママ。そんなに旦那様旦那様って言ってたかしらとしばしおのが言動を振り返りましたね。
   その時はそれで流して、その後もいろいろ話していて気がついたのですが、それは美咲ちゃんママのくせだったみたいです。
   「ご主人様」って言ってしまうとなんだか奥様語になってしまってこっぱずかしいけど、よそのご家庭のあるじさまを、どのように表現するか。彼女は「だーりん」とお呼びすることにしてるようです。
   大胆な方だわ、とその頃は思ってたんですが。
   なかなかいいではないかと近年思うようになったのですよ。
   今ではとってもそんなダーリン♪ なんて呼んでない、いや、いまだかつてそんなこと言ったこともないあなたも、今こそ呼んでみましょう、だーりん♪ って。そんないまどき親に言われていやいや逢ったこともないひとに嫁いだわけもあるまいし(そうだったらごめんなさいよ)、一度はその方を愛しいと思って一生の伴侶に選んだのじゃありませんか。この際、半分冗談でも呼んでみましょう。なにかが変わってくるかも知れません。そうして、自分に自分で魔法を掛けましょう、このひとはかけがえのない自分のダーリン♪ なのだと。
   意外と平凡な毎日が少しでも変わってくるかもよ。
   ええ、わたくしも、隗から始めよ、やってみましょうとも。
   おや、ご帰宅のようです。

|

« ジャイキリ効果 | トップページ | 星野さんちょっと待って! »

コメント

そ、そんなこっぱずかしいこと……

日本の一般家庭で、子供がいると、夫の呼び方は「おとうさん」だったり「ぱぱ」だったりしますよね?
うちも子供のまえでは「おとうさん」と呼ぶことがほとんどなんですが、たまに「**」と、結婚した当座の呼び方がでてしまう場合があります。そうすると子供達が、薄ら笑いを浮かべてめくばせをして、「今。**って呼んだ」「**だってぇ~」とかと、からかいやがるんですよ。
無意識のそれすらネタにされるのに「だ~りん」ですって?!
((゚゚;)プルプル(;゚゚))

投稿: とむ影 | 2010年12月15日 (水) 14時44分

 す、すいません、わたくしも、一昨日はさすがに気負ってしまって無理でした。でも、うちは敢えて「お父さん」呼びはしてないので、だいじょぶかなーと思ってたんですが。実は言ってしまうと、だーりんではなく「にゃーりん♪」と呼んでることが多いです。
「にゃーりんごはんですにゃ♪」って。……おまえ年は幾つだ。
「お掃除をしてください」
「うにゃあん」
「ちゃんと家事をしてくれないと困ります」
「うなんな」…………旦那様はがっくりと首を垂れて部屋に籠もられます。
 ここまで行くとメイド喫茶ごっこみたいなもんで、割り切って言えます。はいはい仕事仕事、みたいな(それは目的に合致しないだろう)。ちょっと目先を変えて雰囲気だしてみよう……ってのとはまた違うかな? 本格的に「ダーリン」じゃなくて、もういい年だけどサーヴィスで言ってあげるわよ、冗談ぽく、ってニュアンスの「だーりん」です。ネットふうに言うと、wとかプ とかが語尾に付く感じ。
 確かに子供の目は冷たいですね。
「おかあさん、もうその外見でそんなことしてもごまかされないんだからね!」って言われました、こないだ。
 子供が小さいうちにはじめておけばいいんですよ、うちみたいに。そういうもんだと思ってくれるから……?
 

投稿: まいね | 2010年12月15日 (水) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/50295007

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の暴論 : だーりんと呼ぼう:

« ジャイキリ効果 | トップページ | 星野さんちょっと待って! »