« 本日の暴論 : 手塚のアラバスターはどうよ? | トップページ | ハンガータオル »

2010年12月19日 (日)

LED電球のいじわる

   うちは旦那様が眼が悪い関係上、けっこうどこの電灯もつけっぱで、非常に地球環境に優しくありません。気がついたら消すようにはしてるんですが、玄関の電気とか、うっかり表もうちの中もつけっぱなしで午後遅くまでほったらかしだったりして。もったいないもったいない。ですから切れるのも早くって……
   「玄関の電気が切れました」
   「点けたり消したりするから寿命が短いんです。点けっぱなしでよろしい」って、そんなわけがあるかーッ! 歩き始めたおこちゃまの悪戯のように短いサイクルで入/切したらの話でしょうが!

   玄関の表の方が切れたのは12月はいってすぐだったでしょうかね。
   「この際LEDにするという手もある」
   「だったら買ってきてくださいな、ご近所スーパーにはないですそんなの」と言ってから音沙汰なしで、なんと先週には入ったたたきのところのも切れちゃった。階段や廊下の電球はまだ生きてるから真っ暗で往生するってことはないけど、さすがにこれはまずいでしょ、とリーリエマートに電球を買いに行きました。
   「長持ちする電球型蛍光灯にしましょう」ってこれもいいお値段しますね、1500円ぐらいだったかしら。
   脚立を持ち出して、なんとか手が届きました。ここんち天井が無駄に高くて、トイレの吊り戸棚なんて高すぎて手が届かなくてトイレットペーパーとか入れられないの。なんのための収納なんだほんと使いづらいんだからブツブツ。
   そして、表の電灯も、旦那様が忙しくてあんまり調達が遅いから、もういいやこの電球外して、
   「この口金にあう電球くださいな」って電球を買いに……行こうと思ったら、届きませんでした。前切れたときはどうしたんだっけ!? ちょっと、困るわー!!
   ……と放置してたんですが、お正月を控えて玄関の電気が切れたままってみっともないし、第一暗くってこの日の短い季節に大変だから、買っちゃうことにしました。なんと、リーリエマートの電球売り場にLED電球が入ったのを一昨日見たのです!
   おお、輝ける文明の光よ。すんごくお高かったけど(2900円ぐらい)。
   豹太がいて、手を伸ばしてくれることを期待して、今日満を持して買いに行きました!
   なんだか重かったです。そんでもって、電球のウェストのあたりがアルミダイキャストのようになっていて、ハイテクというかメカメカしい雰囲気でした。おお、これはきっと長持ちしそうよ!
   さて、脚立をお外に持ち出して、豹太を呼んで、登って貰いましたが……豹太まだ身長165ぐらいでさ、……………届きませんでした。
   だから最近のメーターモジュールかしらないけど規格外の大きさの家っていやなのよ! 日本人の体格が良くなったっていってもいいとこ平均は170内外なんだからさ! どうしてくれるのよ!
   旦那様を呼びました。いてくれてよかっただーりん。彼も公称168センチですが、うんと手を伸ばして、指先だけでなんとか電球を回して、外すことができました……?

   やばい。

   今外した長持ち電球と、買い求めてきたLED電球、露骨に形が違うわ。

   天井にはめ込み型の電灯で、天井に切ってある円柱型のくぼみに直接電球を差し込むのですが、口金の大きさは同じようだけれど、電球のウェストというか腰から下の形が違います。元あった方は一応電球の形を模してすうっとええと、反比例のカーヴを描いておるのですが、LED電球の方は、ダイキャスト部分は最もふくれた部分から口金まで直線なんですよね。

   旦那様は構わず押し当てて回し始めましたけれど。

   ごーりごーり。

   なんかこう、つっかえて空回りしてる音なんですよ。

   ごーりごーり。

   入ってかないみたいですね。
   「旦那様、それ、穴に電球が沿ってないです。無理」
   「そんな筈は」
   「返品してきましょうか?」
   「中の電灯で試せばいいんです」

   この前付け替えたばっかりのたたきの電球と替えました。
   「スイッチ・オン!」

   ピカーッ!

   ほんとに明るかったです。昔の蛍光灯みたいに青白さが勝っていて、これぞ文明の光(違います)。

   「あとはこちらを表に入れれば」
   「入りますかね?」
   「……入りませんでした」
   「どうしましょう?」
   「どうして現物を持っていかなかったの!?」
   脇で見守っていた豹太が怒る怒る。だって手が届かなかったんだってば。
   「うちじゅうの電灯で試せばいいんです」と、旦那様少しも騒がず廊下の電灯で試したところ、なんとかなってホッ。

   廊下にはがらくたが溢れていて、脚立が置けなかったといって
   「お掃除をしなさい」 とガンガン叱られてしまいましたけどね。ま、これからエンジンを掛けていきますから(本当か?)。

   それにしても、従来の電球と切り替えてくださいというならまったく同じ形にしてくれないと困るじゃないの! ほんと、LED電球のいじわる。  

|

« 本日の暴論 : 手塚のアラバスターはどうよ? | トップページ | ハンガータオル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/50346715

この記事へのトラックバック一覧です: LED電球のいじわる:

« 本日の暴論 : 手塚のアラバスターはどうよ? | トップページ | ハンガータオル »