« 女子中学生漫画ファン事情 | トップページ | 滅多なことは言えない »

2010年2月22日 (月)

溺れるママはなんでも掴む

   昨日はご町内の班長さんの会議。年度末なので来年の班長さんのお名前を提出してくださいとか、来年度はご町内名簿を含むお役立ち冊子(ゴミの捨て方とか町内の居住者名入り詳しい地図とかが載ってる)を作り直しますからご近所に声がけしておいてとか連絡がありました。そして、
   「地域のケアセンターの方からお話しです」って。
   ヴォランティア募集という話かと思いきや、
   「当リンネルベルクは日本で2番目にご長寿の多い地区なんですよ」ときたもんだ。なんかそういう話をどっかで聞いたこともあった気がするけど、沖縄でもなく長野でもなくどうして?
   「首都圏にしては緑が多く空気がいいところへ地域助け合いの精神が生きていて、おまけに医療も充実しているんです」って、へえ。
   丘陵地を切り開いた新しい住宅街だから、足腰の鍛錬にはいいんだけれど、いざお年を召して一度車を手放したり、足腰が弱くなると、もう急に不便になるのが玉に瑕。
   そういうお年寄りは急に心身共に弱っていくそうです。素敵な二階建てのおうちも、お掃除どころか換気もままならなくって、ケアマネがお邪魔したら空気がよどんでたって話もあるそうな。
   「ですから、どうか地域の方が気をつけて差し上げて、お一人暮らし、ご夫婦だけといったご家庭があったらよくよく目を配って、こちらにもお気軽にご連絡下さい」って。

   

薹のたった新興住宅地も大変なんですねえ。
   隣の班の班長さんとちょっとお話ししたら、うちの隣のブロックなのに「あそこはご夫婦二人っきり、あそこはお一人、あそこはもう売って出られた、うちも主人はホームに入っておりますの」って、そりゃ静かなわけだ。まあ、うちの並びも2軒立て続けにいなくなりましたが。息子さんが戻ってこられて同居を始めたというお宅になんとか次期班長を引き受けて貰ったそうです。うちみたいに借家もあるブロックだとある程度で入れ替わるから新しい人間も入ってきていいのかも知れません。戸建て100%の住宅地って怖いんだ。ある程度なんでも混ざってるのがいいのね。

   「老人クラブでは毎日体操や囲碁の会など催しておりますからどうぞお気軽にお出かけになって、お友達を作られてくださいね」って、ケアマネの方も大変。
   「今は太極拳かな? どうぞ、楽しいですよ」って、町会長さんが捕捉して、そこでおかあさんの耳がぴくっと動いたぁ!

   

虎美も混ぜて貰えばいいじゃん

   うちで穴の開きかけた胃を抱えて転がってるお嬢さん、あんまり寝てばっかりで体力がなくなって、この前せっかくスキー遠足に行ったのに、帰ってから筋肉痛で三日三晩寝込んじゃって。カウンセラーの先生にも、学校をおやすみしてるからって遠慮しないで少しはうちの外に出してくださいとも言われてました。

   虎美は小さいころから早乙女おばあちゃんの太極拳に連れて行って貰っていて少しは心得があるんですよね。夏休みのイヴェントなんかにもちゃっかり参加してたり。おばあちゃん子だからお年を召した方としゃべるのも好きだし。学校に行かないならそういうお話し相手のヴォランティアみたいなことも少しはして社会に役立つと良いのだわ。囲碁も少しは打てるし(「ヒカルの碁」が流行ってた頃NHKの初心者向け番組を豹太と見てた。わたくしは初期で挫折)。

   「お恥ずかしい話でございますが」と町会長さんとお隣の班長さんに事情を話して、一度見学させて貰うことにして、もし良かったら春休みにでも通わせてみようかと思います。

   「町会長さんに話通しておいたから。おまえ来週木曜老人クラブで太極拳ね」と勢い込んで虎美に申しますと、
   「え? なんで? あたしは学校がイヤで行かないんじゃなくて胃が痛くて物理的に行けないんだけど!?」って、ああ、笛吹けど踊らず。おかあさんの胃まで痛くなってきたよう。

   とりあえず、今日から期末試験なので学校には行きました。モーニングコールを下さったよし子ちゃん(仮名)どうもありがとう。

|

« 女子中学生漫画ファン事情 | トップページ | 滅多なことは言えない »

コメント

 今日それでわざわざ予定を空けてご案内してくださることになったお隣の班長さんのご案内で老人クラブに行って来ましたが。
「ここはお年寄りのための施設ですから、ご利用は60才以上でないと」とけんもほろろの扱いを受けて、ついでに、「不登校なら管轄が違います、区役所でしょ」って。現場でも縦割りを言ってくるんだ。
「そういうお子さんをお持ちの親御さんのサークルがあるでしょう」って、そういうのがイヤだから言ってるんじゃないの。
 意気消沈したのが見えたのでしょう、班長さんが帰りに「うちも下の孫が高校を中退して大変で」といろいろ語ってくださって、お話し相手にならなるから、ママが沈んでちゃいけないわ云々と気を使ってもらって解散となったのでした。
 世の中そんなに単純には行かない。
 そういう虎美は、昨日の4月なみの陽気で蒸されて7度7分の熱を出して休みました。惰弱な。

投稿: まいね | 2010年2月25日 (木) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138427/47632996

この記事へのトラックバック一覧です: 溺れるママはなんでも掴む:

« 女子中学生漫画ファン事情 | トップページ | 滅多なことは言えない »