« 不順ですねえ | トップページ | 本日の1発ネタ 次の渡し »

2010年4月22日 (木)

華道に精進?

   虎ちゃんは昨日久し振りにお花のお稽古に行ってきました。
   「おかあさんに元気になってもらおうと思って、3本も薔薇を買ったんだから!」と、紫がかった深いピンクの大ぶりな薔薇3本に木イチゴを持って帰ってきて。
   「木イチゴは曲げるのに力が要るのよ~って先生が仰って、がんばって30分もかけて曲げたんだから!」と、くるんと半円形に曲がって、6時方面から反時計回りに9時半ぐらいまでの大きなカーヴを描いて縦長の花器に収まってました。そして、空いた7,8時あたりに短めに切った薔薇をこしょこしょと活けたデザインでした。

   「……なんかカッコイイ。おまえ本当に才能あるのかも」
   「でしょ~? これは曲線に直線を配した構成の課題で。
   あたしはお花を選んでる時点からイメージしてて、ふだんはお教室に入ってから15分で仕上げるの! みんなに凄いって言われてる」
   いやそれは多分に社交辞令がだね。最年少で気を遣ってもらってるし。こんなことブログに書くのも自慢ぽくて恥ずかしいんだけど。
   「先生も、要らない枝をばっさばっさ切る人の方が上達するのよって言ってくれてるし」

   嗚呼。おかあさんクラブ活動で初歩だけやりましたけど、そこんとこで挫折したから。要らない枝って、見極めできないんです。どれもアリと見えて、可哀相で切れない。もさもさしちゃう。捨てられない女でおうちも散らかってます(いやそれはおいといて)。

   すぐに完成型のイメージができて、それに必要な枝とそうでない枝の切り分けが頭の中でできて、迷わず行動に移せる、おおざっぱで大胆な本人の性格がここにいいカンジで出てるんですかね?

   ピアノは練習しないし音感ないし、運動も音痴だし、小説もアイディアだけ出して悦に入ってて全然完成させたことないみたいだし、なんにも取り柄のない子だと思ってたのに!

   それでも、これを伸ばしてやろうと思っていても学校に行けない日はお稽古にも行けなくて、毎月半分ぐらいしか通えてないんですが(それなのにレッスンだけは順調に進んでいてテキスト代をどんどん取られているようだ!)。

   この前の展覧会なんか、熱出して出られない虎美の代わりに旦那様がわざわざ日本橋まで行って出された花の写真を撮ってきたぐらい気を遣ってて!
   「……ヘチマがただ配置されているものがあったのだが、あれがお花なのか?」
   「草月は前衛なんです。そうです。こないだはパプリカが刺さってました。いいんです!」
   「あんなものはうちの風呂場で垢擦りに……」
   「いいんです!」
   旦那様には刺激的な体験だったみたいです。

   それで、ご帰宅された旦那様に
   「虎美が活けたんですよ! この枝は30分もかけてがんばって曲げて!」と見て貰ったら。
   「木がかわいそう」って。
   ああ、まあ、そうだけどね。

   虎ちゃんもがんばってゴルドベルク中学の自分の卒業式に校長先生の部屋のお花を活けて終われるぐらいになって貰いたいものです。
   ……そして「部活動で全国大会出場レヴェルの成績」に匹敵するお免状を取ってくれたら受験にも多少有利なんだけどな……(捕らぬ狸の皮算用)。無理か。

|

« 不順ですねえ | トップページ | 本日の1発ネタ 次の渡し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/48155567

この記事へのトラックバック一覧です: 華道に精進?:

« 不順ですねえ | トップページ | 本日の1発ネタ 次の渡し »