« 脱線した話 | トップページ | 鏡を見ろ! »

2010年2月 1日 (月)

虚しく実る

   たしか「大阪豆ゴハン」で「イチジク、枇杷と猫はお金を出して買うもんじゃない、どこからか回ってくるものだ」ってのがあったような。そういえば、金沢の旦那さまのおうちでは敷地内に枇杷もイチジクも植わっていたそうで、シーズンになると旦那さまは
   「イチジク食べたい」とのたまうのでした。
   買ったものだとまだ固いそうで、完熟のをとれとれで食べるのが美味しいって、そんな贅沢な。
   わたくしもそういううちになり物のあるうちにあこがれていたので、うちで採ったカリンでカリンはちみつとか、うちになったゆずでゆず風呂とかしていただいて夢のよう~と喜んでいたりします。金沢には珍しくおみかんもあって、雪の中をお供えのお餅用にうちの仔猫ちゃんだったころの子ども達がもがせて貰ってほんと喜んでました。あとは林檎があればなあ。

   人影の絶ゆる園生にたわわなる
      果樹ありてその昔しのばる           舞音

   ご近所の、もう引っ越してあとは取り壊すばかりになっている古いおうちの敷地内に、塾がえりの中学生がウロウロしている、なんだろうとお隣のマデノコージさんが注意してみたら、
   「あそこのおうちはブドウの木を植えていたのよ! それが実を付けていて。子供達が入り込んで食べていたの!」
   今時の子供でもそんなコトするんだなあ。そういうマデノコージさんも、
   「枇杷の種をうっかり埋めたら根付いちゃって。どうしましょう、切るにも切れないし掘って持って行くにも育ちすぎて! そろそろ転勤で出なきゃならないんだけど置いていくから黙っていてね」って、あーあ。うちとその周りは借家なんです。紅天女ちゃんも薄雲太夫ちゃんももとから生えてましたが。……何代前のひとが植えたんだろう?

   子供が小さいうちは、やっちゃうんですよね。柿の種、枇杷の種、林檎や梨も、生えたらいいなあ、なったらいいなあって、ついついお庭があると埋めちゃう。うちの伯父なんて、パパイヤを植えちゃったら芽が出て、観葉植物として可愛がってるって言ってたなあ。だいたいは芽が出ないか、出てもひょろひょろしてるうちに枯れちゃうんですけど。たまに育って、大きくなる。でも、桃栗三年柿八年。大きくなる頃には、子供の方がもう大きくなって、そんなの忘れちゃってるんだなあ。

   仙台の時、親しくさせていただいてるご近所のおばあちゃま(お孫さんが虎美と同級)が、「ママ、そろそろだから明日は袋を持っていらっしゃい」って、門の脇の幹の直径3センチほどのイチジクの木に、良く見るとあらそこに、ほらそこにと実がなってるんです。それを、ひらりと門によじ登って、どんどんもいで、「どうぞお持ちなさい」って、くれちゃった。
   「どどどうやって食べるんでしょう?」いやマジわたしイチジクは食べたことなかったです。
   「仙台じゃあ砂糖で煮るのよ」って、よくよくお話を聞いて、薄くスライスしておかゆを煮る鍋でことこと砂糖でジャムみたいに煮たら旦那さまは「こんなものは生で行けるはずだ、甘すぎる」って食べてくれなくて、虎美とわたしでうまうまと食べました。美味しかったです。そのお隣のうちはもうアパートにしちゃって住んでたかたは越して出たというそうで、そちらのうちには竹とブドウ。
   「ちゃんと約束してるから大丈夫」って、それもおばあちゃまガンガン掘って、バリバリもいでくださいました。取れたてのタケノコ(でもトイレットペーパーの芯より細いサイズ)美味しかったです。

   どこもきっと、誰も住まなくなったお庭に樹勢のいい果樹だけが元気に虚しく残ってるのではないかしら。

   ちょっと寂しいかも。

|

« 脱線した話 | トップページ | 鏡を見ろ! »

コメント

果樹と言えるかどうか,山椒の木が信州の家の庭にありました.枝葉がよく繁り実もいっぱいなったのですが,手放したあと住む人もなくさびしく放置されているようです.舞音さんの歌を見て思い出しました.
いまの家の庭に山椒の小さな苗木を買ってきて植えたのだけれど,いつの間にか枯れてしまいました.

投稿: 三ねんせい | 2010年2月 1日 (月) 17時50分

 山椒は揚羽蝶が来ませんか? 金沢早乙女家では「芋虫がたかってしょうがないのよ」と網を掛けてありましたがいつも丸坊主になっていました。柑橘系も蝶々が来るのでいいですよね。いちどイチゴパックに捕獲して毎日葉っぱをやって無事羽化までこぎ着けたことがありました。
 小学校の時、庭の木を適当に選んでスケッチしてきてそれをもとに各人絵を描く課題があったのですが、わたしはうちの山椒の鉢植えをネタにして、でかでかと大きな揚羽蝶を描いて廊下に貼り出されました。……そういうふうにテーマを強引に引き寄せたり曲解して好きなように描いたときは評価高かったですね。めんどくさかったので自分の後頭部を真ん真ん中に据えた絵では視点の取り方が斬新といって市レヴェルの展覧会にまで出品されたり。テクニック自体はハッキリ言ってヘタです。あらいやだ、自慢話ばっかり、失礼。

投稿: まいね | 2010年2月 2日 (火) 00時10分

アゲハが来ますよね.でも,信州の大きな山椒の木は小鳥たちが守ってくれるのか,目立った害はありませんでした.
いまの東京の家では油断できないです.ちょっとめんどうを見ずにいると黄色と黒の大きな幼虫が葉っぱをかじってます.

投稿: 三ねんせい | 2010年2月 3日 (水) 17時00分

 なるほど、食物連鎖。
 それから、金沢早乙女家でほかに「ちょっと眼を離すと丸坊主にされてしまう」といって網を被せられていたのはまたたび。10匹以上も徘徊していればそれはもう。

投稿: まいね | 2010年2月 5日 (金) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/47448689

この記事へのトラックバック一覧です: 虚しく実る:

« 脱線した話 | トップページ | 鏡を見ろ! »