« 新学期恒例のアレ | トップページ | まいぞうきん伝説リターンズ »

2010年4月 7日 (水)

入学式おつかれさまでした

   花落つること知んぬ多少ぞということで、本日は昨日からの雨も上がり、いいカンジの暖かさで入学式を迎えました神奈川県立流石高校(仮名)。
   「この機会を逃せば永遠に行くことはないだろうから」という旦那様とジャイアンツランド経由のバスに乗って行って参りました。本日はちゃんと時間の余裕も持って、9時35分受付開始の所を8時52分のバスで行ったので余裕でした、遠くジャイアンツランドの構内に咲き誇る満開の桜を望みながらのこのこと歩いて到着、9時20分に裏門から入ろうとすると、ちゃんと職員の方が立っていてお声を掛けてくださいました。
   偉そうに、旦那様にわたしが建物について説明します。
   「この辺の学校はみんな構造が難しいです。流石はえっとこれが体育館で、こっちが教室の入った建物でH型になっていて内側に中庭がございます。その奥はさらにAの字型になっていて、尖った部分がパノラマ・ヴューの談話スペースとなっていて、晴れた日は新宿副都心が望めるそうでございます、その辺が、(暫定第1志望校の)甘木高校とはちがっていて、甘木では望めるのは裏手の狛江市なんです」
   「稲城市じゃなかった?」
   「……そうだったかも知れません」すいませんその辺は十把一絡げで。
   「連結がたいそう複雑になっておりまして、渡り廊下に永遠にたどり着けなくてこの前は出られませんでした……」
   おかあさん方向音痴です。
   「なんでこの辺の学校はみんなややこしいんだ!」
   近所の小学校に選挙に行ったら体育館の入り口が判らなくて迷子になった旦那様が吐き捨てました。
   「人口が増えてどんどん建て増ししていったんだろうか?」
   「そんな、石川の安い温泉旅館のようなことはありません! とりあえず、春秋に富む若者が昼休みなど屯して友情を深めたりするような場所を設けてあるのでございます……たぶん」さあ、それはどうよ?

   5分前集合厳守の流石高校は開式10時というのに集合9時40分で、保護者席に席に座ってからヒマで、虎美の近況とか豹太のお友達の進学状況とか、「いや~んばかばか」的身振り込みで久し振りに旦那様と楽しくお話しができて嬉しかったです。豹太のお友達のお母様や、パン屋さん:葛原さん(仮名)も同じクラスで近くにいて、なんじゃこの夫婦はと思われていたかも知れません。

   式場である体育館後方に席があったので予想はしてましたが、ここも生バンド演奏で新入生入場。さすがは音楽のまち、かわさき、いいですね。曲は……パッパッパッ、パラララ♪
   「音、ヤケにへろくないですか?」
   「小さく吹いているんだろう」
   「でもこの曲はそういう曲じゃないですよ」
   「解らんよ。とりあえず下手ではない」
   「だからって、『威風堂々』をピアニシモでやっちゃあ……これじゃあ『遠慮しいしい』ですよ」
   「悪くはない」
   「嫌ですぅ~」
   あとで虎美にも確認しましたが、「のだめカンタービレ」のヨーロッパ篇で、千秋がコンテストで「ホルン小さく!」としつこくして嫌がられ、「ホルンは小さく吹くのが苦手」と注釈にあったような気がしましたから、もしかして実は超絶技巧だったのかもしれません。ソロを頑張ったホルン君には失礼しました。
   9クラスもあって、立ち枯れ住宅地の小さな学校で育ってきた豹太は「1学年300人もいるんだよ!」とびっくりしてました。新学期の始まっている虎美も、今年は転入生があったおかげで、ひとクラス増えて32人学級だと言ってました。川崎市の北西部は人口が増えてるみたいです。大きなマンションが完成しましたしね。近所もまたまだ建て売り新築が増えてますから。この辺だけはまだ景気がいいみたい。

   今年は女子生徒のスカート丈の指導を力を入れていきますから! と担任の先生のご説明もあり(小田急ジャイアンツランド駅への遊歩道に変質者が頻出するそうで。そりゃ、真に身に迫る問題だ)、お昼前に解散。また山道を歩いてジャイアンツランドまで戻って、バスでうちまで帰りました。
   ……結構歩いたので疲れてお昼寝しちゃった。明日からは虎美がお弁当始まるので早起きしなくちゃ。新学期頑張ろう! 

|

« 新学期恒例のアレ | トップページ | まいぞうきん伝説リターンズ »

コメント

傾斜地に建つ学校はややこしいです.静岡大学理学部がその例.ある建物の1階から渡り廊下を行くと隣の建物の4階で,1階に下りて渡り廊下を行くと2階だったり…方向もあっちこっちで,一度案内して貰っただけじゃおぼえられませんでした.

ホルンは技巧を誇ってppにしたのかなあ.とにかくしくじらないで吹いてくれたらうれしい.どこだったかの大学オケでBeethoven Nr.9, 3.Satz の一番の聞かせどころで失敗,聴いててがっかりしたことあります.

投稿: 三ねんせい | 2010年4月 7日 (水) 10時45分

 傾斜地に立つ建物はホント悩ましいですね。仙台のマンションは中央エントランスは2階で、1階は一段下がった所でしたが自家用車が直接入れる庭とウッドデッキと呼ばれる広めのテラスがついてました。その裏手、北側は地下駐車場に連なる暗い廊下でした。何も考えずにエントランスから入った来客が帰りにエレヴェーターで1のボタンを押すと地下駐車場に放り出され途方に暮れるという……。
 本厚木のミロードだったかな? 渡り廊下を渡って1(号館)から2(号館)へ行くと階数表示がずれていてこんがらがる(1の方の3階と2の方の4階が繋がっている?)といった商業施設もあったような。非常時の避難に影響なければいいけど。

 ベートーヴェンの第九の3楽章のホルン! 会社で同期のホルン吹き君が、そこが聞かせどころなのにみんな寝ているとぼやいてました。とりあえずわたしは第2楽章までしか集中が続きません。ごめんなさい(今は聞き慣れて、なんとかああ、アレねと思い出すことができる程度)。やっぱり頑張りどころは外さないで欲しいものですね。

投稿: まいね | 2010年4月 8日 (木) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/48018977

この記事へのトラックバック一覧です: 入学式おつかれさまでした:

« 新学期恒例のアレ | トップページ | まいぞうきん伝説リターンズ »