« Bon Tanz in Lilienberg | トップページ | 歌のTPO »

2010年8月 3日 (火)

ワーゲンの色は何色?

   じゃー今日はヒマネタで。

   昭和の昔から、どんなに車にうとい女のコでも一目で車種の判る車、それは、フォルクスワーゲンの1型、いわゆるビートルでしたよね?
   各国で、見たマンマ「カブトムシ」的ニックネームで呼ばれていたオムライス型のような曲線の可愛いスタイルは、小学生の女子からツウのオジ様にまで愛されて、なんと世界で一番売れた車種なんだそうです。わたしも一度は乗ってみたかったなあ。
   戦前に設計されていたスタイルはさすがに昭和年間には本国で製造中止になりました。だってあれさーたしかエンジン後ろにあるんだよ。そのせいでトランク小さいんだよね。排ガス基準がどうとか言われ始めた時期だったのに、コンパクトすぎてそういう対策メカが載せられなかったらしいし。それでも好事家に大切にされて細々と生き残って、平成の仙台市住宅地の丘陵地帯でも目にすることがありました。

   今は赤帽なんですって?

   小学生のやる遊び、街で特定の車種の車を見る度数え上げていって、幾つかに到達するといいことがあるって。
   わたしのころは、ジープ3台、ワーゲン7台でした。このジープも、本家のアレじゃなくて、なんとなく軍用っぽいお屋根の付いてない4WD車ならスズキだろうがOKでした。小学生には違いが分からなかったの! 通学の途中も目を光らせて、
   「やった! ジープ2だーい! 今日はあと少しでいいことありそう!」なんてやってました。ま、だいたい達成できないで日が暮れるんですけどね。似てる形なら国産でもいい「ジープ」より、曲がりなりにも外車のワーゲン(ゴルフはダメでビートルだけ)が7台じゃないと条件クリアできないなんて、いったい誰が言い出した遊びなんでしょう?

   今の子はしないのねと思ってたら、小学生の頃の娘が、お出かけの時にいきなり、
   「赤帽!」とか 叫びだして、やっぱりこういうのは時代を超えるのねーとしみじみしました。おかげで、ダイエーの搬入口、ここは必ず1,2台は停まってるからと遠回りしてそこを必ず通るようになっちゃったり。母は大変。

   自分は中学に上がるころには、他の小学校出身のコとそういう遊びも情報交換して、
   「今は年間通じて100台だといいらしい」とヴァージョンアップしましたよ。
   「但し、赤いワーゲンはゼロ・クリア。また1から始めないといけない」
   誰が言いだしたんだホントに。

   かくて、色に注意しつつ、登下校のバスの中、ワーゲンに目を凝らす日々がまた始まりました。

   公式には何色あったんでしょうか?

   一番良く見たと印象に残ってるのはマットなオレンジです。仙台で平成年間にワーゲンを所持しておられてご近所の有名人だった馬場さん(仮名。そう、あのピンクハウスの馬場さん。やっぱ感性が違うのね)のも、オレンジでした。
   抹茶色も結構見ました。ドイツで抹茶色って言うのかしら? ええと、彩度を抑えた渋い黄緑。
   緑と言えば、逆にメタリックなビリジアンも。これは金沢の街の緑濃い中心部あたりに似合ってたかなあ。
   白はあんまりなかったですね。メタリックの黒はあったかも。ブルーはあんまり見ません。赤は……それなりにいました。ピカピカ光るメタリックも、つや消しの赤も見たような……。
   コバルトブルーはどうだったかな、スバル360と見違えたんでしょうか。あった気がするけどなあ。
   黄色は、
   黄色は、21世紀になってからのニュービートルの方が有名ですよね?
   「痛車」(あいたたたぁ、と呟きたくなる恥ずかしいオタク趣味の絵が描いてある車)の走り、ピカチュウのペイントとお耳尻尾の付いたピカチュウビートルがありますから。
   あれはアメリカのニンテンドーの会社で持ってる宣伝用車で、非売品だったと思いますけど……あれはあれで可愛いからおかあさんも乗ってみたかったかも。

   あなたの心に残るワーゲンビートルの色は、何色ですか?

   ちなみに別の車種で言うと、80年代トヨタのMR2とセクシースプリンターの赤はよかったなあ。MR2は、弟の車の雑誌を参考に自分で絵を描いて、当時流行ってたアニメのヒロインのSDキャラを横に立たせてみたぐらいフォルムが気に入ってました。免許取ったら乗りたかったのに……ああ、いつの間にこうなったんだろう。
   カウンタック他ランボルギーニ車は黄色。最近はブルーもいいかと思い始めたけど。
   軽自動車を中心に、ママさんが乗る車は最近いろんな色が出ていていいですよね。

|

« Bon Tanz in Lilienberg | トップページ | 歌のTPO »

コメント

父がVW ビートルに長年乗ってました.色は薄茶色だったかな.
エンジンが後,トランクが前.悪路に強かったです.私にはペダルが扱いにくかったけれど.

投稿: 三ねんせい | 2010年8月 4日 (水) 00時50分

 うわ、ほんとにオーナーの方に当たるし。さすが世界中で最も売れた車。そしてオーナーじゃないと言えないネタありがとうございました。ああいう体格の大きなひとを想定した車ってやっぱり……? 思いっきり踏み込まないと繋がらないとか? ハンドルとかもドイツ人の腕力を基準に設計されてて、ハンパな腕力では取り回しができなかったらイヤだなあ……。

投稿: まいね | 2010年8月 4日 (水) 13時53分

ハンドルが重いとか,そう言うことはなくて,女性でも [差別表現] 運転できます.しかし,クラッチの感触が国産車のようなふにゃふにゃじゃなくて,なんかカチッとつながる感じ.不安になるのだけれど,案外エンストしない.
ペダルが押し下げるんじゃなくて前へ押し込む感じなのが,慣れないとやりにくいです.

投稿: 三ねんせい | 2010年8月 5日 (木) 01時06分

 なるほど。詳細情報ありがとうございました。そういう実地の感触のようなものは、ペーパーだとさすが思いもよりませんわ。

投稿: まいね | 2010年8月 6日 (金) 00時56分

連れ合いが初めて私の実家を訪れたとき,「荷物はトランクへ」と言われてエンジン室をあけてしまった.トランクが前にあるって,VWを初めて見る人には想像つきにくいんでしょうね.

投稿: 三ねんせい | 2010年8月 6日 (金) 10時39分

 キターッ! これはワーゲンらしいエピソード! 
 あ、でも、知ってるひとは知ってます。かえって、開けてもらって見たことあるひとは少ないかも。奥様いい経験だったんじゃないんでしょうか。絶対自慢するけどなあ、わたしなら。
 わたしは、逆に通りすがりに、停まっていたビートルの後ろの方が開けてあって、機械が詰まっているのが見えてびっくりして二度見した経験があります。

投稿: まいね | 2010年8月 6日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/49045421

この記事へのトラックバック一覧です: ワーゲンの色は何色?:

« Bon Tanz in Lilienberg | トップページ | 歌のTPO »