« 漫画の中の良き父、良き母 | トップページ | 骨折っていろいろ得たよ »

2010年6月21日 (月)

球児の母

   それで昨日流石高校に行って来たのは、豹太の部活の保護者会。もう夏の全国高校野球大会の地区予選の日程が発表になっているのでした。先日、神奈川県版にトーナメント表が載っていたとかで、旦那様が地味に、
   「3つ勝つと横浜球場だな」と呟いておられました。
   うわー! 本物の高校球児だ! 骨折れちゃったけど。
   Y校と当たったり、東海大相模とか桐光学園とかとも当たるかも知れないんだ!(いやそういうとこはシードだから)
   ホントに「おおきく振りかぶって」(マネジャの仕事とか球児のママの負担とかをややリアルに描き込んである)の世界です。
   「まさか対戦相手の試合のヴィデオ撮りとか行くの?」
   「いや、うちはそこまで本気じゃない」
   でも、ふつうに2つ、3つは勝つところらしいです。そりゃー、練習試合が近隣校と語らってダブルヘッダーだったりするから。あれ? そういえば「おお振り」の西浦高校も、直接描写はなくても練習試合はダブルヘッダーって言ってましたかね。ううむ、そこそこ熱心な所じゃああれは普通に行われてることだったのね。
   そういえば、休みの日に珍しく早く帰ってきたと思ったら、
   「うちの3年生に今年結構打つひとがいて、今日も練習でホームラン打ったら普通のひとの家に入ってガラスが割れて怒られて、今日試合中止になった」
   「それはドラえもんのカミナリさん?」
   「そんなカンジ」
   それは頼もしい。で、しばらくは流石高校を会場にする練習試合ができずにしばらくゼーキントやらシーレックス球場やらに遠征していたわけですね。

   ところが、事実は「おお振り」よりも酷なり
   「大会中の選手の移動ですが、応援してくれるブラスバンドには楽器もありますから、やはりバスをチャーターしたいんです」って、1回7万円を頭割りすると3千円~3500円だそうで。厳しい。西浦高校は10人だから志賀先生が調達したマイクロバスでいけたけど、流石は(ベンチ入り登録可能人数にはちょっと足りないみたいだけど)3学年フルにいるのでさすがにちゃんとしたバスを借りないとダメみたいです。事故とかのことを考えると、やっぱりプロに運転して貰いたいしね。ああ、西浦高校は開会式は確か自転車で行ってたのに!(開会式は用具要らないしね!) やっぱり事故の危険を考えるとあれは非常識っていうかのどかだったのかなあ。「音楽のまち川崎」ですから、流石高校はブラバンもそれなりに人数いますし(西浦高校はこの前負けた試合で有志がトランペットと太鼓をやってくれていた程度)。
   うう、この物いりな時期に……でも球児の母はがんばっちゃう!

   なんと、「全国高校野球大会神奈川大会参加高校メンバー」とかで、各高校の野球部の名簿が新聞に載ってたんです! たぶん県の東の端から順にということで、川崎北(?)とか例の市立マンデリンとか、イクターア、オスティクターア、リリエンベルク、ハマーに甘木と、受験で多少検討した辺りのまだ知ってる名前(仮名)の学校がずらりと並んでいまして、その中に「流石高校 監督 佐藤潮(仮名)」以下、ポジション順にフルネームが上がってます。学年が黒数字は主将です。3年が7人、2年が3人、1年が7人! ああ、その中に「補:早乙女豹太 1」って! その他、中学時代のお友達も数人。

   ああ、生きててよかった!

   高校にはいって部活、どうしよう!? 硬球は怖いから別のスポーツにしたいとか言ってたとき、あんまり親身に相談に乗ってやらなかったんですけど。
   そういえば、「カイのやろー高校じゃあチャラくテニスするからって、裏切った!」って 4月に言ってた同じ野球部から行ったカイくん、ちゃっかり野球部に入り直したそうで、すぐ下に名前載ってました。同じ野球部脱落組でも「翼は帰宅部生活満喫してる」そうですが。
   硬球は硬球用のグローヴじゃなくちゃ痛いって言われて、なんでこの入学でお金がかかったときにまた一式買い換えるのってぶちぶち言ったんだけど、ちょうどおじいちゃんが入学祝いを下さって。豹太喜んで買いに行ってましたっけ。
   やっぱりゴールデン・ウィークには身体をこわして、全然部活できてないじゃんとか言ってたけど、それなりに補欠としては数のうちに数えて貰ってたんですね! まあ、17人じゃあ声だし要員も必要でしょうし。女子マネは別に計3名いるそうです。生意気!
   ……はて、豹太のポジションってキャッチャーだったっけ? たしかにゲームのおかげで配球の指示は絶妙とかいっぺん聞いたことがあったような……まあ、足は遅いしなぁ。

   よそのチームもじっくり見て、豹太を相手にいろいろ聞いてみました。
   「あ、ここ、この前練習試合して、豹太がまだおれの方がまともっていってたところ? 10人しかいないよ。廃部寸前!? これ、この10人も1年生の半分くらいはよその部から借りてきてたりして。『アイシールド21』みたいに!」と本人に確認しますと、
   「そんなカンジだったかも」と、なんだかうらやましそう。いやいや、きみも2年生3人じゃあ、来年何かの間違いで試合に出して貰えるかも知れないよ。
   「へえ、10人目はキャッチャーなんだな」
   おかあさんこの時点でなにも考えていません。
   「ハマーはさすが、文武両道の名門校、2,3年だけで枠を使い切っておる。きっとカズヤくんはスタンドから応援組だな」
   同じ野球部からハマーに行った子もいますが、残念、メンバーには入ってませんでした。
   「甘木もぎりぎりだな。ここは2年生も多いが……キャッチャーばっかりだな。ふつうピッチャーとか外野を予備に入れるものだろう……? あれ?」

   おかあさん、老眼始まってますね? それは補欠の「補」! 捕手は手偏です!

   キャッチャーを5人もベンチに入れるチームありませんって!

   ああ、恥ずかしい。
   こんなおかあさんも球児の母になれるでしょうか?

   とりあえず、骨折してる豹太は開会式(横浜球場!)の行進には参加できませんが、応援には行ってきます。第1回戦は相模原球場……かな?(相模大野駅からバスだそうです)流石高校にはほどほどに勝ってもらいましょう。甲子園に行くほどがんばっても、豹太の足の回復は間に合わないみたいだし(せこい)。

|

« 漫画の中の良き父、良き母 | トップページ | 骨折っていろいろ得たよ »

コメント

こんにちは。我が家は上のが吹奏楽部だったので、毎年応援にかり出されてました。3回戦まで行けば御の字の弱小公立でしたけど。
私自身は女子校出なので、母校の応援というのをしたことがなかったのですが、楽しそうだった。一度くらい、行ってみたかったが、平日に秦野あたりの球場で試合している段階で負けてました。残念。
高校球児、がんばって下さいまし。

投稿: 波多利郎 | 2010年6月23日 (水) 09時30分

ホームラン事件,たいへんでしたね.私の高校は近所に民家がなく,村中から見える丘のてっぺんにありました.というわけでホームラン打つとどうなるか説明不要ですね(笑)

投稿: 三ねんせい | 2010年6月23日 (水) 11時58分

 波多利郎さんいらっしゃい。わたしの母校は出ると負け校だったので、応援は行ったことなかったです。もしかしたら、わたしも今年応援デビュー? ああ、汗をかいても風が吹いても見苦しくならない髪型工夫しないと! 今大変なことになってるから!(問題はそこかい!?)
 どうして学校ってお山の上にあるんでしょうね……三ねんせいさんのところは球拾いが大変?
 そういえば、子供の英語の教科書にこんな球拾いネタが:大リーグの某球団のホーム・スタジアムは海の際に建っていて、場外ホームランは皆海に落ちてしまうところを、捨て犬を訓練してボールを回収するようにして、球団はボール代を節約、動物保護団体は彼らに職を与えて生きていけるようにした……。わんちゃんがくわえて回収したボールは再利用可能だったんでしょうかねえ? やっぱり試合用には無理? 記念品として使用?

投稿: まいね | 2010年6月24日 (木) 01時33分

 ブログをご覧になったんだかどうなんだか。去年PTAでご一緒したママさんからお電話。
「お元気~? どうしてるの?」
「もう今年はなんにも引き受けなくって楽よ~」
「あら、わたしはくじ引きでバザー委員になっちゃったわ」などと近況報告の後、高校に行った上の子の近況にもなって、新聞の選手紹介に名前が載ったという話をしたら、彼女も球児の母だったので「うちは日経だから載ってないのよ!」って。私立ティーフェ学園、町田の方ってことは来週かしら(今は横浜辺り)、今度見たら切り抜いておかなくっちゃ。でも、ホントに町田所在だったら東京大会よね……。
 球児の母は大変という話をしたら、ティーフェはもっとすごくて、必勝千羽鶴を飾るから、なんにちはおかあさんが折った鶴を糸に通す日なので学校に来てくださいって言われたって! 上には上がある! そういえば、「おお振り」でも負けたチームの千羽鶴を勝ったチームが引き継いで甲子園に持っていくってエピソードがありました。遠征も、泊まりがけで山梨まで行ったとか。その度会費を振り込まさせられてって。今度ある夏大会への壮行会は験を担いでカツ丼だとか……やっぱり球児の母は大変!

投稿: まいね | 2010年6月24日 (木) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/48684451

この記事へのトラックバック一覧です: 球児の母:

« 漫画の中の良き父、良き母 | トップページ | 骨折っていろいろ得たよ »