« なやましのマリ様 | トップページ | やぎのおしごと ― 西武鉄道篇 ― »

2010年10月 5日 (火)

歌人慌てる

     心得て 夏の名残は気に留めず
        この季が華の金木犀咲く          舞音

   再掲。2007年のこの季節の記事に出したんですが。
   先週のニュースのネタで、ヒガンバナが、あんまり今年は夏が暑かったのでお彼岸に間に合わず、やっと咲きそろいました、なんてのをやってたと思って。裏のおうちのシロバナヒガンバナはお彼岸の頃に咲いてましたけどね。さすが、と思ってたのに。あそこはうちの裏で、午前中しか日が当たらないからそんなに暑くなかったのかしら。

   そういえば、ネリネって花が出てますよね。ダイヤモンドリリーとも言うんだったかな、やっぱりヒガンバナ系の、茎がしゅっとしていて葉っぱがなくて先にキラキラの百合形の花が集まって付くやつ。わりに新しい種類で、昭和の花屋にはなかったと思いますが。色はブルーとか紫とかで、あんまりヒガンバナを感じさせない……でも形は絶対ヒガンバナの近縁種ってモロバレだよなーって見てました。ま、あの色でなければ純粋に花の形はきれいと見ることができるかもと。語感もかわいらしいし、ひらがなにしても、ねりねって、曲線のかたちがきれい、今風の女の子の名前にいいかも、と無責任に考えてました。ヘンに派手な漢字を当てさえしなければいけるんじゃないかな。

   お彼岸の辺りから一気に秋に突入して、毎度竜田姫様は挙措の派手なお方よと思ってましたが、ちゃんと締め切りは守ったなーと思わせておいて、花が間に合わないとはやはり今年は異常? そういえば、9月最終週は町内一斉清掃の日と決まってるんですが、毎年金木犀の匂いで一杯で、優雅な気持ちで草むしりができたと思ったのに、今年は金木犀間に合わなかったわねそういえば、と、ヒガンバナ遅刻のニュースを聞いて思いました。

   じゃあ、夏がどんなに暑くっても、金木犀は期限を守ってその頃咲きますよーってこの歌嘘になるじゃん、と、先週から気になっていて。
   さすがにこの週末にはあの香りが漂いだしたのでホッとして出しました。

   今年が 異常 なのよ。

|

« なやましのマリ様 | トップページ | やぎのおしごと ― 西武鉄道篇 ― »

コメント

 あー。今検索してみたら、アダルトゲームのヒロインの名前として既に使われているそうです……ネリネちゃん。やられた。

投稿: まいね | 2010年10月 5日 (火) 02時00分

 見たらネット上のネリネってピンク系が多かったです。おっかしいなータキイ種苗のカタログで見たあのネリネは薄い青だったと思ったんだけど。何かと見間違えたのかしら。

投稿: まいね | 2010年10月 5日 (火) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/49652710

この記事へのトラックバック一覧です: 歌人慌てる:

« なやましのマリ様 | トップページ | やぎのおしごと ― 西武鉄道篇 ― »