« 楽天開幕3タテ!? | トップページ | デジタル世界は広がっておりますが »

2010年3月23日 (火)

穴があったら

  (やばい! 携帯で取った作品の写真、お名前の所は外したつもりだったんですがバッチリ! フルネーム入ってました! 削除しました。ごめんなさい!)
   学年末保護者面談にでかけてみれば時間を一時間勘違いしておって。ああ恥ずかしい。校内の掲示物隈無く見て回っておもしろかった二年生の某くんの自画像。これは有名画家の作風を真似てみる単元のようで人気なのはゴッホとピカソ、女の子はローランサン。とにかく背景をぐるぐるさせて顔に緑をぬればゴッホ、顔を鼻筋のところで二分割すればピカソ、とにかく青白く薄ぼんやり塗ればローランサンとは皆々安直。まあローランサンなら顔が大変なことになることはないし、年ごろとしては妥当な選択? 

  ひとりデュブュッフェ? とやらを選択したのがこの彼。美術はテクニックとは別建てで志とか画題への姿勢とかもみるべきなんですね。ローランサンに挑んだ男子もいました。

   ……荒木飛呂彦画伯に挑んだ青少年はおらんのかのう? 教科書に例の載っていた画家限定なんだろうなあ。浮世絵には自画像の伝統はないしなあ。

|

« 楽天開幕3タテ!? | トップページ | デジタル世界は広がっておりますが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 穴があったら:

« 楽天開幕3タテ!? | トップページ | デジタル世界は広がっておりますが »