« 終わりよければ | トップページ | 「保健室の死神」オカルト復活の流れ »

2010年4月14日 (水)

「八日の蝉」やっぱりきつかった

   もともと母性的じゃないんで。
   不倫相手の子を中絶したところが手術が失敗して子供を産めない身体になったとか聞くと、そりゃーつかんなあとは思うけど。
   同じころ、その不倫相手は妻に娘を産ませていたと。
   あー。
   あるある!
   源氏物語本編ではどうか知りませんが、「あさきゆめみし」では、六条御息所の逆上をそういう切り口の描きかたしてましたね。いや、時間軸的にちゃんとその頃葵の上は妊娠中だったけど。
   「妻とはもう他人とかいっといてちゃんと子供作ってるんじゃん!」
   これはきついな。

   それで、妻の産んだ彼の娘を誘拐して育てるってのが、よくわからない。恨んで虐待のためとか、その妻を地獄に落とすためってならまだ解るような気もするが。
   そんなに子供を抱きたかったのか。
   彼に未練があったのか。
   よくわかんないですね。
   というわけで、ヒロインに全然感情移入できなさそうだったので、見る気がなかったNHKドラマ「八日目の蝉」なんですが。
   今日はNHKニュースウオッチ9? 見た後付けっぱなしで突入しちゃって。

   見てしまいました。

   なんか先週も、「行くとこないんなら来る?」とかいって誘われてたなーって、流れが解ってるくらいにはながら視聴してたみたい。

   彼女が誘われたのは、行き場のない身の上の女性達の互助組織である、ややウサンクサイ団体の施設だったのでした。
   キリスト教系らしくってさ、「エステルさん」とか、洗礼名みたいなので呼び合ってて、皆さんお仕着せの一昔前の長いドレスに白いエプロン、ドアノブカヴァーみたいな丸いヘッドドレス姿で、ああ、アメリカの懐古主義の集団とかでありそうな、なんだっけ、アーミッシュ? そんなイメージで作ってましたね。新選組で言うなら土方の役回りの指導者の女性がこわくってさ、この施設には男の子でも男を入れてはいけない、「男は女性を虐げる悪魔です」とか低い声で言っちゃって、気持ち悪かったですね。あんたさぞや男性で苦労なさって、と。

   その「土方さん」は育児ノイローゼで我が子を殺してしまったひとだと噂を教えられるヒロイン。教えてくれたくみさんは、離婚で息子を取られたひと。いろいろ皆さん事情がおありのようで、その女性なりの、街では生きていけない事情がもう辛くって見ていられない(といいながらしっかりさいごまでながら視聴してた)。可愛い盛りの息子をもぎ取られた女性には、可愛い我が子を殺してしまい、心を凍らせてしまった「土方さん」が理解できない、「血の繋がった親子の情を否定するなんて信じられない」と言ってしまって、血の繋がらない子を育てているヒロインを知らずに傷つける。

   女性の立場はいろいろで、それゆえ傷つけ合ってしまうんですね。

   17才で、恋人との子を身ごもってしまって、産ませてくれと飛び込んできた少女を受け入れたことで施設は崩壊するようです。
    「どうして産みたいんですか」と、尋問する「土方さん」に、
    「自分の子です、可愛いじゃないですか!」と、若さで無邪気に言ってしまう少女。
    「産んでもいないのに可愛いなんて!」
    「絶対産んだら可愛いに決まってます!」
    「どうして解るの!」と、激高する「土方さん」。
    ああ、相手の事情が解ってたら言わなかったかもなのに。彼女の出産の後、産声を聞いていろいろ思いがこみ上げ、一人で悶え泣きする「土方さん」が痛々しかったです。
    いや、血が繋がってようが、尊ぶべき血筋だろうが、目の前で夜泣きする子を可愛いと思えたらその人はもう袈裟着ちゃっていいと思うな。
    わたしはプライドで耐えました。
    これで失敗しようもんなら、絶対、「ほら、勉強しかしてこなかったから」って言われると思って。

    復讐じゃなくて、これだけ苦労して育てた子を可愛いと思って真実愛せるヒロインが、……やっぱ解かんねえや。
    赤ん坊の頃から施設で育って、母子は別々で寝るものと言い聞かせられてるのに夜、母を捜して添い寝をねだる娘は違和感ありましたけどねえ。一緒に寝るものという意識を持たずに育った子供でも、とくに怖い夢を見たとか、自然現象が怖い条件だったとかなしで、「おかあさんといっしょにねたい」って思うもんですかね? それが母子の絆? 解んない!
    施設で作ったものを行商に出るヒロインに一緒にお外にいきたいとだだを捏ねるシーンとか、可愛いとか不憫とか思わせる所でしょうけど、「ワッガママだなこいつ」とかしか思わなくて。いよいよ脱出しようというときにも、まろんちゃんと遊びたいとかダダを捏ねておって。おまえ、事態を察するということができんのか! ついこの前はお外に出たいといっておいて! と、小さい子に対する目が冷たい冷たい。子役はうまかったんだけど。いや、非常用縄ばしごで脱出するシーン、時間がないのに、怖くて手が離せないというスリリングなシーンでしたが、そこは、母子の絆をそんなに出したいなら、ヒロインが手を広げたらためらわず飛び降りるんじゃないの? 必死にヒロイン達を脱出させようとするくみさんがやさしくて機転が利くってのはよく解ったけど。……って突っ込んでばっかり。
    くみさんが別れた息子に会いに行ったら、もう後妻さんが「おかあさん」になっていて、それをあとからあげつらうシーンも痛かった。
    「母親ヅラして、子供の好きな食べ物も知らない、あの子はチョココルネが好きなんだ! お腹を痛めたわたしがよく知ってる!」 って。
    2歳児の味覚でしょ? 変わるって。おばあちゃんちに引き取られたみたいだし。それからなさぬ仲の子を可愛がってくれた後妻さんの苦労を評価しないなんてひどい。と、もう、突っ込む突っ込む突っ込む突っ込む!

    かように、女性の心の規範は立場によっていろいろで同じ女性だからいつも誰にでも味方できるかというとかえってそうではなくて……あれだ、女の敵は女(哀しいねそれも)。

    こういう地頭レヴェルに無敵パワーを発揮する子供に対応したという経験を以て、
    「子育てをすると自分も成長する」とか、
    「子育てをしたことのないひとにはわからない」とかいうものいいがあるのでしょうが。
    気持ちは分からなくもないけどそういう言い方はやっぱりいろいろこのご時世乱暴だと思うし。世の中ままならぬものは他にもいろいろありますから。
    ああ、もう、ほんとに。
    ヨーロータケシとかが解った顔で言うんだ、今時はボタン1つでなんでも思いのままになりすぎてるから、人間は余計なことで悩むんだとか。
    別にそんなに思うままに生きてきた訳じゃないもん! なんでこんなところでしっぺ返しを喰らうの?
    布おむつにしてもまったくおむつは外れないし、全然立って歩かないし、言葉は遅いし。お嬢様であったらしいママ友とは教育に掛けるお金と意気込みが思いっきりダンチで格差社会というものをあの年で肌で知ったし。
    13にもなってままならぬ娘に翻弄されてもおるし。望んで子供を育てたいというひとには「はあ、まあ、ご立派な」と思ってしまう今日この頃のおかあさんでした。

    それとも、あのヒロインは不倫までは思うがままの人生を歩んできたというのかしら。こんなにスペシャルでエクストラオーディナリーなわたしだから、愛するひとに妻子があったとて愛を勝ち得たわたしに、子供をもてない未来があってはならないと思い詰めての犯行だったわけ?
    違うと思うなあ。
    まったく解らん。
    やばい、次も見てしまうかも。

    

|

« 終わりよければ | トップページ | 「保健室の死神」オカルト復活の流れ »

コメント

「八日目の蝉」は原作読みましたが、今イチだった記憶が…。なんだかんだ言って誘拐を美化していたのはどうかと。
あ、ちなみに、「行くとこないんなら来る?」は、別ドラマみたいです。似たような母性神話ばかりやっとるな>NHK。
今期はでも、大河もゲゲゲもおもしろいからいいか。

投稿: 波多利郎 | 2010年4月14日 (水) 09時14分

 おや、こんにちは波多利郎さん。
 なるほど、誘拐したヒロインのほうが美化する/される展開であると。
 ……なんか次が楽しみになってしまってるような。
 夜中にトチ狂って書いたので、さぞや「女性として余りにも冷たい見方ではないか」とかコメントが付いてるかもとあとで反省してたのでちょっとほっとしました(意外にチキン)。いやほんと、「納得できん」とただ1行書くだけのつもりだったのに深く自分の心にまでダイヴしてしまったことよ。これは原作の持つ問題意識のせいなのでしょうか。としたらそれは一定線上において立派なのかも?  
>あ、ちなみに、「行くとこないんなら来る?」は、別ドラマみたいです。似たような母性神話ばかりやっとるな>NHK。

 これは失礼。なんのドラマを見ておるかもいい加減な視聴だったのか(自分の態度を深く反省)。道理で、いろんなところで見た(!)これまでのあらすじとずれてると思った。

 そして、今晩も日テレでなんかよく解らない衝動で小さい子をさらう女性の話をやるみたい。流行りなんですかね?

投稿: まいね | 2010年4月14日 (水) 11時09分

結局、はまったっていうことですよね(^^;)。
似たようなものばっかかな?一応ドラマはチェックしてるんだけど、そんな印象はないのだが。
母子ものは、案外はずれないな、と思いながら見ていました。
>誘拐を美化していたのはどうかと
それはそうだけど、フィクションだし。
壇れいおかあさんがんばれと声援を送っていたワタクシでした。

投稿: アマサイ@科学の星 | 2010年4月14日 (水) 17時49分

  おお、アマサイちゃんが釣れた!
  最近どうですか?  
  もうドラマはTVと向かい合って見る気力をなくしておって、ながら視聴なので、台詞の方に興味がいきますねえ。ヒロインの名前も顔も一致しない……(それはどうよ?)。「土方さん」は「ホンジュイン」高畑さんだったようで。納得。
  朝ドラも一応流しぎきしてますが、今時あのヒロインのパパは痛いのう、でも、今後ああいう雷親父をやれる役者さんもいなくなるのかとしみじみしてます。それでやってるのは誰なのよ?

投稿: まいね | 2010年4月15日 (木) 03時11分

あれ、やっぱり別ドラマでなかったかも。すんません、こちらこそええかげんなこと言ってます。ひらにー。

投稿: 波多利郎 | 2010年4月17日 (土) 22時25分

 ははは、まあお気になさらず。コメント付けていただけただけで御の字ですわ。

投稿: まいね | 2010年4月18日 (日) 03時27分

暗いんですよね、この作者さん。いろんなエッセーもうまいけどなんか、暗い。毎日新聞日曜日に連載してて先週かな、完結しましたが、それも非配偶者間での人工授精、妊娠、その後の子どもたちのおはなし。わたしには暗いとしか表現できない・・考えさせるけど、どんな誕生の仕方であれ、自分の人生、とはわかるけれど、でも、暗い。

投稿: kushi | 2010年4月26日 (月) 15時55分

 くしちゃん情報どうも。やっぱ暗いのか。今週も見てしまいました。とうとうとっつかまって引き裂かれました。「おかあさーん」と泣く子を見て刑事さん(子供の誘拐ということもあり女性がいた)はなんと思ったのであろう。いやーんわたし悪者やんと情けない思いになったであろうか。そのあとなんとも思わず事件のことは忘れたんだろうか。重いなあ。
 小説家修業をしておって思ったのは、今現在小説ばっかり載った雑誌を毎月楽しみに買う人がいるのだろうかということ。自分も買ってみて、読んでみて、全部を読むのが苦痛だったので。ええいやだこんな主人公ついていけないとか、暗くって読むのが嫌だとか。時代小説は結構好きだったかな。
 じゃあ小説家はなにに作品を発表しておるのかと思ったら、こういう新聞小説なんですね。なるほど。

投稿: まいね | 2010年4月28日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/48081685

この記事へのトラックバック一覧です: 「八日の蝉」やっぱりきつかった:

« 終わりよければ | トップページ | 「保健室の死神」オカルト復活の流れ »