« 回帰熱 | トップページ | もう1週間経っちゃった! »

2010年7月 1日 (木)

修学旅行のシーズン

   草枕たびのゆくへはひたすらに
     土産の味で選ぶ我が子よ           舞音

   いやになっちゃう!

   昨日、出がけにせっぱ詰まった声で豹太が呼びますからなにかと思って行ってみると、
   「これ! サインして! 今日までなの!」
   見ると修学旅行の行き先アンケート。アンケートっていうか、もう既にどちらを選択するかの申告票。それが、何泊何日なのか、主な目的地はどこなのか、費用はいかほどなのか、どちらが安いのかなどの資料は一切なしで! これが最後の調査で変更不可だって!

   「以下の二つよりお選び下さい。
   沖縄     台湾」

   「そんなの急に決められるかッ! なぜもっとはやく出さぬか」

   「だって、洗濯物を干すときにくると思っておれの机の上においといたのに!」
   「ここ数日は天気が怪しくて部屋干しだったから居間に干したのだ!」
   リヴィングにはエアコンがあって、ランドリーコースで強力除湿乾燥できますから。

   「この際台湾行っとけ台湾なら土下座させられることも虐殺記念館見せられることもない。海外旅行できるぞ」この先うちから海外旅行に行くことはなさそうだし、と決めつけますと、
   「だって怖いじゃない。パスポートも取らなきゃだし」って、嗚呼。
   「1回取っておけばいいではないか」
   「沖縄がいいの!」

   押し切られて沖縄にマルをして、署名捺印して持たせましたが。

   帰宅した豹太、潮垂れて申すには、
   「ごめん、台湾の方が安かったみたい。一万円だけ」
   うん、そんなこともあろうと思ってた。
   「まあ、気にするな」
   「でも、さーたーあんだーぎー食べたかったから、沖縄って見たらそれしか考えられなくて」
   「好きだったな、そういえば」
   思いっきり脱力しましたね。平和の勉強をしたいとか琉球の文化に興味がとかそういうんじゃないのか!?
   「でしょ? ちんすこう? ナニソレ、紅芋? それっておいしい? だよおれ」
   そんなことで決めたのか。
   「でも持って帰ってこられるかな? 大丈夫だよね?」
   「今は沖縄からの食べ物の持ち込みには検疫はなかったと思うが」
   「って、1年も前から考えててバカだよねーおれ」
   ええほんとうに。

   その昔、バブルの前に父が社員旅行で行ったときには、
   「台湾は昔金沢の人間が統治に行っていたから金沢弁が通じる」なんていっていて、大きなホラを吹いたものだと思ってたのですが、意外や、「おじいちゃんは話せますよ」とおっしゃる留学生の話も(ネットの)そこら中で見かけます。
   ホントに、銅像が建った金沢出身の偉人がいたそうで。
   八田技師。ダムを造る人だったそうで、おかげで水利が整備されて現地のひとにとても感謝されたとか。ショウカイセキが来てからは、日本を恋しがっちゃいかんと日本にまつわるものはみんな破棄させられたそうですが、この方の銅像だけはみんなして隠して守り通し、今、比較的日本を好きな気持ちを出して良くなったためにまた出してきておまつりしておるとか。
   ホント、ありがとうございます。

   こういう話をきくと、台湾にそこはかとない好意を感じます。いやもっと感じろ。
   だから、豹太にも是非台湾に行ってみて欲しかったんだけどなあ。
   まあ、平和の碑とやらを見てきてください。

   そして、夕方、パン屋さんに行って、
   「どーよ、どっちにした? それとも、詳しいパンフレットってもらってた?」と聞いたら、   
   「え? うちの息子はなんも言ってないっス」って。
   「あらーでも今日までって言ってたよ」
   「女房に聞いときます。でもパスポートとるのめんどいっスよね」
   「最悪一緒に沖縄行こうよ、あはは」って帰ってきたけど。
   ケンちゃん(パン屋さんちのご長男、同じ流石高一年)、ちゃんとプリントは出そうね。

   そして、中学の方のパトロール当番に行ってみれば、
   「来年の修学旅行(虎美の学年)行き先決まったって言うてたわ」
   「京都奈良。もういいって」と仰るおかあさまたちはなんとなしに上方の訛り。
   「案外子供は行ったことないかもよ」と、慌ててフォローしました。
   おかあさんがそちらのご出身でも、お子さんもバリバリにそっちで育ったとは限らない。うちだって、わたしはなまってますが虎美は自分を仙台の子だと思ってるようだし。兼六園にはさすがに行ったことあっても、尾山神社や卯辰山(地元民が遠足に行く観光地)は行ったことないぞ、たぶん。
   「学校の友達と行くのがいいんだってば」
   「そうやねーわたしもどこを回ったかなんて覚えとらんわー」
   と、今年の3年生はもう帰ってきていて、この前部活に行くと、一人1,2枚八つ橋をもらったそうです。21世紀になっても京土産は八つ橋か。偉大だなあ。

|

« 回帰熱 | トップページ | もう1週間経っちゃった! »

コメント

台湾の「開口球(開口笑)」はサーターアンダーギーと同じらしいっすよ。
そうそう、小籠包もあるよ〜。

投稿: 姫 | 2010年7月 2日 (金) 01時20分

 ねえ、この際だから台湾いけばいいのに。まあ、1年後の話ですから。

投稿: まいね | 2010年7月 3日 (土) 00時21分

 野球部のママさん達にうかがったら、みんな沖縄だそうで。
「やっぱああいうところは食べ物合わないと大変そうだし。男の子はとくにそういうの繊細なのよね」って。ナルホドなあ。

投稿: まいね | 2010年7月 4日 (日) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/48766065

この記事へのトラックバック一覧です: 修学旅行のシーズン:

« 回帰熱 | トップページ | もう1週間経っちゃった! »