« 本日の1発ネタ 次の渡し | トップページ | 虎もあるけば »

2010年4月30日 (金)

なまるなまる ネギ回し篇

   本日も虎美のカットの付き添いで駅前に下りて、待ってる間、山野楽器で噂の1畳相当のグランド(電子)ピアノ(ほんとにコンパクト! でも150万!)で必死に「ネギ回し」を弾いてきました。

   解説。

   「ネギ回し」というのは、例によってボーダーレスになったネットのポップス動画で流行しておった曲です。原曲は「イエヴァン・ポルッカ」とかいって、フィンランドで1930年代に作詞されたとウィキペディアに書いてあるので結構古い曲ですね。リズミカルで、耳なじみのない北欧の歌詞がなんだかエキゾティックな魅力をもっていたのはマイヤヒ、ウマウマなどネット発の謎ヒットソングの例に漏れません。歌詞はイェヴァという娘にはおっかないママがいてデートの邪魔をする云々的歌詞だそうですが。まあ、どうでもいいか。
   90年代にカヴァーされて、広まったみたいで。ついでに、誰かが日本の関係ないアニメのヒロインがお買い物の帰りにネギを振りまわすシーンの映像と組み合わせたものだから、不思議な魅力が倍増で。たぶん繰り返しのリズミカルなメロディがネギを振りまわすタイミングにぴったりきたんだと……?
   わたしもわけがわからないなりにこの曲は去年ネット上のいろんなところで視聴しました。

   それで、らったったーらりったった~というメロディをなんとか思い出しつつ右手でメロディを探してみたら。
   黒鍵が多いと言うことは、半音進行ってことですね。不思議な感じはここが醸し出していたのでしょうか。ドッファファー、ソラ#ッファッファー♪ という感じで上昇、下降、下降、下降、Bメロは下降して上昇。隣同士の音を細かく入り組んで忙しく鳴らすので、弾いてるうちに右手が痛くなってきました。やっぱりなまっとる。いや、これはこの高性能なピアノが本物のグランドピアノのアクションを忠実に再現しておるからなのかな? 今年はお正月も帰省してなくて、全然本物のピアノに触ってないので本当に衰えておるのかも知れません。

   今年は絶対夏にいっぱい帰省してちゃんとピアノを弾くことにします。

   って、きれいに前髪を揃えてもらった虎美に得々と話したら、
   「最低! こんなところでそんな曲弾かないで。まだハルヒダンス(アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のエンディングで登場人物が歌い踊る映像で有名になった曲)の方がマシ!」って。いえ、アラフォーのレディが弾くにはどちらも痛いと思います。
   だっておかあさんふつうのクラッシックは「エリーゼのために」程度しか弾けないんだもん。トルコ行進曲はちょっと見たら手が小さくて指が届かなかったので諦めました。

|

« 本日の1発ネタ 次の渡し | トップページ | 虎もあるけば »

コメント

[ネギ回し」って知らなかったけれど,ねこふんじゃったを弾くよりはましでしょう.

投稿: 三ねんせい | 2010年4月30日 (金) 08時51分

 ……いました、猫踏んじゃった。
 あとは、聞き覚えのあるソナチネとか。ああいう所では何を弾くのがいいんでしょう? おちゃらけに走ってしまうのがわたしの悪いくせです。
 それで、やはりネットに日頃触れておられてもご年配だと(失敬)やっぱりああいう流行りにはお詳しくないのねとちょっと意外だったり。ネットの世界も広うござんす。ユーチューブとかニコニコ動画とか、それも若い人が面白がってる自作アニメのジャンルに限った流行りの話しだったのね。
 狭い自分の世界の中にいると、どれが世間の標準なのか解らなくなることもあります。子育て中だと、「ジブリの最新作映画は見に行くのが当たり前!」って感じですが、あれってアニメにとくに関心のない大人はいったい真剣に見ているモノなのかとか。同窓会の時に、独身の友人に尋ねてみたら、やっぱりとくに興味はないというお答えでした(これは多分にそういう答えを期待して聞いたのだけど)。クレヨンしんちゃんとかになるともっと限られる感じで、あれの戦国時代ものは非常によくできていたと時代物の愛好家も密かに評価してたりするらしいですが(だから実写リメイクもされた)、どうも一般的な知名度はないようで。
 たぶん、世代的に「ハリポタ? そういう年じゃないし見てない、読んでない」って人もいるんでしょうねえ。

投稿: まいね | 2010年5月 1日 (土) 03時03分

ググると「ネギ回し」はいっぱい出て来ますね.
あいにく我が家は未だにISDNでネットにつないでいてYoutubeなど無理.2~3分の動画でも途切れ途切れにぎくしゃく見える,ダウンロードにすごい時間がかかる状態です.来年ぐらいには光回線にしたいなあと思ってます.
ジブリ作品ではトトロが良かった.ナウシカは見たけれど,何か心に残るものがなかったです.

ピアノ売り場で何か弾けたらいいですよね.猫踏んじゃったさえ弾けない私は主和音をじゃーんと鳴らしてみるだけです.なぜか C dur でなく Es dur を鳴らすのが好き.

投稿: 三ねんせい | 2010年5月 1日 (土) 10時53分

 なるほど、回線がおそいとああいうモノは辛いですね。環境に感謝。
 ジブリはどうも、宮崎監督はもしかして、近代文明に対してとっても批判的なのかなあと深読みし始めるとどうも説教くさく感じすぎてしまって、最近楽しめなくなりました。わたしが過敏なんだと思いますが。「ラピュタ」あたりは冒険と文明批判がもういいカンジに融合してたと思いますが。……すいません、もう美少年美少女が出てくる話に毒されてしまったので、「ポニョ」は「気持ち悪いよね~」「全然かわいくないじゃない」と親娘してゴールデン洋画劇場枠で突っ込みながら見ました。どうぞ深読みしてよ、実はとっても深遠な世界なんだぜって態度がイヤというか。お外で言えないからネットで言っちゃう。卑怯者よね~。失礼しました。
 Es dur ってホ長調? 音色が違いますかね? わかんない……その辺の調によるカンジの違いを理解してない鈍感さが上達しなかった根源にあるのでしょうか。
 楽典とかその辺の話は恐ろしいネタがあるのでまたいずれ。

投稿: まいね | 2010年5月 2日 (日) 00時29分

あ,すみません.変ホ長調です.フラット三つ.理屈としては,平均律ではどの調性のドミソでも音色に違いはないはずなのだけれど,何となく好きな調性です.

文明批判でも,映画ではチャプリンの「モダンタイムス」とか書物では「パパラギ」とか,受け入れやすいんですけど,「ナウシカ」はなんか私の感性にはなじまないところがあるんです.

投稿: 三ねんせい | 2010年5月 2日 (日) 07時13分

 ……丁度いい穴があったので入ってました。ああ、恥ずかしい。「変」だといきなりミフラットを押さえなくてはならないので手が大変だと思います(想像しただけで手がもつれた)。手が大きい(かつ頭が柔軟だ)と人差し指で押さえるのかな?
 ナウシカは一度読んでおこうとは思うのですが、なかなかご縁がないです。アニメも半分ぐらいしかみていないなあ(当然TV)。

投稿: まいね | 2010年5月 4日 (火) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/48220168

この記事へのトラックバック一覧です: なまるなまる ネギ回し篇:

« 本日の1発ネタ 次の渡し | トップページ | 虎もあるけば »