« 「日本人の知らない日本語」 原作を破壊? | トップページ | 猫屋敷2010 »

2010年8月 6日 (金)

雉も鳴かずば(真夏の夜の恐怖篇)

   「ッ!」
   何気なくお勝手口を見やると、そこには女性の永遠の敵、茶色いつやつやした害虫が! しかしおかあさん少しも慌てず、その辺に転がっていた(片付けましょう)空きペットボトルを掴むと、
   「ハッ! ハッ!!」と裂帛の気合いでもってぶったたきます。

   それは「蒼天航路」の初期エピソード、若き曹操が宮城のナントカ門の門番に就職したころ、誰であろうと法を犯すものは赦さないとばかりに厳しく門限破りを取り締まっておったところが、腐った大貴族のナントカがいい気分で堂々と門限破りを試み、「この紋所が目に入らぬか」とばかりに押し通ろうとしたのを、もはや閉門の時刻、何人たりと法を犯すことは認められません、とぶっとい警棒でおさだめの通り500回だっけ、思いっきりぶったたかせるんですよ。爽快。
   結局惰弱なその大貴族、刑の執行に耐えきれず死んじゃうんですけど。その報告を受けて、
   「ならばよし!」って、さわやかーに見得を切って言い捨てて、嗚呼。
   ええ、この頃から「蒼天航路」は楽しく読んでましたけどね。

   おかあさんは咎人(人ちゃう、虫!)を殺すあたわず取り逃してしまったんですが、ま、しょうがない。
   同じさわやかーな気持ちで、
   (ならばよしッ)と向き直ったところへ、旦那様が、
   「ゴキも出たのかッ!? お掃除しなさいッ」

   嗚呼、おかあさん、黙って見逃しておれば旦那様にはばれなかったのにッ!!

   実は温かくなってきた頃から気配がしていて、コンバットその他を配置して防衛していたんですッ。

   旦那様ごめんなさいッ!!

|

« 「日本人の知らない日本語」 原作を破壊? | トップページ | 猫屋敷2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/49077798

この記事へのトラックバック一覧です: 雉も鳴かずば(真夏の夜の恐怖篇):

« 「日本人の知らない日本語」 原作を破壊? | トップページ | 猫屋敷2010 »