« 本日の一発ネタ カタカナの罠 | トップページ | 本日の一発ネタ 1人暮らしの炊飯器 »

2010年8月17日 (火)

のだめ以前の話

   雨乞いという意味はないんですが。

   虎美がおばあちゃんに宿題の数学を見てもらっている間(実母ではついつい手が出て足が出て暴言が出るため)、おかあさんは暇をもてあましてピアノの蓋を開けました。大丈夫、母屋の勉強部屋から離れた場所だから……たぶん。

   その昔、千趣会が出していた、ちょっとピアノで弾けるといいじゃないというショパンやらサティやらのピアノ小品の楽譜に練習用に右手と左手を別撮りしたCDをつけたセットを引っ張り出して。ええ、トルコ行進曲とか、すぐ挫折したからきれいなもんです。「雨だれのエチュード」があったから開いて見ましたよ。
   フラット4つもついてました。ワァオ! ま、小学生の昔とは違って、今はCDとかで聞き倒して大体のメロディは覚えてますから、フラットついててもなんとか初見で右手だけで弾けま……せんでしたけど(あの装飾音がつらい)。まあ、感じだけはつかめたかな。
   大雨ざあざあになるBメロは、逆にシャープ4つでした。ショパンのバカヤロー!(とポーランドに向かって叫ぶ)シャープとフラットはつく順番が真逆なので、今まで黒鍵つかってなかったファやソ、ドとレが黒鍵になりますです。と、ここでしばらく脳みそ混乱。
   でもこっちは、右手は八分音符で和音を押さえるばっかだから、もしかしたらできるかも、とよくよく検分すると、シの1オクターブに中にミとソ#押さえてました。あ、もう限界! わたし手が小さいんです! さらに、シ2つは刻むけど、ミとソ#は2分音符で伸ばしてるんです。これ右手だけで。無理! 手が攣る!!
   メロディはこの部分左手で、2音の和音をずっしり押さえながらゆっくりヘ音譜表の下のほう(数えるのが大変!)移動してるから、脳みそぐるぐるします。無理! とりあえず右手は中の和音なしのオクターブ、左手は一本指でがんばってみましたが、限界いっぱいに指を伸ばしながらリズム刻むほうが大変で、3回ほど流して弾いてギブアップしました。手がしびれて……。なまってるのもあるでしょうがね。

   たしかにわたしはバイエルの次の教材、ツェルニーの100番練習曲を半分で挫折した人間ですが、テクニックって言うより物理的に弾けないよー!

   のだめ以前の話でした。ピアニストって偉いなあ。 

|

« 本日の一発ネタ カタカナの罠 | トップページ | 本日の一発ネタ 1人暮らしの炊飯器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/49171132

この記事へのトラックバック一覧です: のだめ以前の話:

« 本日の一発ネタ カタカナの罠 | トップページ | 本日の一発ネタ 1人暮らしの炊飯器 »