« マダーム ホラフスカヤ | トップページ | 夏はトメイトウ »

2010年6月16日 (水)

豹もチャリから落ちる

   昨夜は奇跡的に4時台に寝て、でも、身体の不調はいかんともしがたく、7時ギリギリまでうだうだとやっていて、それでもなんとかおベントを3人分拵えて、晴れて二度寝のおかあさんでしたが。
   うにゃーん、洗濯機が呼んでるでももう少し、なんてやってる間に10時のニュース終わっちゃったよ、やばい、でも今日天気悪いんだったら室内干しかな、いや、ゴミの日だからまずゴミ出さないと……とさらにうだうだしていると、枕元で携帯が鳴るじゃないですか。
   半年に一度鳴るかならないかの普通の通話としての着信音が(寂しい)。

   「サーリプッタさんですか?」
   「……いいえ違います」
   中年男性は暫し固まっていたようですが、失礼しましたといって切りました。
   知らない番号だったし。
   おかあさんはまた3度寝に入ろうとしましたが、……なんかやな予感。
   もう一度鳴りました。
   「早乙女です(仮名)」
   「早乙女さんですねッ!? 流石高校1年甲組の担任の星野です」と、さっきと同じ男性の声が。あちゃー。さっきは寝ぼけてたんですねおかあさん。
   はて、豹太は8時5分ぐらいに出たはずだけど、と身を起こすと、
   「実は今朝登校途中に早乙女君が自転車で転びまして

   

なんだってー!?

   飛び起きて聞くと、学校の指定医に今養護の先生と行っているそうで、おかあさんも保険証を持って来てくださいとのことでした。
   まだ朝ご飯も食べてなかったのに。
   すぐさまゴミを出して、ジャイアンツランド駅に直行しましたよ。
   結構元気な顔してましたが。
   学校からの付き添いの先生(丁度空きコマだったようだ)の仰るには、
   「レントゲンが壊れていて見られないので、とりあえずテーピングとアイシングで。ねんざの基本のRICEのプリントを渡したところです」って、「おおきく振りかぶって」でも出ていた、怪我したひとは安静にして患部を冷やして固めて上の方にするってやつですね。ホントの用語だったんだ(当然です)。
   「学校の前の曲がり角で、いつもは大回りのところ前に車がいたからインから鋭角に曲がってみたら曲がりきれずに転んだ」そうで。自業自得か。
   「頭は打ってないんだろうな!? 手は!?」と問いただしますと、
   「だいじょうぶ、受け身取ったから!」って偉そうに! 
   柔道の授業って意味あったんですね!
   でも、レントゲンが壊れてるってなによ? じゃあどうしたらいいの? 患者様に対して適切な処置ができないんだったら受け入れないで同業に回したらどうなの?
   混乱するまま待ってますと、処置室に呼ばれて、とりあえずアイシングしている氷の袋を外して患部を見ましたら、腫れていると。いろいろ問診したり、触診したりで、
   「多分折れてるかも。でなければ靱帯に損傷が。とりあえず、午後もう一度来てください」って、こんな2駅も離れたところにまたですか!?
   「レントゲン撮れないってなんなんですか?」
   「撮れることは撮れるんだけど見られないのね」
   ははあ、こりゃパソコンだな? 先生のテーブルの上には大きな液晶ディスプレイが鎮座してます。今時はなに科のお医者さんもコレだ。
   ちゃんとフィルムに焼いて見ろ、ごるぁ!
   おかあさん必死に堪えました。
   「来るとき電話かけてみてください、もしかして直ってなかったら無駄足だから」と聞き捨てならないお言葉。
   「明日では?」
   「明日はうち、休みなんですよ」
   こらー! 緊急性のある症状だったらどうしてくれるのよ!?
   とりあえず会計して出ました。心配だったお金も、レントゲン撮らないから安くて、5000円のレンタル松葉杖の保証金の方が高かったです。
   どうしよう? せっかく、いつも来ないようなところに来たからなにか食べて帰る? まて、でも豹太お弁当持って出たはずだしって、豹太、カバンは?
   「あー学校。ダイスケが持って帰ってくれることになってる」って、じゃあ食べて帰ってもいいのかな? でも、これからお金かかるんだし我慢しようよ。

    ということで、じゃ、タクシー拾って帰るかといったら、
   「贅沢しなくていい!」と豹太。
   「だって、生まれて初めての松葉杖で亀より遅いのに。遠慮するな」
   「いいの!」
   しょうがないのでとりえあず改札に行って駅員さんに聞いてみたら、
   「大丈夫、スロープありますから」
   「ノイエ・リリエンベルク方面ですけどホームこっちでいいんですか?」
   「大丈夫、入ったそこです」って、小田急電鉄バリアフリー!

   はしっこのやや広い改札を開けてもらってゆっくり通って、そのスロープを上がって余裕でホームにたどり着きました。
   ノイエ・リリエンベルク駅はエレヴェーターがあり、らくらく。ただ、お外は今改装中で、外通路から直結のおしゃれピルまで行って、そこのエレヴェーターを使って1階バスターミナルに到達したようです。おかあさんは使わなかったお金を三菱東京UFJに返しにいってました(出がけに慌てていっぱいカードローンまで使っておろしたの)。景気づけにミスタードーナツも買って(丁度100円フェアやってました)。
   なんとかうちに帰り着くとギラギラだったので、もうけが人がいるからということでエアコンを入れました。

   おベントの残りで二人してお昼を適当に食べて、3時にアラームをセットしてお昼寝。3時にのそのそ起き出して電話を掛けると、
   「もう大丈夫です、どうぞお越しください」って。着いてからも、
   「何度もお運びいただいてすいません」ってみんな言ってくれて気分が良かったです(よっぽどおかあさん不機嫌そうだったんでしょうか)。

   入学説明会の時、遅刻しそうなのにせっかく呼んだタクシーが違うひとを拾って去ってしまったといういわくつきのTタクシー、もう絶対使ってやるかと思ったのですが、そこしか知らないので、悔しいけど電話を掛けて呼んだら、
   「今、八王子なんで15分かかります」って。
   「待ってますから来てください」
   嗚呼、首都圏に於いてはタクシーってここまでへりくだらないと使えないものだったんですね! やっぱり車買おうかしら(ムチャ!)
   来たタクシー、運転手さんが
   「この辺初めてなんですけど、どっちから行ったらいいですかね?」って、カーナヴィも付いてない!
   しょうがないから、この前歩いて学校まで行ったときの記憶をたどりながらおかあさん道案内しちゃいました。
   「……大丈夫?」
   豹太がおびえることといったら。
   なんとか小田急線の線路にぶつかる辺りまで出て、コレに沿っていけば大丈夫と思ってたら、首都圏は入っていけない道ってのがあるんでした。
   「ああーここ、一方通行でした。さっきの道を行かなくっちゃいけなかったみたいです」
   「ああ、いいから、任せるから」
   「Uターンしますけどいいですか?」
   「任せます」
   「ああ、向こう側の看板見えました? ホッホラント医院(仮名)、ありましたね。じゃ、この踏切渡っちゃいます」って、ちょうど閉まったまたその踏切が長~い!
   やっぱり消耗しました。
   レシート見たらご指名料300円も取られてました。住宅地でもタクシーが普通に流してる金沢や仙台が懐かしい!

   レントゲン撮ったら、ポッキリ折れてました。液晶画面に、折れてる脚と、健康な脚とをいろんな方向から撮った写真が映し出されていて、細かく説明して貰えました。
   ……しかし、豹太よ、物心ついた頃からずっと生協の高い牛乳を毎日飲んで育ってきたのに、チャリで転んだくらいで2本も脚の骨を折るなんて……情けない!

   全治6週間。せっかく野球部にもなじんできたのに。
   今週中は絶対安静で、月曜から学校へ行ってもいいそうですし、本人も単位が心配で絶対行くといってましたが……どうやって?

   ホントに困るわぁ。
   やっぱり車あった方が良かったかしら。

|

« マダーム ホラフスカヤ | トップページ | 夏はトメイトウ »

コメント

ううう…。大変だったのですね。
近くだったら送迎するのに…。残念。
お大事になさってください。

ギプスとかするのかな?
蒸れそうですね。豹太くんガンバーーー!

投稿: 姫 | 2010年6月16日 (水) 23時04分

たいへんでしたね,お見舞い申し上げます.柔道の受け身も役立たなかったのかな.しかし,受け身は身に付けておいた方がいいでしょう.
義父が老いてからよく転ぶようになりました,しかも肥り過ぎ.ところが,いくら転んでも怪我をしない.義母の話では,若いときに柔道をやってたから反射的に受け身ができるんだろうとのこと.

話変わって,レントゲンもデジタルが普及してきてますね.私のかかりつけのところもデジタルです.

投稿: 三ねんせい | 2010年6月17日 (木) 02時14分

 お見舞いありがとうございます。
 受け身は役に立つみたいです。話半分ですが、外国に旅行したひとの笑い話:あるひとが強盗に出くわしたところ、同行者が「こっちには日本人がいるぞ!」と叫び返したって。「日本人はみんなカラテが使える」という思いこみから、周囲のひとも強盗も「きっと何かする」と期待して静かになっちゃって、大変。しかたなくイヤー! ともうやけで大きな声を出して前回り受け身を取ったら、びっくりして強盗の方が逃げていったというのをネットで見たことあります。クマを相手にも役立つようだし。なんでも真面目にやっとくに越したことないんですね。
 医療のディジタル化、帰宅して父に愚痴りましたところ、レントゲンはフィルムを持ち歩く必要がなくなってクリック一発でどこへでも送ることができるので歓迎だそうです。なるほどねえ。紛失や取り違えの危険もないわね。たまっても場所取らないしね。

投稿: まいね | 2010年6月17日 (木) 04時47分

大変でしたね~。
豹太君どうぞお大事に。
通学時の怪我だと、学校保健で半分ぐらいお金が返ってくるはずよ。多分保健の先生か担任の先生から、申請用紙がわたされるでしょう。

自転車通学だったら、もしかして、入学時に自転車の保険かなにかに入っているかも?他、学資保険とか、特約付けてたりしなかった?請求すればそっちからもでるかもよ?

痛みにはかえられないけれど、せめていただける物はいただいて……

投稿: とむ影 | 2010年6月17日 (木) 16時42分

自転車通学の任意保険に入るのを忘れていたことが判明して昨夜旦那様にみっちり叱られました……。

投稿: まいね | 2010年6月17日 (木) 19時00分

 おまけに生協の共済も支払いが滞って解約……。

投稿: まいね | 2010年6月17日 (木) 19時01分

学校安全会の保険がないですか?とむ影さんのおっしゃるのがそれだと思うのですけれど.
安全会は長野県で始まったあと,1960年頃には全国組織になったはずです.

投稿: 三ねんせい | 2010年6月18日 (金) 14時45分

 入学時の資料をひっくり返しましたところ、1年分前払い(例の合格者番号を間違えて書いちゃったあの振込み!)の内訳にそのようなものがあったような。先生に確認しておきます。

投稿: まいね | 2010年6月18日 (金) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/48647946

この記事へのトラックバック一覧です: 豹もチャリから落ちる:

« マダーム ホラフスカヤ | トップページ | 夏はトメイトウ »