« 虎もあるけば | トップページ | 恥を知れ! ―ベッドのしたの書庫― »

2010年5月 4日 (火)

あした(横)浜辺(り)をさまよえば

   晴れて高校球児になりました豹太、毎週荷物持ちとして春の練習試合シーズンに駆り出されております。
   「明日は4時起き。オリザシュトルンデ集合」例によって仮名で。
   「はい4時ね~」
   おかあさんなんも考えてません。
   「その時間に電車は動いてないだろう!」と旦那様があとで突っ込みますが、本人もう寝ちゃってます。
   「駅まで歩くってことじゃないですか?」と、言われるまま乗り換え案内サイトで5時38分新宿行に乗って溝の口で乗り換えて~と乗り換えを指示してやったおかあさん。
   「……オリザシュトルンデって、なんか聞き覚えあるんですよね」
   でも、にゃんぶ線ってうちはあんまり使わない路線だから気のせいよねと思っていて。
   4時おきで支度して5時にうちを出るんだと知って呆れながらまあ見送って。帰宅した豹太にそれでなに高校と対戦したのと尋ねると、
   「ゼーキント」
   ……それはもっと、名前からして海の方の地名じゃないかな?
   「オリザシュトルンデからにゃんぶ線に乗って川崎から横浜の方に出て……」
   高校になると遠征範囲も県下全域になりますか、そうですか。流石は県立にしてはそこそこ強いらしいし。大変。
   「あのさ、だからそれはその学校の最寄り駅集合じゃなくて、流石高校からの交通の便を考えて、流石高校の最寄り駅でJRの方を指定されたんだよね?」
   「……そう?」
   小田急沿線に住んでおる早乙女家にとっては流石高校の最寄り駅は小田急ジャイアンツランド駅ですけど。駅から人気のない遊歩道を20分も歩くから。一般的なのは商店街を経由する京王オリザシュトルンデ駅です。そこからちょっと行ったところに、そういえばJRにゃんぶ線オリザシュトルンデ駅というのもあったのでした。
   「集合時間は何時?」
   「オリザシュトルンデ6時」
   嗚呼、やっぱり。
   「そのスタート地点にわざわざ路線の乗換駅まで出て戻って1時間もかけて行ったのか!? オバカ!」
   乗り換え案内では1時間はかかってなかったですけど。余裕持って5時前には出てたし。
   「学校まではチャリもしくは徒歩で行けばよかっただろう! たとえ別方向だからって、学校の最寄り駅も知らないでどうする!?

   たとえて言うなら、東大本郷キャンパスには千代田線を使えば1本なのでずっと根津駅から通っていて、それきり登校ルートを知らなくて、本郷三丁目待ち合わせと言われて国会議事堂でおたおた丸ノ内線に乗り換えしたような! でも、地下鉄は乗り換えが簡単だからこれたとえになってないかも! ……根津から本郷経由して本三駅までは結構あるよね。

   しかし、まだ通い始めて1ヶ月の仔猫ちゃんは、うちと学校を最短距離で往復するので精一杯だったのでした。……中学の頃も、あまりにも寄り道をしないからしばらくは学校近くのコンヴィニさえ知らなかったよこの子は! 進歩がない!

   「今日はシーレックス球場」
   今回は途中まで小田急線なのでなんとか自分で調べて行けたみたいです。神奈川県の交通案内地図買ってやった方がいいかしら? 
   虎美はほとんど通わなかったとはいえ2年間神奈川県民として社会科をやっていて、当地の地理にも一応は通じてますが、豹太は宮城県民としての初等教育しか受けてないですからねえ。町田に行く途中で渡ってる川も江戸川だと思ってるかも知れないし(何川? え? 鶴見川? 知らないそんなの)。いや、それでも一応中学3年間部活でいろんなところ回ってるし、まだうちに引きこもってるおかあさんより川崎市内には詳しいかもよ?

   とにかく、高校生になった豹太には大きく羽ばたいて貰いたいものです。

   

|

« 虎もあるけば | トップページ | 恥を知れ! ―ベッドのしたの書庫― »

コメント

 う~ん、しかし、一度も行ったことのない道を人通りのない朝一人で歩くことを考えたら、坐っていれば連れてってくれる電車のルートを繋いでたどり着こうとする方が賢いのかなあ? 時間とお金は使ったけど。
 若者=お金がなくて体力と時間はあると思ってたおかあさんが昭和世代なのかしら。
 いやでも、自分の学校の周囲ぐらいは探検しようよ、若いんだから。

投稿: まいね | 2010年5月 4日 (火) 20時04分

 明日もゼーキント7時集合。またしても過保護なわたくしは乗り換え案内サイトで調べてプリントアウトまでしてやって。ところが、10時ごろに「ヴァンドシルムに変更、調べて」って豹太からメイルが。同じうちの中でメイルを使うな!
「ググれカス!」と打って返したら、
「もう寝るの! お願い!」って。京急ヴァンドシルムはJRゼーキントの最寄り駅でした。
「ってことは対戦校はゼーキント・テクニクムでしょうか? 先生も近場の甘木とかリリエンベルクと組めばいいのに」と旦那様にこぼしますと、
「レヴェルの同じようなところをあたるとそうなるのかも知れない。
 ゼーキントはほんとに海の側だよ」って。
「しかし、工業高校か……喧嘩でもしに行くのか」と旦那様は危険な呟き。
「TVドラマじゃあるまいし、今どきは工業高校もレヴェルが高いと仰ったの旦那様じゃないですか!」
 ゼーキント・テクニクムの球児の皆さんがどんなだったかは明日豹太が帰ってきてから聞いてみます。

投稿: まいね | 2010年5月15日 (土) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/48265229

この記事へのトラックバック一覧です: あした(横)浜辺(り)をさまよえば:

« 虎もあるけば | トップページ | 恥を知れ! ―ベッドのしたの書庫― »