« やぎのおしごと ― 西武鉄道篇 ― | トップページ | ちょっとしたいたずら »

2010年10月 6日 (水)

マルガリータ → ハンガリー 

   ただいまお洗濯もののドライ待ち
   部屋干しコースというのがあって、全自動の、普通の上から洗濯物を入れる攪拌型の洗濯機なんですが、終わったあと、洗濯槽に空気をとりこんで空回しすることによって脱水済みの洗濯物をほぐして風に当て、多少なりとも乾きやすくしてくれるという気の利いたコースなんです。……2時間余計にかかりますけどね。雨の日や、夕方泥まみれになってきた高校球児の練習着を洗って朝までにまた乾かすのには使えます。

   

高校球児を支えるのは大変というお話。

   球児といえば頭は丸刈り。豹太は丸刈りには抵抗はないですが、球児というのは毎日夜遅くまで練習をしておるので散髪にいくヒマがないのです。中学の頃はそれでも甘かったので、
   「おう、早乙女伸びてきたなー」
   「来週行きます」で済んでたんですが、流石高校は生徒指導が厳しいところなので、ちょっとでも伸びてくると、
   「早乙女! 明日にでも行ってこい!」とうるさいとか。部のお母さん達にお尋ねすると、
   「バリカン買って自分で刈るようにした方が安上がりよ」って。まあ、いとけない頃を思い出しますわ。
   「えーっ、ついでにひげ剃りとかもして貰えちゃうから、1000円カットでいいじゃん」ってその時は言ってたんですけどね。まさか行くヒマもないとは。

   先週末、あろう事か屏風が浦まで遠征したのにキャッチャーマスクを忘れて、それがないと危険だから試合ができなくて、対戦相手のをお借りしてなんとか試合ができたという 不祥事 が起きてしまって、
   「すっげー説教された」と、お昼の試合の筈が夜9時まで帰ってこなかったのはそういう理由。
   「連帯責任で、一年全員頭丸めろってことになったんだけど、床屋しまってて」
   屏風が浦遠かったですね。
   しかも、月曜って一般的な理髪店は休みで。
   「火曜の朝早めに行って、バリカン持ってる先輩のでやるってことになったから早く起こして」
   といって、出かけたのは今朝のこと。

   「……バリカン買って」と豹太やや疲れて帰ってきました。
   「先に友達の分刈って、最後におれになったとき、途中で電池が切れて
   「えーッ!? それは、半刈りー?」
   「タオル巻いて教室に行ったら、教室ではニット帽とかタオルとか頭に載せてちゃダメって規則で、『丸刈りが恥ずかしいなら野球部やめちまえ』って先生に言われてババーってタオル取られて、先生がそれ見て、『……済まなかった』って」
   「その半刈りーはタテに半分なの、横に半分なの!?」
   「……地球儀?」
   おかあさん、笑うのはやめようよ。

   旦那様は昨日、
   「みんなして丸刈りになるみたいよ」と言っていた時点で、
   「おれに学校に怒鳴り込めと? いいよ? コワイ父兄になっちゃうよ?」って言ってくれてたんですが、とりあえず、「バリカン買ってください」とメイルしときました。

   ホント、球児の家族は大変。

   「おおきく振りかぶって」の西浦高校は頭髪は結構自由っぽいですけどね。キャプテン花井と巣山君はマルガリータだし、栄口も阿部も短髪っぽいですが。まあ、漫画だしなあ。

   あ、それで、お洗濯も大変なんです。
   球児は着るものも多いです。公式戦だと、帽子はいいにしても(でも砂まみれになったときなど洗って頂戴と泣きつかれる)、アンダーシャツ、上に着る半袖の試合着(これに背番号が縫いつけてある)、下はお尻や膝が強化してある膝までのズボン、靴下、それを留めるストッキングというもの(どちらかというと膝下タイプのガーター様の物)。真剣にやるところだとパンツもスライディング・パンツというキッチリしたやつを穿く筈ですが。
   練習のときは、暑い間はアンダーシャツの上に練習用半袖……これもゴツイから盛夏は半袖のウエアを重ね着してた模様。熱中症の警報も出てるときになぜ重ね着する? 西浦高校のみんなはアンダーシャツだけだったと思うけどなあ。なんかレイヤーにするのがおしゃれというムーヴメントでもあるのでしょうか。
   とにかく、ズボンとシャツと靴下というシンプルな組み合わせで洗濯に出ていたことが一度もナイ!
   白い化繊のTシャツは前のチームでは本番用アンダーだったはずなのに、今は普段使いにしているみたいなのはリサイクルとして正しい判断なのか、とにかく毎日半袖シャツを3枚くらい、厚手のズボンに靴下の一群を洗い倒していたような。
   今年の夏は暑かったですから、乾かないことはなかったですけどね。おかげで、エアコン付けっぱなしで寝られて、湿気も適度にあったから冷房病ということもなく。

   最近困ってます。
   もう冷房付けてねるほどじゃないし。
   でも乾かないし。
   ついでだから虎ちゃんの汚れ物も一緒に洗っちゃって翌朝ラクしようとか思ってて、大量になっちゃって、風当たりのいいとこに優先的に干した豹太の野球セットは乾いても、普通の洗濯物はまだ生乾きで。虎ちゃんのキャミソールとか。
   洗濯機を回してる最中に帰ってきた旦那様の脱いだものは洗ってないし。
   結局寝不足で朝また洗濯機を回して二度寝して、寝過ごしてお昼過ぎに干したりして。生乾きちゃんたちにはそのとき物干しで風を当てて乾かすと。
   なんか今年の夏は洗剤の減りが速かったわあ。
   とりあえず、洗濯物が乾きにくくなってきたら、夜洗いは最低限にしたほうがいいかしら。ご近所にも迷惑だし(なにせ洗い上がるのが2時とか3時! それまで起きて待ってるお母さんの苦労を汲んで!(泣))。西浦高校のママ達はなんで生きてるの!? 2~3セット持ってるの?(それだ!)
   今日せっかく蒸し暑かったのに、うっかりお外に出すのを忘れて生乾きちゃんばっかりになって干すところがなくなっているリヴィングよりお届けしました。
   明日の天気予報チェックしないと!

   それにしても、ママさん達が大車輪の西浦高校はともかく、長屋ぐらしでお風呂も週一だった山田太郎くんや里中(長屋じゃないけど確か母子家庭)の練習着は誰が洗っていたんだろう……。

   高校球児を支えるのは大変。

|

« やぎのおしごと ― 西武鉄道篇 ― | トップページ | ちょっとしたいたずら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/49661609

この記事へのトラックバック一覧です: マルガリータ → ハンガリー :

« やぎのおしごと ― 西武鉄道篇 ― | トップページ | ちょっとしたいたずら »